NO IMAGE

クラウド会計ソフトfreee、簿記の知識なしでも確定申告ができる!

今日で確定申告の書類作りが終わりました。フリーランスになって丸10年、2014年から会計ソフトfreeeを使い始め、確定申告が劇的に楽になりました。

クラウド会計ソフトfreeeを使い、簿記の知識なしで確定申告

freeeを使う前は、弥生会計を使っていました。弥生会計は、複式簿記の仕組みを理解しないと難しかったです。最初は本当にわからなくて、ものすごーく時間がかかっていました。そのため確定申告にかなり苦手意識ができました。

ところがfreeeは、極端なことを言えば簿記を理解しなくてもできるんです。クレジットカードや銀行口座のデータを吸い上げてくれますから、画面を見ながら勘定科目を選んで登録するだけ。しかも勘定科目もfreeeのAIが推測してくれます。

それらが終われば現金のやり取りを登録し、家事按分と減価償却をチェックすれば準備は完了。画面の指示に従って確定申告書類を作れば、それほど迷うことなく書類作成ができます。

テクノロジーが業務効率を圧倒的に短縮

freeeのようなクラウド会計ソフトを使えば、確定申告のストレスが圧倒的に少なくなります。素晴らしいサービスです。

それこそパソコンのない時代は電卓を打ちながら、すべて手作業で記載していたんでしょうね…。おそろしい。わからないところが出てきても検索という概念がないから、本を片手に進めていたのでしょう。

そのころにフリーランスにならなくてよかったです。テクノロジーのおかげで、なにをするにもいい時代になりました。

NO IMAGE
最新記事をTwitterでお知らせしています