スピードアップのため、仕事でeメールをなるべく使わないようにしたい

最近、「メールって余計な時間を取られるな」と思うようになりました。電話が時間泥棒なのは言うまでもないですが、メールもそれなりに無駄な時間が発生します。

仕事でeメールをなるべく使わないようにしたい

メールはパソコンが普及するのと同時に始まりました。メールが出てくる前に文書のやり取りで使っていたのは、ハガキや手紙です。そのためメールは、ハガキや手紙の延長線上の位置づけでした。

必然的に、「宛名」「挨拶文」「締めの言葉」「署名」を付けて送るのがマナーになりました。でもこういった慣習って、今の時代から考えるとそぐわない気がしませんか。

今はLINEやFacebookメッセンジャー、Slackなど、メッセが主流です。メッセでいちいち宛名を書きませんよね。誰に送っているのか、わかっているのですから。署名も不要です。

「させていただきました」はメールならではの日本語

普段、近い間柄のひととメッセばかりしていると、メールの慣習が非常にかったるくなります。

ぼくはメールを書く際、署名と一緒に挨拶文や締めの言葉も自動で記載するよう設定しています。そのためそれらを記載するための手間は取られないのですが、宛名や挨拶文があるとどうも文章がかたくなってしまいます。

メッセでは「〜しました」と書いているのに、メールになると「〜させていただきました」と書いていませんか。「させていただきました」って、よく考えたら普段の会話で使わない不自然な日本語ですよね。

メッセ中心のスタイルへ早めに移行していこう

回りくどい言い回しはメール全体に及びます。メールはメッセに比べ長文になりがちです。長文のメールが送られてくると、こちらもそれに合わせそれなりの長さでメールを書いてしまったり。もはやメール一本書くだけで10分とか15分とか掛かりそうです。

長い文章は誤読を招きやすいです。書いてある文章の意味がわからなければ、相手の機嫌を損ねないよう丁寧な書き方で質問をします。でもメッセであれば、「ちょっと意味がわからないです」と会話しているみたいに返事できます。

つまりメールは丁寧すぎるんです。丁寧すぎるから、時間がどんどん取られてしまう。メールが仕事の中心になるのは、あと10年くらいでしょうか。なるべく早いうちから、メール離れしていきましょう。

Scroll to top