SNS疲れを起こさずに、発信のモチベーションを保つ

自分の発信の仕方が下手とかたいした内容じゃないのはもちろんあるんですが、SNSのフォロワーさんってなかなか増えないです。

といっても、「フォロワーを増やす方法」などノウハウを漁ってもしょうがないです。それって結局、無理をすることです。無理は続かないですし、いわゆるSNS疲れになって、発信そのものが嫌になりそう。

なのでここはひとつ、「フォロワーが増えなくても発信のモチベーションを保てないか」と考えてみます。これはわりと簡単なことです。

SNS疲れを起こさずに、発信のモチベーションを保つ

そもそもフォロワーが増えるかどうかは、自分でなんともできない部分です。フォローしてくれるのは他でもない、自分以外のひとだからです。ひとの心をコントロールするのは、たいへん難しいことです。

ひとの行動にヤキモキするくらいなら、自分ができることをやりましょう。例えばTwitterであれば、「発信によってリアクションがあるかどうか」を気にするのはやめる。精神的によくないです。ファボやリツイートを目的にしなくする。

それより「自分のタイムラインの美しさ」を目指しましょう。ひとつひとつの投稿は独立していますが、タイムラインには独自のカラーが出ます。しかもこの部分は100%コントロールが可能です。

なので、「テキストの量はバランスよく発信できているか」、「写真を投稿してタイムラインを見栄え良くしているか」、「リツイートはパーソナリティに合っているか」などをチェックする。そうして自分のタイムラインを改めて眺め、「美しいタイムラインが作れているな」と満足するのです。

カタログを美しくすると、達成感が得られる

こうして文字に書くと「なんだそれ?」という感じが若干しますが…。反射的に発信するより、統一感や一貫性のあったほうが、自己肯定感はアップします。

この「タイムラインを美しくする」というのは、インスタグラムでは常識です。写真を撮るひとにとって、インスタグラムはポートフォリオの役目を果たしています。いわば、カタログそのものが自分の作品です。

写真家でなくとも、その時々の気分で写真をアップするのではなく、あとから見返したときに美しく並んでいるよう意識的に写真を並べていく。色々なテーマでバラバラにならないよう、トーンを揃えた写真を配置していく。見え方が美しくなるように、色の配置を決めていく。

もちろんそうすることでフォロワーさんが増えると思いますが、あくまでも目的はカタログの美しさです。フォロワーが増えても減っても、変わらずに達成感は得られます。

フォロワー獲得の軸から離れて、発信を楽しむ

SNSのフォロワーの多い人と、それだけ影響力を持てます。それゆえフォロワー獲得が目的になりがちですが、思うように増えないと焦燥感にも駆られるでしょう。その戦いに疲れたら、たまには自分のコントロールできる範囲で楽しんでみてはいかがでしょう。

そんなゆるい活動でも、広いネットの世界では支持してくれるひとができてきます。それを実感できたら、今度は支持してくれるひとのために発信してもいいですね。

ともかく、もはやSNSを抜きにしてネットは語れなくなっています。少しでも快適に使って余計なストレスを持たずに発信を続けていきましょう。

Scroll to top