お酒と砂糖とテレビをやめると、人生が好転する

人生はときに、何かをはじめるより何かをやめることで、大きな変化をもたらします。この5年でぼくは大きく変化しました。そのきっかけは、3つのことをやめたからです。その3つとは、お酒と砂糖とテレビです。

お酒と砂糖とテレビをやめると、人生が好転する

もともとお酒はそれほど強くないのですが、飲み会など誘われるまま参加していました。その結果、翌日の体調が優れませんでした。

そこで、きっぱりお酒と縁を切りました。飲み会はすべて断り、アルコールを一滴も飲まないように。そうしたら、自然と時間が増えました。

特に大きかったのは飲み会を断ったことですね。それまでは「誘われたから行かないと悪いな…」という消極的な理由で参加していました。そんな感じだから参加してもそれほど楽しくありません。さらに翌日は体調不調になるという悪いことだらけ。

でも断ってみると、そのことで人間関係が崩れたりはしなかったです。「このひとは飲み会に来ないひとだ」と認識され、誘われなくなるだけ。仲のいいひととの関係性はそのままで、飲み会の代わりにランチへよく一緒に行くようになりました。

結局、「飲み会を断ると人間関係に亀裂が入る」と思っていたのは、思い込みだったのです。むしろそれくらいで崩れる関係なら、それを機会に精算したほうがよいです。ともかく時間は増えるし、体調はキープできる。良いことばかりです。

砂糖をやめて、疲れにくくなった

砂糖は、ドキュメンタリー作品「あまくない砂糖の話」に衝撃を受けてやめました。

この映画では食品に入っている砂糖の多さや、人体への影響を語っています。それをみて単純に怖くなったのと、「やめたらどうなるんだろう」と興味本位で砂糖抜きの生活をしてみたのです。

効果はすぐ現れました。なにより疲れにくくなったんです。ぼくはそれほど体力のあるほうではなく、わりと疲れやすい体質でした。午前中に仕事を一生懸命すると、午後は息切れする感じ。

それが明らかに体力が持続するようになりました。撮影などで一日動き回っても、肉体的な疲労は感じますがじわじわくる嫌な疲れはなくなりました。

テレビをやめて、夜の時間が劇的に増えた

最後はテレビ。おそらくこれがいちばん効果が高かったです。単純にテレビの視聴をやめると、劇的に時間が増えます。テレビは究極の時間泥棒です。

制作会社が視聴率を狙って作るコンテンツですから、チャンネルを変えないよう様々な趣向を凝らしています。番組のほとんどは1時間単位で放映されるため、一度見始めると1時間きっちり消費されます。次の番組まで見ると2時間です。

夜のリラックスしたい時間についテレビを見始めると、2〜3時間が一瞬で過ぎ去ります。たまにならいいですが、これが毎日だとひと月で100時間を消費します。おそろしいです。

テレビをやめたその日から、「夜ってこんなに長いんだ」と実感しました。空いた時間でゆっくり読書をしてもいいし、日記を書いて自分と向き合うのもよいです。大切な時間にコンテンツを受動的に消化していてはあまりにももったいないです。

やめることにフォーカスしていく

こういった感じで、大きく「お酒・砂糖・テレビ」という3つがやめてよかったものでした。

「これでよし」と現状に満足してしまわずに、やめることにフォーカスしていきたいですね。生きているだけで余計なものがどんどん増えていきます。「始めることより、やめることのほうが大切」なのです。

Scroll to top