時間を奪う電話。掛かってこないようにするための防御策

電話が好きではありません。話していて楽しい人との電話は大好きですが、仕事に関してはメールやメッセなどの文字のやり取りで進めたい派です。

なぜかというと、電話は作業の手を止められてしまうからです。文章を集中して書いているときに電話が鳴ってしまうと、そこで集中が途切れてしまいます。再び集中力を取り戻すには、ある程度の時間が必要になります。

そういうときに掛かってくる電話はたいがい、「それってメッセで十分ですよね」という内容が多いです。

でも努力の甲斐あって、メールやメッセで十分な内容のものは電話が掛かってこなくなりました。ぼくがどういう工夫をしたか、書いてみます。

かなり効き目あり。名刺に電話番号を書かない

そもそもの話ですが、どうして電話を掛けてくるかと言えば、電話番号を知っているからですよね。そのことに気づいたので、名刺に書いてあった電話番号を取ってしまいました。

ぼくの名刺に書いてあるのは、自分の名前とメールアドレスとウェブサイトのURLだけです。

用事があればメールをしてくるでしょうし、ウェブサイトにはSNSのリンクを貼ってあります。そこからメッセでのやり取りも可能です。

どうしても電話でのコミュニケーションが必要な場合は、フェイスブックで友だちになれば音声通話やビデオ通話ができます。

この「名刺に電話番号を書かない」というのは、かなり効果がありました。なにより、電話を掛けてきてほしくないんだな、というアピールになります。ファーストコンタクトのほとんどがメールになりました。

といっても会社員の方は、勝手に名刺の内容を変えられないと思います。そういった場合の対処法を次に書きます。

最終手段は、電話に出ない

対処法と言っても単純な話です。電話にでなければいいんですよね。最初はしつこく掛かってきても、そのうち諦めてメールやメッセをしてくれるようになります。

電話をすぐ掛けてくる人というのは、「メールやメッセで文章を作るのがめんどくさい」と思っている人です。めんどくさいから電話を掛けてくるわけですが、そういう自分勝手な都合でこちらの作業の手を止められるのはしんどいです。

特に会社員の場合は、上司から頻繁に掛かってくる人もいるでしょう。ニュアンスが微妙な込み入った内容ならしょうがないですが、単なる作業的な指示で電話してくる人も多いはず。そういうものこそ、メッセにしてほしいですよね。

しつこく掛かってきても電話に出ず、メールやメッセにしてほしいとしつこくお願いすれば、良識ある上司なら変えてくれると思います。それでも電話が掛かってくるようなら、部署替えを希望すればよいとすら思ってしまいますね。

なぜなら、単なる指示でぽんぽん電話をしてくるということは、こちらの時間を尊重していないということです。そういう人と仕事をしていると時間を搾取され続けます。さっさと離れましょう。

話していておもしろい人との電話は楽しい

こういうことを繰り返していると、どんどん掛かってくる電話が少なくなってきます。といっても、ぼくはすべての電話が嫌いというわけではないんです。話していて楽しい人とは、よく長電話をしています。

仲のいい友達はもちろんとして、クライアントだったり、よく仕事を一緒にやっているデザイナーだったりもします。

長電話で何を話しているかと言えば、日常の他愛ない話です。仕事の具体的な話はほとんどないです。

つまり掛かってきて迷惑だと思うのは、「メッセで十分な仕事上の指示」なんですよね。特に電話だと、聞いている側がメモを取らなくてはなりません。メッセやメールだと記録が残りますから、そういう意味でも助かります。

どんどん廃れる「電話番号交換」という慣習

SNSが普及してから、「電話番号を交換する」という慣習はどんどんなくなってきました。おそらくぼくよりも若い世代の方々は、すでにメッセ中心で生活していると思います。

もちろんすべてメッセやメールだけで済むわけではありません。音声で話さないとこじれる話もあるでしょうし、実際に会って表情を汲み取りながら会話したほうが良い場合も多々あります。

そういうケースは別にして、ただの単純な指示の場合はメッセやメールにしたほうが良いです。電話嫌いな方は、ぜひ行動に移して大切な時間を守りましょう。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。