NO IMAGE

ゼロベース思考の種は、あなたの周りにあふれている。思考停止になっていませんか?

ゼロベース思考を意識していますか。ゼロベース思考とは、コトバンクに以下のように説明されています。

「ゼロベース思考」とは既存の枠組みにとらわれず、目的に対して白紙の段階から考えようとする考え方の姿勢のことを指す。コトバンク

自分を例に出して、その大切さを説明します。

ゼロベース思考の種は、周りにあふれている

つい先日、「デスクトップパソコンっていらないのでは?」と思い始めて、取り払ってみました。

それまで、大きい画面のデスクトップパソコンが最も効率の良い作業環境だと思っていました。デスクトップPCには机や椅子も必要。「デスクトップPC・机・椅子」の三点セットがないと仕事が捗らないと信じて疑いませんでした。

でも実際にラップトップだけで仕事をするようになっても、慣れてしまえばほとんど効率は落ちません。むしろ「デスクトップがいちばん」という思い込みは、仕事の環境を不自由なものにしていたのです。

ラップトップのみの作業で、選択の幅が急に広がる

ラップトップのみに変えてからは、ソファに座り膝の上にのせて作業しています。これで4,000字くらいのテキストを毎日書いています。

「デスクトップがないと、長いテキストを効率よく書けない」とそれまでは思っていました。でも慣れてしまえば効率は変わらないんです。思い込みとは怖いです。

ラップトップで仕事するようになると、作業環境の幅が広がりました。膝の上にパソコンをのせられるなら、どこでも効率を落とさず作業できます。

カフェはもちろん、芝生であぐらをかきながらだって長文テキストを打てます。思い込みを外せたことで、選択の幅が急に広がりました。

とらわれている枠に気づけるか

ゼロベース思考にこの例を当てはめると、「大きい画面のデスクトップPCがないと、効率よく作業できない」と枠組みにとらわれていたのです。それは考えてみたら、世間一般で言われていることに影響されていたんです。

「みんなデスクトップパソコンのほうが作業効率がよいと言っている。だからそうに違いない」と言わば思考停止していました。

皆さんも何かとらわれていることはありませんか。

  • 通勤方法は今のやり方じゃないとだめなのか?
  • 仕事で着ている服はもっと自由でいいのでは?
  • 机の位置が序列通りなのは効率的か?
  • 会議にこれだけの人数が参加する必要あるのか?
  • 会社へ行く必要はあるのか。自宅で仕事すると効率は上がるのか、落ちるのか?

などなど、ゼロベースの種はキリがないくらいたくさんあるはずです。状況的に環境を変えられなくても、思考の枠にとらわれていないか意識することが大切。思考停止にならず、常にゼロベースでものごとを考えていきましょう。

NO IMAGE
最新記事をTwitterでお知らせしています