つまらないビジネス書は、1/3で読むのをやめる

皆さんは本を読んでいて「ちょっとつまらないな…」と感じたらどうしますか。読むのをやめますか。それとも「終盤におもしろくなるかも」と読み続けますか。

これは本の種類にもよると思います。小説であれば、序盤がつまらなくても読み続ける人が多いかと。序盤は登場人物の紹介的な部分なので、そんなにおもしろくないですからね。

でもビジネス書は別です。1/3読んでつまらなかったら、ぼくは読むのをやめます。その後におもしろくなる見込みがないからです。

つまらないビジネス書は、1/3で読むのをやめる

ビジネス書はワンテーマで書かれます。本のタイトルこそ、著者がもっとも言いたいことです。そして伝えたいいちばん濃密な部分は、最初の1/3にあります。

本は一般的な文字数で10万字もあります。ひとつのテーマで10万字使って伝えたいことって、そうそうにないです。文字数がもちません。※くどいですが、小説などは別です。

では最初の1/3(3万字)の残りは何かと言うと、「体裁を整えるためエピソードを増やした」と想像します。

読んでいるとわかりますが、ビジネス書は最初の1/3がいちばん熱量が高いです。その後は話が枝葉に分かれ細かくなっていきます。本当に伝えたいことを説明するのに、そんなに多くの言葉は必要ないんです。

おもしろい本を探し当てるまでの必要経費

そのため最初の1/3すらおもしろくなかったら、残りの2/3はそれ以上につまらないです。もちろんお金を払ったのですから、もったいないと感じます。でも本って、もともとの値段が安いものです。何冊か読んでみて、たまにあたりがあればラッキー。それを探し当てるまでの必要な費用だと思えば、まあそんなものなのかなと。

例えば、仕事術の本をぼくは何冊か読んできました。でも唯一、「これは本当に良い本だ」と思えたのは、中島聡さんの「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」だけでした。

ほかにも良い本はあったかもしれませんが、内容を覚えているのはこれだけ。実際の仕事に応用して、かなり仕事がスピードアップしました。

この本に最初から巡り会えるならそれに越したことはないですが、それまでに仕事術の本を何冊も買っています。「はずれ」とか「まあまあ良かった」という感想を経たあとに、この本にたどり着いているわけです。それまでの本は、必要な出費と考えるほかありません。

読む際のマイルールを作る

「途中まで読んでしまったから、ここでやめるのはもったいない」という考えを、埋没費用(サンクコスト)と言います。お金だけロスするならいいですが、最後まで読んで「やっぱりつまらなかった」となれば、なによりそこに掛かった時間がもったいない。時間は取り戻すことができません。

「ビジネス書は、1/3まで読んでつまらなかったらやめる」は、ぼくがこれまでの経験で作ったマイルールです。皆さんも独自のマイルールを作ってみてください。

Scroll to top