NO IMAGE

なぜぼくは、自作のブログテーマを諦めたのか

ブログのテンプレートテーマを、SiteOrigin Unwindに変更しました。無料で使えます。
>> 【SiteOrigin Unwind】

ブログをはじめたのは、独立した2011年から。最初から本を片手に自分で作りました。当時はちょうどWordPressが流行りはじめたときで、WordPressのインストールからデータベースの作成、CSSでデザインするなど、がんばってやっていました。

でも、最近になって限界を感じました。プログラマーではない自分が、自作サイトのどの点に限界を感じたのか書いてみます。

なぜぼくは、自作のブログテーマを諦めたのか

まず第一に、コードがどんどん古臭くなっていくのがありました。

ぼくがWordPressでサイトを作りはじめたのは2011年です。そのころは、まだHTML5も出ていません。htmlとWordPressの本を交互に見ながら作りました。

その後、コードの時流はどんどん簡略化され、効率的なものへ変わっています。でもぼくは片手間でサイトをいじっているので、最新のものへかえるほど手がまわらなかったです。いつまでも古臭いコードのままで、少しいじっては変えてを続けてきました。

それだとやはり内的SEOによろしくないです。最新のコードを追えないなら、テンプレートテーマを使ったほうがいいと思えてきました。

時間がどんどん吸い込まれてしまう

第二に、単純に自分でコードをいじると時間が掛かるんです。生半可な知識でやっているので、どこかをいじると別のどこかがおかしくなる。そのたびにネットで検索しながら直しましたが、時間がもうあっという間に過ぎていきます。

自分の本業は執筆や撮影なので、不向きなサイト作成に時間を掛けるよりコンテンツ作りに注力したほうが成果が出ると気づきました。

読むひとにとっても、テンプレートテーマのほうが良い

最後にサイト作りのプロが作ったものは、やはり洗練されて見栄えも使い勝手も良いです。自分なりにがんばりましたが、やはり根本的な部分が違います。

サイトの使いやすさは、そのまま見る人の負担軽減につながります。であれば、もうこれ以上、自作にこだわる必要はありません。

それでも、自分で作ってみてよかった

こうして、結果的にプロが作ったテンプレートテーマを使うことになりました。それでも自分で作ってみてよかったです。ウェブの構造をなんとなくでも理解できましたから。

ともかくこれからはサイトのデザインに時間を掛けず、コンテンツの質を高めていきます。

NO IMAGE
最新記事をTwitterでお知らせしています