バタフライキーボードが反応しないときは、エアダスターでホコリを吹き飛ばす

大きな欠点のあるキーボード。
それが、バタフライキーボードです。

アップルのMacBook Proには、2016年モデルからバタフライ構造のキーボードが搭載されています。
バタフライ構造とは、打鍵したとき沈み込みの少ないキーボードです。
従来のシザー構造より、安定性が4倍向上したとAppleは説明しています。

このキーボードの搭載したMacBook Proを使っていますが、ひとつ大きな欠点がありまして…。
沈み込みが浅い分、ホコリがたまりやすく、キーが効かなくなることがあるのです。

Appleは無償対応してくれるようですが、効かなくなるたびに修理工場へ送るのは面倒ですね。
そこで、簡単な解決策を書きます。

キーが効かない場合は、エアダスターでホコリを吹き飛ばすと復活することが多いです。

SPONSORED

バタフライキーボードが反応しないときは、エアダスターで直す

やり方はいたって簡単で、効かないキーボードの隙間に向けて、勢いよくエアを吹きかけるだけ。

自分の場合は、これで100%改善しました。
結局、原因はホコリがたまっているだけですから、それを風で吹き飛ばせば直る。
まあ、理屈に合っていますね。

Appleは、無償の修理プログラムを受け付けています

エアダスターがないからと、息を吹きかけるのはやめたほうが良いかもです。

人間の呼吸には、湿度が含まれています。
キーボードと言えどコンピュータの一部ですから、湿度で別の不具合を起こすかもしれません。

エアダスターを使った原始的なやり方もしたくない場合は、速やかにAppleへ問い合わせましょう。
バタフライキーボードの不具合に関しては、以下のリンクから無償の修理プログラムを確認できます。

>> MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム

反発力が、文章を書く上でリズムを生む

問題はあるもののキーボードの打ちやすさは、評判ほど酷くないと個人的には思います。

その理由の一つは、「適度な反発力がリズムを生み出す」のがあります。
文字を打っていて、うまくリズムが取れる感じ。

「このキーボードじゃないとだめだ」とまでは全然思いませんが、それなりに生産性はアップしますね

欠点はあるものの、アップルらしい製品

キーの触り心地も良いです。
キーボードに手を置いていると、適度にざらついている感触が指先にフィットします。

Appleはこの「触り心地のよさ」にこだわったのでしょう。
指先は神経が敏感ですから、触るだけで心地が良いのは重要な要素です。

最近は売上が落ちてきて色々と言われはじめているAppleですが、製品の快適さは健在です。
これからも(エアダスターで直しつつ)、このキーボードでたくさんの文字を打っていきます。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。@nishidekoichiro