最低限の生活費がわからないと、お金のなくなる不安から逃れられない

誰もがお金に対する漠然とした不安を持っていると思います。

この「お金の不安」がなくなれば、かなり精神的に自由になれます。

ではお金の不安をなくすにはどうすればよいのか。

一体、自分は月にいくら必要としているのか。
その具体的な金額を知る。

これで不安感は軽減されます。
その理由について考えてみます。

最低限の生活費がわからないと、お金のなくなる不安から逃れられない

小説家の村上龍さんがデビュー作『限りなく透明に近いブルー』でミリオンセラーを出したとき、「これで金から自由になれる」と思ったそうです。

ミリオンセラーなら1億円以上のお金が入ります。
サラリーマンの生涯年収が3億円ぐらいですから、

それに近いお金が手に入った → 金のために働かなくていい → 金から自由になった

という思考なのでしょうね。

宝くじを買う人も同じ理屈です。

一等を当てれば、億単位のお金が一気に入ります。
小説でミリオンセラーを出すのと同じです。

「それだけあれば仕事をしなくていい」。
そういう考えがよぎるのでは。

もちろんそれだけのお金を手に入れられれば言うことなしです。
でもミリオンセラーや一等の宝くじを当てるのは、至難の業。

もっと現実的な方法でお金から自由になれないものでしょうか。

月に必要な金額を正確に知っていますか?

お金に対する不安の根源は一つ。
生活に必要な分が足りなくなるといった漠然とした恐怖心です。

ここで一旦、考えてみます。
果たして不安に思う人は、生活に必要なお金がいくらなのかわかっているでしょうか。

家賃や光熱費、食費、交際費、通信費、保険、車のローンなど、毎月に掛かるお金は、実はほぼ一定のはず。

クレジットカードの明細が来て、必要な分だけ銀行の口座に用意する。
家賃やローンの支払いに必要な分だけ入金する。

それらでなんとなくの金額はつかめていても、必要な明確な金額は把握していないのでは。

具体的な金額がわかれば、漠然とした不安は消える

必要な金額がわかれば、さらに生きるのに最低限の金額も導き出せます

賃貸マンションで暮らしている人は、いざとなれば実家に戻って家賃をゼロにできます。

飲み会をすべて行かなくすれば、交際費をゼロにできます。

具体的な金額がわかれば、いざとなれば削れる部分が見えてくるはず。

最低限必要な金額をつかめれば、生きるのに最低限の収入もまた見えてきます

そこまでイメージできると、お金に対する漠然とした不安は消えます。

広告に囲まれた生活は、不安になって当たり前

誰しもお金に対する不安を持っています。
もちろんぼくもそうです。

その原因のひとつは広告にあります。

テレビを点けると、ひっきりなしにCMが流れます。
ウェブもそう。雑誌もそうです。

メディアというメディアが、「あれを買え、これを買え」と訴求してきます。

それらに囲まれていると、本来必要でないものまで必要な気になります。
そのうえ「生活に最低限必要な金額」を把握していなければ、不安になって当たり前です。

生きるのに最低限必要な金額を常に把握し、お金から自由な精神状態を維持していきましょう。

Pocket

Scroll to top