生活に必要最低限の金額がわからないと、お金の不安から逃れられない

最近、ふと思ったのが、「お金に対する不安がなくなれば、かなり自由になれるのでは」ということでした。

村上龍という小説家がデビュー作「限りなく透明に近いブルー」でミリオンセラーを出したとき、「これで金から自由になれる」と思ったそうです。

ミリオンセラーというと億単位のお金です。サラリーマンの生涯年収が3億円ぐらいですから、

それに近いお金が手に入った → 金のために働かなくていい → 金から自由になった

という思考なのでしょうね。

宝くじで一等が当たったら…

おそらく宝くじを買う人も同じような理屈なんだと思います。

一等が当たれば億単位のお金が一気に入ってきます。小説でミリオンセラーを出すのと同じです。「それだけあれば仕事をしなくていい」。一等を当てた時のことをイメージすれば、そういう考えがよぎるのでは。

一度にそれだけのお金が入ればそれに越したことはないです。でもミリオンセラーを出したり宝くじを当てたりするのは、言うまでもなく至難の業。もっと現実的な方法で自由になることはできないでしょうか。

生活に最低限必要な金額

そこで最初の問いに戻ります。

お金に対する不安がなくなれば、かなり自由になれるのでは

お金に対する不安の根源は一つです。生活に必要な分のお金が足りなくなるという漠然とした怖さです。

でもここで一旦、考えてみます。果たして不安に思う人は、生活に必要なお金がいくらなのかわかっているでしょうか。

どうしてこういうことを思ったかと言えば、ぼく自身がわかっていないからです。

毎月クレジットカードの支払い金額などが来て、必要な分だけ銀行の口座に用意する。なんとなくの金額はつかめていますが、生活に必要な最低限のお金となると具体的には把握していません。

明確な数字の理解がない。これがお金に対する不安感の原因のひとつでは…?

具体的な金額がわかれば、漠然とした不安が消える

これは「最低限のお金」というのがポイントです。少なくともこれだけあれば生きていける、という金額。

賃貸マンションで暮らしている人は、最悪、実家に戻ることを考えれば住居費をゼロにできます。食費も飲み会をすべて行かなくすれば、かなり削れる場合があるのでは。クレジット明細を現実的な視点で見つめれば、最低限必要な金額が浮かび上がってくるはず。

その金額は、おそらくそれほど大きなものではない気がします。最低限必要な金額をつかめれば、「これだけのことをやれば生きていける」という具体的な行動が見えてきます。

具体的な行動が見えれば、最悪の場合それをやればいいわけです。そこまでイメージできると、お金に対する漠然とした不安が消えるように思えます。

広告に囲まれた生活は、お金に対し不安になって当たり前

誰しもお金に対する不安を持っていると思います。もちろんぼくもそうです。そのひとつの原因は、広告にあるのではないかと思っています。

テレビを点けていると、ひっきりなしに商品のPRがなされます。ウェブを見ていてもそう。雑誌を見ていてもそうです。メディアというメディアが、「あれを買え、これを買え」と訴求してきます。

それらに囲まれていると、本来必要でないものまで欲しくなってきます。そのうえ「生活に最低限必要な金額」を把握していなければ、不安になって当たり前。お金がいくらあっても足りないように思えてきます。

お金から自由になれれば、別のステージに行けると最近思っています。自由になるには、不安を拭い去る必要があります。

そのためには、手に取れるくらい具体的な数字、まずはこれを知ることが大切かなと思いました。