SpotifyとAppleMusicの比較。ポイントはAIの精度

サブスクリプションのミュージックサービスは、ずっとSpotifyを使ってきました。でもちょっと飽きてきたので、試しにアップルミュージックを使用してみることに。

ということで一週間くらいアップルミュージックを聞いてみましたが、現状ではSpotifyのほうがいいですね。その理由を書いてみます。

注目するのはレコメンドの精度

こういうアプリを比べる際は、聴ける曲数などが話題になります。でもどちらも5000万曲とか4000万曲とか途方もない数です。一生かかっても聴けないくらいあるので、比較してもしょうがないですね。

ではどこで比べるか。それは「自分好みの楽曲を用意してくれるかどうか」というレコメンド機能の精度です。

ミュージックアプリを使うと、最初のうちは検索で好きなアーティストを探して聴いたりします。でも毎回それをやるのはすごく面倒です。そのうち、アプリがレコメンドしてくれるものを勝手に流しておくようになります。

その点においてSpotifyはアップルミュージックより優れていると感じました。

Spotifyの「Discover Weekly」がとても良い

Spotifyのトップ画面には、自分の名前の特別コーナーが設けられています。よく聴くアーティストの曲を集めた「Daily Mix」が6種類用意されているほか、「Discover Weekly」といって自分の趣向に合わせた曲を集めたプレイリストが毎週作られます。

この「Discover Weekly」というのがかなりいいんです。おそらくお気に入りボタンを押した曲や、よく聴く曲、スキップした気に入らない曲などを集計して、独自のアルゴリズムでプレイリストを作っているのだと思います。

週に一回、内容が変わるわけですが、感心するくらい自分が好きな感じの曲ばかり流れます。しかも知らない曲ばかり。同じ曲が2週・3週に渡って重複するのがデメリットですが、それを別にすれば素晴らしい機能です。

Spotifyを使っているときは、このプレイリストを週のはじめからヘビロテして、飽きたら「ジャンル&気分」別のプレイリストを適当に選んで聴いていました。これを繰り返すだけで、BGMにはこと欠かない感じなんです。

アップルにはパーソナライズしたプレイリストがない

かたやアップルミュージック。自分が見つけられてないだけかもですが、Spotifyの「Discover Weekly」のようなユーザー用に自動生成されたプレイリストが見当たらないんですよね。

「For You」というタブを見ると、趣向に合ったアルバムやプレイリストを紹介してくれています。アルバムはさておき、プレイリストはアップルが独自に作った既成のプレイリストばかり。

聴いてみると当たる曲もあれば今一つの曲もある。精度という面では、ユーザーごとにプレイリストを作るSpotifyよりかなり落ちます。当たり前といえば当たり前の話。

おすすめアルバムは良い感じのものもたくさんありますが、終わるたびに選び直すというのが面倒なんですよね。

音楽のサブスクリプションはこれからも使い続けます

ということでアップルミュージックに鞍替えしたばかりですが、結局Spotifyへ戻ってしまいました。

Spotifyを使いはじめて2年半くらい経っています。自分の趣向を掴んでいるSpotifyを続けていったほうが、新しいサービスを使ってイチからAIに覚えさせるより楽だなというのもありました。

作業用のBGMとしてもリラックスしたいときも、音楽は絶対に欠かせません。これからもサブスクリプションを使い続けていきます。Spotifyやアップルミュージックに限らず、良い感じのサービスが出てきたら率先して使ってみたいですね。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。