Kindleの耳読には、手軽に使えるネックスピーカーがおすすめ

iPhoneでKindle版の書籍を読み上げて耳読をしています。車の中はスピーカーから音声を出していて快適に聞けているんですが、問題は家の中。

ブルートゥースのスピーカーだと今ひとつ聞き取れない場合があって、部屋を移動したときにも一旦、音声を止めなくてはなりません。

それが面倒でワイヤレスイヤホンで聴いていたりもしたんですが、耳が疲れたり、イヤホンを入れること自体がこれまた面倒に思えてきました。

そこで首にかけるネックスピーカーを購入してみることにしました。経済評論家の勝間和代さんがこの方法で耳読しているのをブログで見て、丸パクリした感じです。

これが思った以上に快適でした。そのことを書いてみます。

とりあえずAmazonで安いのものを購入

Amazonでネックスピーカーを調べると、それなりの種類が出てきました。価格は2,000円前後から30,000円くらいと幅があります。

このコンセプトの製品を気に入るかわからなかったので、とりあえず5,000円くらいの下記のものを購入しました。

商品が届いてiPhoneとブルートゥース接続しました。マニュアルは英語でしたが、まあボタン自体が少ないのであまり迷うことなく接続は完了。早速、首に掛けて耳読をしてみました。

首に掛けるだけで聞ける快適さ

感想をひとことで言うと、「本の耳読だったら快適」という感じ。首に掛けるだけで聞けるというのがともかく楽なんですよね。

家の中で耳読する機会って、キッチンで洗い物してたり掃除していたりと、何かをしながらのことが多いです。

そういうときにネックスピーカーを手に取って、首にちょんと掛けるだけ。電源を入れると自動的にブルートゥース接続しますから、iPhoneのKindleを起動して読み上げればすぐに聞くことができます。

音声の読み上げだったら音質の良し悪しは気になりません。耳の近くでスピーカーが鳴っているため、聞きづらいということもなし。購入した製品は80グラム程度と軽いため首への負担もほぼありませんでした。

ブルートゥースのつながる範囲がそこそこ広い

iPhoneのKindle読み上げは、画面を点けたままにしなくてはなりません。そのため耳読中は机の上にでも置いて、そのまま家の中を移動しています。

ブルートゥースのつながる範囲がそこそこ広いらしく、着けたままトイレに行ったり外に出て郵便受けを確認したりしましたが、途切れることはありませんでした。

着けていることが自然になってくるので、一度だけ首に掛けたまま外出してしまいました。完全に忘れてしまっていたんですよね。まあそれだけ軽くて気にならないということです。

音楽を楽しめるほどの音質ではないかも

もちろんパーフェクトな製品というわけではありません。いちばんのネックは音質の悪さです。

「耳読なら快適」と書きましたが、正直、音楽を聞いてみるとちょっと辛いです。厚みのない薄っぺらい音です。これはしょうがない部分ではあります。音質が悪くとも、5,000円以下というのは相当コスパが良いですから。

しばらくこのまま使ってみますが、ひょっとしたら少しグレードの高い製品に買い換えるかもしれません。つまり製品のコンセプト自体は、自分にとって合っていました。

耳読が快適になる製品でした

耳で活字を聞くのに慣れると、読書の量がアップします。何かをしながら本を読めるというのが大きいですね。

50グラムとか、もうちょっと軽いものができるとなお良いですが…。ともかく耳読に興味のあるひとは、試しに買ってみても良いかなと思います。


金沢在住のフリーランス・ライター。2014年より海外への一人旅をはじめる。これまでに訪れた国は16カ国。旅に使っているカメラは、2016年秋に亡くなった写真家の伯父・富岡省三氏のHasselblad 500C/M。