フリーランスの自分は、暇な時期こそ将来を見据えじっくり考える

3月はすごく忙しかったです。毎日何千文字も書いていた気がします。ピークを過ぎて4月。わりと暇になってしまいました。

フリーランスのため、仕事のない期間があるとやはり不安になります。今月はいいけれど、来月の収入が心配になる。でも仕事がありすぎるのも良くないと思っています。適度に暇な時期というのが来ないと、次のステップへ行けないと思っているんです。

余裕がないと、将来のことをじっくり考えられない

忙しいときは、毎日を乗り切ることに頭がいっぱいになってしまいます。スケジュールをやりくりして、眼の前の仕事をこなすだけで精一杯。そんな精神状態になると、余裕が生まれません。余裕がないと、将来のことを考える時間が取れない。

将来のことを考え行動を起こしていかないと、数年後もしくは数ヶ月後に困ったことになります。

時代はものすごい勢いで変化していて、自分は毎日確実に歳を取っています。今と同じことを繰り返していては、先細ってしまうのが目に見えているんですね。

そのため暇な時間というのは必要だと思うんです。時間に余裕があると、先のことを考えられる。考えた上で、「じゃあそうなるためには今から何をしよう?」と計画を立てられる。計画を立てられたら、あとは実行へ移すのみです。

長期の休みにじっくり自分と向き合う

正月になると、その一年の計画を立てる人が多いと思います。これは一年の始まりというキリのいい時期だからというのもありますが、それと同時に「正月休みで時間に余裕があるから」そんな理由もあるはず。

GWやお盆休みも同様です。長期の休みは、ゆっくり自分と向き合える期間です。フリーランスにとってのそれは、仕事の切れ目の暇な時期というわけです。

今週いっぱいくらいは、急にばたばたすることはなさそうです。3年後、5年後を見据えて、自分とじっくり向き合いたいと思います。