なぜ面倒なフィルムカメラで写真を撮るのか。その魅力とは?

金沢は桜が満開です。
昼過ぎから2時間くらいハッセルブラッドで写真を撮りました。

ところでフィルムカメラを使っていると、「どうしてこんな面倒なもので写真を撮っているんだろう」と自分で疑問を持ちます。

その理由のひとつは、フィルムでしか表現できない色や質感が好きだからです。

でもフィルムっぽい雰囲気はデジタルカメラでも再現が可能です。

できあがりの状態だけでは、フィルムの面倒臭さを許容する理由にはなりません。

「本当の理由とはなんだろう」
そう自問自答してみて、結論は以下のようになりました。

1枚のショットに大きな価値を見いだせるから

どういうことか説明します。

炊飯ジャーがあるのに、なぜ土鍋でご飯を炊くのか?

なぜ面倒なフィルムカメラで写真を撮るか?
この問いを持ったときに、炊飯ジャーと土鍋が思い浮かびました。

炊飯ジャーは、言うまでもなくご飯を炊く家電です。
踊り炊きとか銘柄炊きとか色々な機能があって、美味しいご飯をたけます。

でも世の中には、炊飯ジャーではなく土鍋でご飯を炊く人がいます。
土鍋をコンロにセットして、火加減を見ながら炊き上げていく。
面倒ですが、炊飯ジャーとは違った美味しさがあるのだと思います。

そして美味しさ以上に、手間暇をかけること自体が重要なのです。

炊飯ジャーを使えばスイッチひとつで終わりです。
味も最新家電と比べれば、大きな違いはないでしょう。

なのにあえて土鍋でご飯を炊くのは、合理的な理由からではありません。
「手間暇をかける」文脈そのものに意味があるのです。

機能を考えれば、圧倒的にデジカメが有利

デジタルカメラとフィルムカメラも、炊飯ジャーと土鍋の関係と同じです。

写真を撮るなら、デジタルカメラのほうがよほど楽だし優れています。

オートフォーカスは瞬時に合うし、何枚も連射ができます。
一枚のカードで数百枚もの撮影が可能で、もちろん現像代は掛かりません。

大きなサイズで撮れるため、レタッチの耐性も格段に上です。

フィルムカメラを選択した時点で、そういった機能的なアドバンテージを放棄することになります。
つまり、合理的な理由でないのは明らかなのです。

単純にコストも掛かるが…

デジタルカメラとフィルムカメラの違いは、単純にフィルム代と現像代が掛かるのがあります。

ぼくの使っている中判フィルムのハッセルブラッドだと、1枚の写真に200円くらい掛かります。

気軽にシャッターを押せない金額です。

でも考えてみると、金額はそれほど重要じゃないです。

それより手間暇をかけて撮る分、簡単にシャッター切れなくなる物理的な制約の方が大きいです

これを写真に撮るべきか、何度も自問自答する

デジタルカメラで瞬時に撮れるケースでも、ハッセルブラッドは時間が掛かります。

反転しているファンイダーで苦労して構図をとり、別の機器で露出を測り、マニュアルでピントを合わせ、遮光板を引き出し…、とシャッターを押すまでにいくつもの工程があります。

実際にやってみるとわかりますが、これは結構な手間なんです。

そのためファインダーを覗いたときに今ひとつだと思えば、撮るのをやめます。

デジカメなら反射的にシャッターボタンを押しますが、フィルムカメラは手間がかかる分、一枚の写真を撮るまでに頭の中で色々と考えるわけですね。

「これは手間を掛けるだけの写真になるのか」と。

その結果、シャッターを押した写真は自分にとって大切なものになります。

制約がある分、一枚の写真の価値がデジタルカメラに比べ大きくなるのです。

フィルムカメラの魅力とは

面倒なことをあえてやるのは、意味があります。

デジカメで反射的に何百枚もの撮るより、考えに考えを重ねて厳選して撮った一枚のフィルム写真が自分にとって価値を持つ。

これがあえてフィルムカメラのような面倒なもので写真を撮る、自分にとっての意味です。

何枚も撮った中からベターを選ぶのではなく、たった一枚のベストを求める。
現像された写真の空気の匂いを覚えているほど、シャッターを押す瞬間に真剣になる。

フィルムカメラは面倒なものでありながら、いや面倒だからこそ、ぼくにとってとても魅力的で大切なものなのです。

Scroll to top