ほぼ日手帳が続かない。その理由と対策を考える

4月はじまりから始めたほぼ日手帳ですが、見事に使わなくなりました。

厳密に言うと、続いてはいますがメモの量が1/10に減った感じ。でもメモのメリットは感じています。なので続けたい気持ちはあるのですが、面倒さが先に来て遠のいています。

手帳を開くより、ウェブアプリにメモってしまう

なぜ続かなくなってしまったか。手帳へメモする行為は、時間が掛かるんですよね。なのでエバーノートなどウェブアプリにささっとメモってしまいます。

普段、何かを思いつくのってどういうときでしょう。ぼくはパソコンでウェブページを見たり、散歩したり、車を運転したりしているときに思い浮かびます。

例えばパソコンで何か思いつけば、そのままエバーノートへ書きます。そのほうが早いからです。散歩や運転中であれば、iPhoneのメモ帳にささっと書くことが多いです。

つまりほぼ日手帳は、開いてペンを取る手間が必要な分、書く機会そのものが減ってしまうのです。

メモ帳へ書くと自分の思考を進められる

でも、だからこそわざわざメモ帳に書く意味はあると感じています。

エバーノートやiPhoneのメモ帳に控えるのは、忘れないようにするためです。誰かと約束したときカレンダーへ書く行為と似ています。メモすることで頭の中の記憶から追い出すのですね。

でもほぼ日手帳に書き込むことは、忘れないようにするのとはちょっと違います。忘れても覚えていてもどちらでもいいような、些細な事柄が多いです。それを書くことで、少しだけ自分の考えを深められたり広められたりできる。自分の思考を進めるためにメモしているのです。

そういった行為は、白紙のメモ帳に向かってペンを握ってこそできる種類のものです。ほぼ日手帳へメモすることは続けてたいと思っています。

別のアクションと紐付けるとうまくいくかも

結論としては、「ほぼ日手帳へのメモを習慣にする」これしかないですね。何かのアクションとワンセットにしようかな。例えばツイートしたら、それについての考察をメモ帳に書くとか。

漠然とメモ帳を広げておくよりも、何かしらトリガーと紐付ければ続くかもしれません。習慣化できないか対策を考えてみます。


中判フィルムの美しさに心打たれ、伯父さんの遺品ハッセルブラッドで写真を撮るように。年に数回、海外へ一人で行き、フィルム写真と旅行記を発信しています。