NO IMAGE

旅行記に特別なできごとは必要ない。平凡で十分おもしろい

NO IMAGE

ぼくは海外へ旅すると必ず旅行記を書きます。でもひとつ悩みがあって、性格が慎重なため武勇伝的なものがないんですよね。いわゆる「ネタ」的なことがほぼ発生しない。

そのため「こんな平凡な旅行記は、読んでいておもしろいかな」とたまに考えます。

平凡な旅行記でも読んでいておもしろいと感じる

そういいながら、自分自身は淡々と海外の生活を書いている旅行記が好きです。それこそ駅で電車に乗ったことや、近所のパン屋さんのこと、レストランでの食事など、その時々の描写が書いてあるだけで「おもしろい」と感じます。なので「平凡な旅行記」でもいいのかなと思います。

なぜ変わったことが起こらなくても旅行記をおもしろいと感じるのか。

旅行記の醍醐味は、海外の旅の追体験

旅行記は読んでいて情景をイメージできます。舞台となっている場所へ読みながら自分も行くことができます。

特に海外は、自分の知らないことばかり。書いている人と一緒に初めての街を歩き、レストランに入って料理を食べる。宿へチェックインして一夜を過ごす。旅行記を読むことで、そういった海外の旅を追体験できます。これが旅行記を読むいちばんの醍醐味。

旅の記録だけでも楽しい

こういう風に考えてみると、そもそも旅行記にトラブルやアクシデントを自分自身が求めていませんでした。

初めて訪れた国を観察しながら見て回る。ハラハラドキドキはしますが、トラブルとは異なるおもしろさです。

もちろんトラブルは文章に起伏が出るのであってもいいんですが、ないからといって引け目に感じる必要はないですね。旅の記録としても、「平凡な旅行記」をこれからも書いていきます。

NO IMAGE
最新記事をTwitterでお知らせしています