第3世代iPad Proで、使用頻度が一気にアップ

昨年11月、iPad Pro (第3世代) 11インチを購入しました。
これが思いのほか良い感じで、現在いちばんよく使うガジェットになっています。

外へ出かけるときは必ず持っていきますし、ウェブ閲覧やKindleアプリでの読書、長文執筆と大活躍しています。

これまでもiPadを買ってきましたが、今の世代になって急に使用頻度がアップしました。

iPadを何枚も買ってきたが、結局使わなくなっていた

ぼくはもともとアップル製品が大好きで、スマートフォンやパソコンなど一揃い購入してきました。

その流れでiPadも何枚か買いましたが、実はそれほど使わなかったんですよね。

まず最初に買ったのは、iPad(第4世代)。
その次にiPad mini(第2世代)。
ここからしばらく間があいて、一昨年にiPad Pro(第2世代)12.9インチを購入しました。

これらのiPadに共通していたのは、インプットもアウトプットも中途半端だったことでした。

初代のアップルペンシルは、使いたいときにいつも充電切れ

iPadとiPad miniを持っているときは、用事があっても結局iPhoneを優先して使うんですよね。

iPhoneの大型化にともなって、画面サイズもそれほど不都合に思わなくなりました。

わざわざiPadの大きい画面でなくとも、ポケットに入っているiPhoneを見れば事足りていたのです。

さすがにiPad Pro12.9インチは別次元の大きさでしたが、それでも使うのはコンテンツ消費だけ。
テキスト入力などインプットにはほぼ使いませんでした。

執筆にiPadを使わなかったのは、明確な理由があります。
ぼくはキー入力に親指シフトと呼ばれるちょっと特殊な打ち方をするのですが、iPadの外付けキーボードでは仕様上できなかったのです。

またこのとき発表となった第1世代アップルペンシルは、とても使いづらいものでした。

充電はライトニングコネクタへ差し込む必要があります。
この一手間が掛かるため、使いたいときに限って充電ゼロのケースが多発。

形状も通常のペンより長くて、扱いづらい。
アップルペンシルもまたほとんど使わなかったです。

アップルペンシルが、劇的に使いやすくなった

ここで、去年11月にiPad Pro(第3世代)11インチを買いました。

「またこれまでのように使わなくなるかな……」と思いつつ、ベゼルが均一になった新しいデザインと新型アップルペンシルに引かれ試してみたくなったのです。

その結果は、最初に書いた通りとても良好でした。

まず、アウトプットが大幅に改善されました。

その恩恵は、第2世代アップルペンシルにあります。
充電方式が本体側面のマグネットで行われるようになり、収納と充電が同時に解決したのです。

これは非常に画期的なことでした。
第1世代アップルペンシルを使ったひとであればわかると思いますが、
「コロコロ転がるペンシルをどこにしまうか」
「どのタイミングで充電すればよいのか」
これら2つの問題が一気に解消されたのです。

また、形状も短く軽くなりました。
表面も少しザラつきある触感にかわり、書きやすさが向上しました。

いつもiPad ProのKindleアプリで本を読むとき、アップルペンシルを手にしています。

気になったところはマーカーを引き、保存したくなればスクショを撮り手書きメモをしてエバーノートへ入れています。

これが「ペンを持ちながら本を読む」という昔ながらの行動と似ていて、読書をより能動的にできるようになりました。

「かえうち」の導入で、文字入力も問題なし

文字入力についても解決しました。

新型iPad Proと直接関係ない話ですが、「かえうち」というアダプターを購入することで、外付けキーボードでも親指シフトが使えるようになったのです。

記事の趣旨からそれるため詳しくは書きませんが、このアダプターによりキータッチが好みのマジックキーボードで文字入力できるようになりました。

ご存知のひとも多いでしょうが、MacBook系キーボードはバタフライ構造を採用していてキーストロークが浅く、お世辞にも打ちやすいとはいえません。

常々、「iPadでマジックキーボードを使えれば言うことなし」と思っていただけに、「かえうち」の登場はかなり嬉しかったです。

インプットにアウトプットに、手放せない

こういった経緯で、外出時にはiPad Proとマジックキーボードを手にして、行く先々で本を読んだり文章を書いたりしています。

家でアウトプットするときはPCを使うことが多いですが、コンテンツ消費はほとんどiPad Proを使っています。

なにしろ薄くて軽いため、閲覧場所を選びません。
ついソファで横になったまま、アマゾンプライムやYouTubeをダラダラと見てしまいますね…。

満足ながら、今後のアップデートに期待

今後のアップデートで希望があるとしたら、もう少し軽くなるとなお良いです。

あとはブルートゥース接続のキーボードで親指シフトを使えれば最高です(無理っぽいですが)。

何枚もiPadを買ってきて結局使わなくなっていましたが、今の世代になって別次元になったと感じています。

秋にiPad OSの登場も控えていますし、これからの進化が楽しみなガジェットです。

ちなみにデザインやイラストを描くひとであれば、YouTubeのamity_senseiのチャンネルがおすすめです。

関連記事

Scroll to top