親指シフトのベストキーボードは、Happy Hacking Keyboard

親指シフトは、キーボードを選びます。

iMacを使う際、付属のマジックキーボードで文字入力していましたが、以前使用していたPFUのHappy Hacking Keyboard Professionalを引っ張り出しました。
改めて使用すると、やはり打ちやすく感じます。

そこでこの記事では、親指シフトに適したハッピーハッキングキーボードの良さについて、書いてみます。

SPONSORED

やはり親指シフトのベストキーボードは、Happy Hacking Keyboard

このキーボードは、ひとを選びます。
多くの人が、打ちづらいと感じるでしょう。

その原因は、キーボードの物理的な硬さと高さにあります。

材質そのものが硬質プラスチックで硬いです。
打っていると、キーエッジが指の側面や腹に当たって痛く感じます。

また、キートップも高い。
中段で、3.5センチほどあります。
打っているときには指を少し浮かせている形になり、この状態をキープしていると疲れを感じます。

では、なぜ打ちやすいのか

とまあ、最初に悪い点ばかり書いてしまいましたが、それでも使いたくなるのがこのキーボードの不思議な魅力。

その一番の理由は、打鍵時の心地よさにあります。
キーの反発力がほんとうに絶妙で、単純に気持ちがいい。
癖になる触感の良さです。

気持ちよければ、文字をたくさん書きたくなります。
生産性が自然と上がっていきます。

ハッピーハッキングキーボード

また親指シフトに使う場合は、両親指を置いておくシフトとスペースキーの大きさが丁度いいんですね。
特にスペースキーがそれほど長くないため、変換がかなりスムーズ。

慣れてくると両手とキーボードが一体となり、文字入力が自由自在になります。
まさに「話すように打てる」感じ。

毎日、長文を書く人にとって、「親指シフト+HHKB」は、とてつもなく大きな武器となるでしょう。

パームレストを買って、手首の疲れを軽減

それでもキートップの高さで手首の疲れを感じるので、パームレストを購入することにしました。
これで幾分、軽減されると思います。

パームレストが届いてから、また使い心地をレポートします。

【追記】

パームレストが届きました。レビュー記事です。>>PFUのパームレストを購入。使ってみた感想は?

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。@nishidekoichiro