海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」に加入。クレカだけでは不安

今日から3週間ほど北欧へ旅しますが、その直前、こんなTweetを見ました。

「アメリカで一週間の入院、結果700万の請求」という内容。アメリカに行くわけでないですが、「もし現地で虫垂炎など、手術・入院の必要な病気に掛かったら?」と不安になってきました。

SPONSORED

クレカの海外旅行保険のほか、「ネットde保険@とらべる」に加入

ぼくはAmazonのゴールドカードを持っています。海外旅行傷害保険が付帯しているため、いつも保険には入らずにいました。でもそういえば、内容を確認していなかったなと。

念の為サイトを見てみると、疾病治療費用の限度額は300万円です。これで大丈夫な気はしますが、万が一の場合に気が気じゃない…。3週間とそれなりの期間滞在するため、心の安心を買うため掛け捨ての海外旅行保険にも入ることにしました。

比較サイトなど検討し、Amazonカードと同じ三井住友系列の「ネットde保険@とらべる」に決めました。いくつかプランがあるなか、もっとも安価な「タイプK」を選択。こちらはクレジットカードの海外旅行保険を補うタイプとのことです。

*タイプKについて
タイプKは、クレジットカードにセットされている海外旅行傷害保険では補償が不足しがちな治療・救援費用、疾病死亡、弁護士費用に絞ったプランです。
海外旅行傷害保険がセットされているクレジットカードをお持ちの方、廉価な保険料水準をご希望の方向けのプランです。

料金は6,850円。二度目からはリピーター割引が適応され、6,530円で加入できます。下記の表の通り、最安プランでも治療・救援費用が2000万円まで保障されます。さすがにこれで安心なのでは。

安価な掛け捨て保険で、心の安心を買う

去年の暮れから年明けにかけて2カ月間、ヨーロッパに行きましたが、その際の保険はクレジットカードについているものだけ。いま考えると、よくそんな軽装備で旅してたなと思います。ドラクエなら皮の鎧で旅を続けるようなもの。せめて鉄の鎧を身に着けたい。

土壇場で佐々木俊尚さんのTweetを見て助かりました。病院のお世話にならないのがいちばんですが、ともかく万が一のケースでも、これで安心です。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。