ヘルシンキでSIMカードを購入。DNAは簡単接続のうえコスパがすごかった

DNA

海外へ旅したときに必要なSIMカード。
ヘルシンキでも無事、手に入れられました。

結果的に、購入も接続も簡単。
コスパもよくて驚きました。

SPONSORED

ヘルシンキでSIMカードを購入。DNAは簡単接続のうえコスパがすごかった

Rkioski

ヘルシンキでは、R kioskiというコンビニみたいなお店で買うことができます。
黄色地に濃い青色のロゴが目印。

このR kioskiは街中や駅などいたるところにあります。
まず見つからないことはないです。

ただぼくはSIMカードだけ扱っているお店があると思い、延々と街を徘徊してしまいました。
ふと入ってみたR kioskiのレジの後ろにSIMカードが置いてあったため、店員さんに聞いてようやく買えた感じ。

でもネット検索してみたら、いろいろな人が「R kioskiで買える」と書いていました。
余計な時間を使ってしまった…。

滞在日数によって最適なものをもらえる

ともかくR kioskiへ行って、「SIMカードプリーズ」と店員さんへ頼みましょう。
英語が得意でない場合、空いているお店を選ぶとプレッシャーが掛からなくてよいです。
幸いぼくが入ったお店は、誰もいなかったからか親切に説明してもらえました。

店員さんから「何日いるの?(How long do you stay?)」と必ず聞かれます。
自分の滞在日数を伝えると、それに適したものを出してくれます。

ぼくの場合、「 5〜6日滞在でデータのみ」と答えました。
するとDNAの5ユーロを渡してくれました。
価格は4.9ユーロなので、0.1ユーロお得です。

その場で英語で説明を受けましたが、あまり理解できず…。

あとで説明書を読みながら調べると、一日0.89ユーロでネットが使い放題でした。
つまり買ったカードは、5ユーロ分(5日分)チャージされているカードなのです。

かなりコスパが良いです。

日本からSIMピンを忘れずに

DNA

早速、カフェに入ってSIMカードを挿入しました。
SIMピンは付いていないので、必ず日本から持参してください。

パッケージを開けると、カードケースにSIMカードが格納してありました。
3種類のサイズが利用できるようになっています。

iPhoneを使っているひとが多いと思いますが、iPhone5以降は一番小さなNano-SIMサイズでOKです。

挿入すると、すぐに電波をキャッチ。めちゃ簡単です

スマホの電源を切ってから、SIMピンでSIMトレーを引き出しカードを挿入します。
電源を入れてパスコードを入力すれば、すぐに4G回線を捕らえてくれます。

DNA

他の方のブログを読むと、ここでPIN(暗証番号)の入力を求められるようなんですが…。
ぼくは入力せずともつながりました。

もし画面上でPINを求められたら、SIMカードを収納していたカードケースの裏面に、銀紙で隠されたナンバーがあります。
コインでこすって、出てきたナンバーのPIN1を入力すればOKです。

速度もサクサク。これでヘルシンキ滞在はOKです

あまりにも回線がサクサクなので速度を調べると、下りで134Mbpsも出ていました。

DNA速度

簡単にネット接続できて拍子抜けでした。

しかも無制限のうえ価格も安い。
ヘルシンキは旅行者に優しい街です。

フィンランド・ヘルシンキの関連記事

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。