本に囲まれる至福、コペンハーゲンのブックカフェ『Paludan Bog & Café』

棚いっぱいの本に囲まれる、コペンハーゲンのカフェ『Paludan Bog & Café』へ行ってきました。
ご紹介します。

コペンハーゲンの老舗ブックカフェ『Paludan Bog & Café』

場所は、コペンハーゲン中央駅から徒歩20分。トラムで6分ほどです。
特徴的な店内から観光客が多く訪れるほか、真横にコペンハーゲン大学があるため学生のニーズも高そうです。

カフェのほか、朝食やランチにも

入口からまっすぐ歩いた奥にカウンターがあります。
注文してドリンクを受け取ってから席へ着く方式です。

ドリンクメニューはレジ後ろの黒板に書いてありました。
代表的なものは以下のような感じ。

・フィルターコーヒー
スモール15クローネ(約242円)ラージ20クローネ(約323円)

・カフェラテ
スモール27クローネ(約437円)ラージ32クローネ(約518円)

・カプチーノ
スモール29クローネ(約469円)ラージ35クローネ(約566円)

・エスプレッソ
スモール20クローネ(約323円)ラージ25クローネ(約404円)

・スムージー
各45クローネ(約728円)

物価の高いコペンハーゲンにしては、かなり良心的な価格です。
朝食やランチメニュー、軽食も用意されています。

どこに座っても本に囲まれる至福の空間

店内は少し迷路っぽくなっています。
入って左手と右手は、通りに面した広いフロアです。
大きい窓から自然光が入って気持ちいいです。

入口前の階段は、中二階へつながっています。
ここは薄暗くて屋根裏みたいな雰囲気。
視界は本棚に囲まれ落ち着きます。作業をするとはかどりそうです。

中二階を少し進んで左の通用口を通って右がトイレ、左の階段を降りるとレジのある一角へ出ます。

出版社・書店がブックカフェへと発展

公式サイトにお店の沿革が簡単に記載されています
もともとは出版社・本屋さんとしてお店はスタートしたんですね。
今のカフェとしての形が整ったのはミレニアムの年(2000年)とありました。

Denmark’s oldest book café
Paludan started as a combined bookstore and publisher who provided the students with affordable books. The bookstore was in many ways dependent on the students who ensured a regular turnover. At the turn of the millennium, the café, which unified the experience of the good book with cozy frames and social engagement, opened. The customers’ background became more diverse, as now good people of all ages took the café’s folklore.

コンタクトフォームから席予約も可能

本がたくさんあるだけでなく、歴史を積み重ねてきた風合いに満ちています。
ゆっくり落ち着いた気分でカフェを楽しめますよ。

席予約も受け付けています。それなりの人数で来店される際は、コンタクトフォームから相談してみてもいいかもです。

最後に詳細情報です。

【詳細情報】
住所:Fiolstræde 10, 1171 København
営業:月曜〜木曜9時~22時、金曜9時~23時、土曜10時~23時、土曜10時~22時
休み:なし
電話:+45 3315 0675
メール:info@paludan-cafe.dk
ウェブ:https://paludan-cafe.dk
Scroll to top