Galaxy Note 10 Plusを開封。iPhone歴8年、アンドロイドに戸惑うこと多し

Galaxy Note 10

今日の午前中に、シンガポールのEtoren.comからGalaxy Note 10 Plusが到着しました。

発売日が8月23日ですから、5日間で日本へ来たわけです。
もっと早く届いたひともいるようですが、自分的には満足です。

箱を開いて設定までしてみましたが、これまで8年間iPhoneを使い続けたぼくにとって結構、新鮮に感じました

内容物ひとつとっても、なんかiPhoneとは違うものが入っている…。
写真付きでご紹介します。

Unboxing! Galaxy Note 10 Plus

届けてくれたのは、佐川急便さんです。
めちゃ小さい箱に、ガムテープがこれでもかとぐるぐるに貼ってありました。

Galaxy Note 10 Plus

ダンボールを開いてみると、詰め物がチョロっと入っています。
シンガポールからの長旅で、さぞや中が揺れたことだろう。
動作は、まったく問題なかったです。

Galaxy Note 10 Plus

プチプチを取って、化粧箱とご対面。

Galaxy Noteシリーズのいちばんの特徴は、スタイラスペン(Sペン)が本体に内蔵していること
箱の表面で、その特徴をアピールしています。

Galaxy Note 10 Plus

中を開きました。
上蓋に、四角い箱が張り付いていました。
イラストを見ると、ケースと取説の入っていることがわかります。

Galaxy Note 10 Plus

四角い箱の中身を取り出しました。

裏側に、SIMピンが挟まっていますね。

中には、取説と透明の保護ケースが同梱されています。
せっかくなので、しばらくはこのケースに本体を入れて使いたいと思います。

取説の中国語「快速入門指南」が新鮮。
すぐに操作を覚えられそうなネーミングです。

Galaxy Note 10 Plus

本体を取り出し、その下に詰め込んである内容物を取り出しました。
アダプターにUSB-Cケーブル、イヤホンが入っています。

Galaxy Note 10 Plus

おや、なにやら見慣れない物体が…。
これは一体?

調べてみたらSペンの替え芯と、交換の際に使う道具でした。
なるほどSペンは使っているうちに、ペン先が摩耗するんですね。
不要なものかと思って、ゴミ箱に捨てるところでした。

Galaxy Note 10 Plus

いよいよ本体を取り出しました。
裏面と表面、上下の側面に保護シールが貼ってありました。
表面は保護フィルムのようなので、とりあえず剥がさずにおきました。

見づらいですが、中央に「SAMSUNG」とロゴが書いてあります。
ここは会社名じゃなく、「Galaxy」とブランド名のほうがかっこいい気がします(余計なお世話)。

Galaxy Note 10 Plus

ひっくり返して、iPhoneXSと大きさを比べてみました。

並べてみると、結構、差のあることがわかります。
しばらくGalaxy Note 10 Plusを触っていると、iPhoneの画面がすごく小さく感じました。
慣れというのは恐ろしいです。

ちなみに、大きさに関しては違和感なく片手で持てました。
「大きくて持てない」みたいにはなりません。

ただ、片手での操作は不可能ですね。
テキストを打つときなどは、常に両手を使うことになりそうです。

ようやく電源を起動です。

電源ボタンとボリュームボタンは、どちらとも左側に配置されています。
右側には何もなし。

iPhoneの電源ボタン右の配置に慣れきっているので、しばらく戸惑いそうです。

シンガポールから輸入した海外版ですが、ちゃんと日本語を選択できます。
(日本語がなかったら、詰んでました)
画面の指示に従って、5分くらいで設定を終えました。

ところでキーボードから文字を入力しようとしたら、日本語キーボードがなくて困りました。

「言語で日本語を選択しているのに、なぜ?」と調べたところ、Google 日本語入力などサードパーティのアプリをダウンロードする必要がありました。

初期画面です。
iPhoneといろいろ勝手が違いすぎて、まだ何もわからず。
触りながら覚えていきます。

ちなみにSペンを引き出したら、ジェスチャーのチュートリアルが出現しました。

Sペンは書くだけでなく、ジェスチャーを使ってカメラのズームイン・アウト、インカメラとアウトカメラの切り替えなどができます。
その操作感の練習というわけです。

さっそく指示通りにやってみたところ、「もっと速く!」みたいに怒られました。
ビクッとして、そっとSペンをしまいました。

機能の紹介は、また後日

戸惑うこと多しですが、エッジ部分まで表示される大画面は迫力があります。
Galaxy Note 10 Plusに慣れると、他のスマホだと物足りなくなりそう。

色々と操作を覚えたら、iPhoneにはない便利な機能など紹介していきます。

関連記事

Scroll to top