意外と簡単に選べた、Galaxy Note 10のテーマ。作品多すぎのGalaxy Themesから、好みを絞り込む

Galaxy Note 10

Galaxy Note 10 Plusが来て、2日が経ちました。

昨日は一日、設定などいじっていましたが、そのなかで気になったのがホーム画面のデザイン。
デフォルトも悪いわけではないんですが、そのままなのは芸がありません。

Galaxy Note 10

ホーム画面は、一日に何度も目にします。
ここは自分好みに変えたいところ。

いくらiPhone歴が長くても、「アンドロイドはホーム画面をカスタムできる」というのは一般常識として知っています。
早速、変えてみることにしました。

壁紙とテーマの違いは?

変え方は特に難しくなくホーム画面の余白を長押しすれば、壁紙やテーマを変更できる画面に移行します。

Galaxy Note 10

壁紙とテーマの違いがわかりづらいんですが、

・壁紙は、ロック画面のみ変更
・テーマはロック画面、ホーム画面、アイコンの変更

のようです。
ちなみに、アイコンのみのデザインも変えられます。
カスタムできすぎやろ…。

作品が多すぎて、Galaxy Themesから選べない問題

Galaxy Note 10

テーマを選ぶと、「Galaxy Themes」へ移動します。
ここでテーマを選び放題(有料と無料が混在しています)。

いくつか問題があるんですが、まずこのショップはGoogleではなくサムソンが運営しているんですよね。

そのこと自体が悪いわけでなく、サムソンは世界でいちばん使われているスマホメーカーでありながら、そのシェアの多くはアジア諸国です。

独自の壁紙サイトを運営すれば、集まってくる作家さんは当然ながらアジアの人が中心。

でもアジアで好まれるデザインって、派手なんですよね…。
もしくは、ちょっとオタクっぽいもの。
あんまり自分の好みとは合わないんです。

もう一つの問題は、あまりにも数が多すぎること。
この中から好きな感じのを探すのは、一苦労です。

そこで右上の虫眼鏡マークから、検索してみることにしました。

検索画面で、トピックや色別に絞り込める

Galaxy Note 10

検索画面へ移行して下へスクロールすると、なんとトピックごとに抽出できるようになっていました。
これはありがたい。

Galaxy Note 10

試しに「シンプル」を選んでみたところ、どぎつい色合いのものがわんさかと出現。
確かに比較的シンプルかもしれんけど、いつも見るスマホでこんなにコントラストの強い色はしんどい。

Galaxy Note 10

そこでトピックではなく、色で抽出することにしました。

トピックの上にカラーパレットが設置してあり、好きな色を選べるんです。

Galaxy Note 10

そこでスマホの色(ホワイト)に合った、グレーを選択。
すると、良い感じのデザインが出てきました。
このくらいに絞れれば、なんとか選べそうです。

有料テーマでも、10分間お試しで使用できる

Galaxy Note 10

といいつつそれなりに時間がかかって、結局、超シンプルな「RainbowWhite」を選びました。
ちなみにこちらは有料で、323円しました。

いきなり購入したわけではなく、10分間だけ試用することができます。
実際にホーム画面を変えてみれば、雰囲気がつかめますね。
親切な設計です。

超シンプルなホーム画面にできて満足

Galaxy Note 10

ということで、ホーム画面を変更しました。

アンドロイドはカスタムできるのが利点ながら、「選択肢ありすぎて、選べないのでは」と思う部分もありました。

でも難関のホーム画面をすんなり決められたので、良かった。
iPhoneとの違いを実感できて、いろいろと楽しいです。

関連記事

Scroll to top