Galaxy Note 10のすごい機能、Sペンを使っての自動翻訳

Galaxy Note 10 Plusの機能のひとつを紹介します。
それはSペンを使った翻訳です。

これがおそろしく便利です。

スマホの機能には、「こんなの誰が使うねん!」というマニアックなものがあったりしますが、Galaxy Noteの翻訳は使い勝手も凄まじく良いです。
多言語の資料をよく読む人は、これだけでGalaxy Noteを買ってもいいのではと思います。

ネットで読みたい外国語があれば、瞬時に自動翻訳

例えば気になった事件があり、英語のニュースサイトから情報を得たいとします。
そのときにはSペンを引き出して、「翻訳」を選びます。

Galaxy Note 10 Plus

すると上部に設定のポップアップが出ます。
「T」は単語の翻訳なので、文章を選びたいときはタップして切り替えます。

Galaxy Note 10 Plus

翻訳したい文章上でSペンをホバーすると、適当な文節が選択されて自動翻訳します。
青い枠を広げると、翻訳される文章の長さを変えられます。

Galaxy Note 10 Plus
Galaxy Note 10 Plus

翻訳したければ、Sペンでホバーして範囲を調節するだけ。
一瞬で日本語が表示されます。ノンストレスです。

写真撮影した文章も翻訳が可能

これだけでもぼくはビックリしたのですが、Galaxy Noteはさらに想像の上を行きます。
画面上だけでなく、写真に撮った言語も翻訳ができるのです。

手元にあった英文で、試してみます。
写真家マイケル・ケンナの、『HOLGA』の序文を撮影してみます。

Galaxy Note 10 Plus

写真の文章上を同じようにSペンでホバーすると、一瞬で選択した文章が翻訳されます。

Galaxy Note 10 Plus

ポップアップ画面をタップすれば、グーグル翻訳の画面へ移りテキスト化して共有が可能です。

おそろしく便利です…。

外国語を解読するハードルが、かなり下がります

海外へたまに出かけるのですが駅の案内板やお店のメニューなど、読む必要のあるものがたまにあります。

英語で書いてあればまだなんとかなりますが、それ以外の言語であれば解読のしようがありません。
でもGalaxy Noteがあれば、写真に撮って問題なく翻訳ができます。

ネット上で日本語以外の言語でもストレスなく読めますし、それをテキストに起こすのも自由自在。

このすごい機能はもっと注目されてもおかしくないと感じますが、皆さんはいかが思いますか。

関連記事

Pocket

Scroll to top