ロジクールのMX Master 3を導入。新しい作業環境を紹介します(2019.9)

作業環境

作業環境に少し変化があったので、ご紹介します。

それまではAppleのマジックトラックパッド2を使っていましたが、マウスを購入しました
製品は、スイスのマウスメーカー・ロジクールのMX Master 3です。

MX Master3

多機能マウスのニューバージョンとして、9月初旬にアメリカで発売スタート。
日本ではLogicoolのブランド名で、2019年9月27日に発売予定です。

先代の評判が高かったようで、ネット上で新型のレビュー記事をよく見ました。
興味が出て、アメリカのAmazonから取り寄せてみることにしました。

作業環境を紹介。LogitechのMX Master 3を導入

さすがマウスだけあって、トラックパッドに比べ細かい作業は正確にできます。

あとはブラウザの「戻る・進む」がマウス側面のサブボタンからできたり、タブの移動がサイドのサブホイールから可能になります。

色々、考えて作られていると感心しました。

ただ海外の製品だからか、サイズ的には少し大きいかもしれません。
手で掴んでいると、ちょっと違和感を感じます。

おそらくマウスを正確に動かすためでしょうが、重量もあります。
トラックパッドに比べると、疲労度は高そうです。

ぼく自身そんなに細かい作業をしないので、「トラックパッドのほうが良いかな?」と思ったりしています。
このままひと月くらい使ってみて、どちらが快適か様子を見たい感じです。

マウス以外は、以前と変わらず

作業環境

キーボードやキーレスト、テンキーボードは以前から変わらず。

テンキーボードは常時接続にならないためイマイチなんですが、使えないこともないのでそのままにしています。
場所を取る割に使用頻度が高くないので、近い将来、撤去するかもしれません。

以上、2019年9月25日現在の作業環境のご紹介でした。
作業環境については、定期的にご紹介していきます。

iMac 27インチ 2017(Apple)
ハッピーハッキングキーボード(PFU)
パームレスト(バード電子)
テンキーボード(エレコム)
MX Master 3(Logitech)
マウスパッド(SteelSeries)