Galaxy Note 10 Plusは、読書ツールとしてあまりにも優秀

Galaxy Note 10 Plus

Galaxy Note 10 Plusを購入して、3ヶ月くらい経ちました。
買うときには、「iPhoneがあるのに、必要かな。使わなくなるんじゃないかな」と少し心配しましたが、今では8対2くらいの割合でGalaxy Noteを使っています。

なかでも、いちばん利用するのは、Kindleです。
Galaxy Noteを使うようになってから、本を読む量が急増しました。
暇さえあればKindleを開いて、本を読んでいます。

Kindleばかり開くようになったのは、単純に快適だからです。
iPhoneだけ使っていたときは、スマホで本を読む習慣はほぼなかったんです。
何がそんなに快適なのか、少しまとめてみます。

画面が大きくて、読書が捗る

単純にそれまで使っていたiPhoneXSよりも、Galaxy Note 10 Plusは画面が大きくて快適なのがありますね。

本の大きさを調べてみると、文庫本が148×103ミリ、新書が182×103ミリでした。

かたやGalaxy Note 10 Plusの画面サイズは、162.3×77.2ミリ。
少し小さな新書のイメージです。
これが、絶妙に持ちやすくて読みやすい。
本を読むのに、ちょうどいい大きさなんです。

これがiPhoneXSだと143.6×70.9ミリで、文庫サイズよりも小さくなってしまいます。
これだと、率先して本を読む気にならないんです。

文庫本148×103ミリ
新書182×103ミリ
Galaxy Note 10 Plus162.3×77.2ミリ
iPhoneXS143.4×70.9ミリ

Kindleから直接本をダウンロードできて、ノンストレス

サイズの問題だけなら、iPhoneもMaxサイズにすれば解決します。
でもiOSにはなくアンドロイドにはあるもの、それが重要です。
アンドロイドは、アプリから直接サードパーティの製品を購入できるんです。

つまりアンドロイドだと、Kindleアプリから直接読みたい本を購入し、即ダウンロードが可能です。

iPhoneはサードパーティに対する制限が厳しいため、この簡単なことができないんです。
iPhoneでKindle本をダウンロードしようと思ったら、ブラウザからAmazonのウェブサイトを開き、そこで購入しなくてはなりません。
アンドロイドに慣れると、このひと手間が異様に面倒に感じます。

Galaxy Note 10 Plusであれば、Kindleのショップから本が選び放題。
読みたいものがあれば、タップしてすぐに読書スタートです。

Galaxy Note 10 Plusで読書量が圧倒的に増えた

本を選んで → 即ダウンロード → 大きな画面で読める

この連携が素晴らしすぎるんです。
正直、タップ精度やスクロールの滑らかさは、iPhoneのほうが何枚も上手です。
でもアンドロイドの快適さに慣れると、そういった操作性も気にならなくなりました。

結論を言うと、Galaxy Note 10 Plusを買って3ヶ月経ちましたが、「読書量が圧倒的に増えた」という点で、かなり生活の質が向上しました。

関連記事

Pocket

Scroll to top