WF-1000XM3の音が途切れる問題。スマホをAndroidからiPhoneに変えたら直りました

2019年7月に発売され、人気を集めているソニーのノイズキャンセリングイヤホン・WF-1000XM3。
購入して、5ヶ月ちょっとが経ちました。

こちらは、買ってまもなくのレビューです。

ほぼ満足していますが、屋外で使っていると音がプツプツ途切れる問題があります。
特にカフェで作業をしていると、それが顕著。
ひどいときには30秒に1回の割合でブツッと音楽が途切れます。

そのたびに集中力も途切れてしまうため、「なんとかならないものか」と自分でいろいろ試してみました。
結果的に良くなりましたので、その対策をご紹介します。

結果から話すと、ぼくの使っているアンドロイドスマホ(Galaxy Note 10 Plus)との相性が良くなかったようです。

WF-1000XM3の音が途切れる。スマホをAndroidからiPhoneに変えたら直りました

まず、症状を整理します。
ぼくが日常でこの製品を使うシーンは、3つあります。

1つは、自宅で使う場合。
2つは、歩きながらの使用。
3つは、カフェで作業するときです。

前述した通り、このうち1と2は問題ありません。
途切れることもあると思いますが、その頻度がかなり低いため、記憶に残らない程度。

問題は、3のカフェでの使用です。

回線が混線していて、切れてしまうのか?

すべてGalaxy Note 10 Plusを使っていますので、スマホが原因とは考えづらい。

原因を絞っていくと、カフェ内での環境が怪しいです。

そこで「カフェで使用する場合は、飛び交っている電波が多く、混線してしまうのではないか?」と仮設を立てました。

混線であれば、抜本的な対処法はないです。
回避したいなら、カフェではこの製品の使用をやめるしかない。

ただWF-1000XM3の設定や、使っている音楽アプリを変えてみることで、改善しないかと考えました。
単なる相性の問題もあるかなと思ったんです。

試してみた5つの検証とその結果

そこで自分の対処してみたことは、以下の通りです。
ひとつひとつ、検証結果を書いてみます。

1 WF-1000XM3の設定を、「音質優先」から「接続優先」にする

2 Bluetoothの登録を解除して、再接続する

3 スマホとイヤホンを再起動する

4 音楽アプリを変更する

5 アンドロイドからiPhoneへ変えてみる

1 WF-1000XM3の設定を、「音質優先」から「接続優先」にする

WF-1000XM3には、スマホで操作できるソニーの専用アプリがあります。

Sony | Headphones Connect

Sony | Headphones Connect

Sony Home Entertainment & Sound Products Inc.無料posted withアプリーチ

その画面を下にスクロールすると、「音質モード」という項目があります。
ここから「音質優先モード」と「接続優先モード」を選べます。

WH-1000XM3

その名の通り、「音質優先モード」は、再生音質を優先にします。
購入時は、デフォルトでこのモードが選択されています


もう一つの「接続優先モード」は、音質を犠牲にして接続の途切れにくさを優先します。
外で使用する機会の多い場合は、このモードにしておいたほうが良さそうです。

ということで「接続優先モード」にしてみましたが、まったく症状は変わらずでした。
これで解決するかと思ったので、がっかりです。

2 Bluetoothの登録を解除して、再接続する

次に試したのは、Bluetoothの再接続です。

Bluetoothは近距離無線通信のため、電波が弱いです。

Bluetoothのマウスやキーボードを使っていて調子の悪いときは、再接続で治るケースが多々あります

そのため基本とも言える再接続を行ってみましたが、こちらも症状は改善せず。

この辺りで、「ひょっとして製品自体の不具合では…?」と疑い始めました。

3 スマホとイヤホンを再起動する

お次は、こちらも直すときの基本となる、スマホとイヤホンの再起動です。

コンピューターを搭載している機器は、再起動で直ることがたびたびあります。
その原因は、使い切っているメモリの開放です。

音の途切れとメモリに相関関係があるかは不明ですが、とりあえずスマホとイヤホンの両方を何度か再起動しました。

でも、再起動もダメ。
途切れるのは改善されません。

4 音楽アプリを変更する

原因として考えづらいですが、音楽アプリも念の為に変更してみました。
それまでSpotifyを使っていたのを、YouTube Musicに変えてみたんです。

ただ予想はしていましたが、音楽アプリの変更も効き目なし

ひょっとしてストリーミング再生の品質を落とせばうまくいくのかもしれませんが、それは今回は試しませんでした。

5 アンドロイドからiPhoneへ変えてみる

最後の最後に、使っているスマホを変えてみることにしました。
結果的に、これがハマりました。

メインスマホはGalaxy Note 10 Plusを使っていて、サブにGalaxyからテザリングしているiPhone XSを持っています。
テザリングしての運用なので、電波はアンドロイドより弱いです。

そのため、あまり期待せずiPhoneへ切り替えてみましたが、あっさり直ってしまいました。

iPhoneにつなげた際には、それまで不快だったプツプツがまったく発生しません。

「OSの相性が良くなかったのか」となんだか不思議に思いつつ、まあ最終的にうまくいって良かったです。

スマホ2台持ちが功を奏した

たまたまアンドロイドとiPhoneの2台持ちだから良かったものの、アンドロイドしか持っていなければ、ずっと音が途切れるのをがまんしなきゃならないところでした。

これは自分だけのケースかもしれませんが、WF-1000XM3の音の途切れにお悩みの方がいれば、ご参考になれば幸いです。

関連記事

Pocket

Scroll to top