Macの基本的な便利機能。新規ファインダーのショートカット・キー

Macを買ったばかりのひとに、ぜひ知ってもらいたいショートカット・キーがあります。
それは新規ファインダーを出現させる、「command + N」です。

このショートカットを知らない場合、ポインタでドッグのFinderアイコンをクリックするか、「command + スペースキー」でスポットライト検索するかの二択かなと思います。

それらで操作するよりも、「command + N」のほうが圧倒的に速いです。

SPONSORED

Macの基本的な便利機能。新規ファインダーのショートカット・キー

Macの場合、ファインダーは作業をする際のスタート地点です。

新規ファインダー

ファイルは「書類」や「iCloud Drive」、「Dropbox」などに保管すると思います。
これらにアクセスするには、ファインダーを開く必要があります。
作業中に他のファイルが必要になれば、また新規ファインダーを開きます。

それらの際に「command + N」を手で覚えてしまえば、作業がかなり高速化します。
Macを使い始めたら、まずはこのショートカットを覚えるのをおすすめします。

環境設定で、さらに利便性を高く

さらに、ファインダーの環境設定でひと手間を加えれば、便利度がアップします。

ファインダーを選択した状態で、環境設定をクリックします(もしくはショートカットの「command + , 」)。

新規ファインダーの環境設定

「一般タブ」に「新規ウインドウで次を表示」というドロップダウンリストがありますので、自分が作業用ファイルを格納している場所を指定します。
すると「command + N」を押せば、即座に必要なファイルの場所を表示できます。

新規ファインダーの環境設定

ぼくはほとんどのファイルをDropboxに入れているため、ここを「Dropbox」にしています。
すべての作業のスタートが「command + N」と指が覚えているので、「あのファイルはどこにやったっけ…」と悩む時間が存在しません。

新規ファインダーの環境設定

「command + N」で飛躍的にスピードアップ

コンピュータには作業スピードを高めるショートカットが充実していますが、そのすべてを覚える必要はありません。

Macを初めて使う際には、とりあえず「command + N」で新規ファインダー・オープンを覚えてしまいましょう。
飛躍的にスピードがアップしますよ。

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。