個人事業主のクレジットカード決済サービスは、遠方でもメールでできるSquareがおすすめ

Square

これからの時代、個人販売が増えます。

例えば、趣味で手芸しているとします。
作品をSNSへアップしていたら、フォロワーさんが「欲しいです!」と名乗り出てくれる、そんなシーンがどんどん出てくるでしょう。

買ってもらえるのは嬉しいですが、問題となるのは決済方法。
対面販売であれば、現金で問題ないんですけどね。
ネット上で売買する場合、何らかのシステムに頼ったほうが楽です。

自分も同じような経験があったのですが、その際には「Square(スクエア)」を利用したらスムーズでした。

この記事では個人間でのクレジットカード決済で、Squareを使った方法をご紹介します。

SPONSORED

銀行振込は、好ましくありません

ご紹介の前に、「銀行振込ではダメなの?」という疑問について考えてみます。

ネット振込を知らないと、わざわざ銀行へ行ってもらうことに

個人間の決済方法で、最初に思い浮かぶのは銀行振込ですね。
相手にSNSのDMなどで、銀行名と口座名をお知らせして振り込んでもらう。
まあ、とても簡単な方法です。

でも簡単なのは、あくまで代金を受け取る側の話です。
商品を買ってくれるお客さんにとって、好ましい決済方法ではありません。

今はネット振込できますが、銀行によってはそのための申込みが必要となります。
また、そもそもネットで振込できると知らないケースもありますね。

となると、わざわざお客さんに、銀行ATMまで行ってもらうことになります。
代金の支払いでお客さんに余計な労力を掛けるのは、あんまりよろしくありません。

振込手数料がわずらわしい

さらに銀行振込は、振込手数料の必要なケースがあります。
これもわずらわしいポイントです。

近ごろは、同じ銀行同士なら手数料なしです。
別の銀行間の振込なら、どちらかが手数料を負担することになります。

一応、会計上はお客さんが負担するルールとなっていますが、「手数料は引いて振り込んでくださいね」とは言いづらいです。

さらに、「せっかく買ってもらったのに、手数料を払ってもらうのは…」と思う気持ちもありますね。

つまり銀行振込だと、
「お客さんに、振込の手間を取らせてしまう」
「手数料をどちらが払うかで、もやもやする」
とあんまりいいことがないんです。

個人事業主のクレジットカード決済サービスは、遠方でもメールでできるSquareがおすすめ

そんなふうに思っていたとき、とある小売店さんが、クレジットカード決済でSquareを使っていたんです。

商品の発送と同時に、決済用メールが送られてきました。
タップしていくと、簡単にクレジットカードで決済完了。

「これは便利だな」とぼくも個人間の決済では、Squareを利用することにしたのです。
Square公式サイト >> 月額固定費無料でカード決済導入!

4つのメリット

ではここから、Squareの良い点を4つご紹介します。

1 簡単にクレジットカード決済を案内できる
2 Squareからの入金が、「最短で翌日」とメチャ速い
3 月額の固定費が掛からない
4 ウェブ決済のみなら、初期費用もなし

1 簡単にクレジットカード決済を案内できる

お客さんの身になってみるとわかりますが、クレジットカード決済できるのは何よりも助かります。
ネット上で完結できるし、ポイントも付きますからね。

Squareは、お客さんのメールアドレスやSNSのDMが分かれば、決済の案内を送れます。
スマホ上でタップしていけば、簡単に決済が完了。

お互いにとって、時間や手間の節約になります。

2 Squareからの入金が、「最短で翌日」とメチャ速い

お客さんがクレジットカードで決済してくれると、最短で翌営業日に登録した銀行口座へ振り込まれます。
「末締め翌10日払」みたいに、待たされることがありません。

すぐに、現金化できるのが嬉しいですね。
入金手数料も引かれません。

3 月額の固定費が掛からない

Squareはサービスが発生したときのみ、決済手数料(3.25% ※2020年6月末以降、JCBは3.95%)が掛かります。
逆に言えば、サービス発生なしであれば料金は掛かりません。

固定費なしで使えるのは、ありがたいです。

4 ウェブ決済のみなら、初期費用もなし

路面店での利用なら、カードリーダーが必要です。
カードリーダーのお値段は、7,980円(税別)。

これが初期費用となるわけですが、メールで請求書を送って決済してもらうだけなら、カードリーダーは不要です。
つまりウェブ決済だけなら、初期費用が掛からないんですね。

とりあえず登録だけしておいて、「カードリーダーが要るようであれば、後日購入」で問題ないかなと思います。

デメリットは?

デメリットと言えるかどうか微妙ですが、サービスを利用した際に決済手数料が発生します。
金額は発生した料金に対して、3.25%です(※2020年6月末以降、JCBは3.95%)。

でもまあ、クレジットカード利用の手数料は、言わば当然の話。
ぼくたちが普段、あらゆるお店で使っているクレカ決済には、すべて手数料をかかっているのですから。
それらは、店舗さんが負担しているんです。

お互いに簡単に決済が完了するのですから、必要経費と思いましょう。

わかりやすい請求書の発行方法

では、請求書の発行の仕方を見てみましょう。

パソコンのウェブからログインした場合は、ダッシュボードの右上にある「請求書を送信」をクリックします。

Square

新規請求書の画面へ移りますので、お客さんや請求書の情報を書いていきます。

もれなく必要事項が書けたら、右上の送信ボタンをクリック。
これで、相手先のメールへ請求書が届きます。

Square

お客さんがメールアドレスを持っていない場合、SNSのDMなどへ送ることができます。
その際には「請求書の送付方法」で「URLを手動で共有する」を選択し、発行されたURLを送るようにします。

お客さんも、迷わずに決済できる

実際にお客さんのもとに届く請求書は、下の画像のような形です。
Squareは、最初にテストで請求書を発行できます。
この画像は、その際のものです。

上の方にある「カードで支払う」をクリックしてもらえば、クレジットカード決済の画面へと移れます。
わかりやすいデザインなので、迷うことはないかなと思います。

楽なシステムを有効に活用しよう

いかがでしょうか。
お金を扱うのですから、登録や請求書にはそれなりの入力が必要です。

でもデザインがいわゆる今どきのスタートアップっぽいため、それほど迷うことなく処理できると思います。

Squareをはじめとした楽にできる決済システムを有効に使い、余ったエネルギーは良い作品づくりへ注力しましょう。
Square公式サイト >> 月額固定費無料でカード決済導入!

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。