WF-1000XM3の付属イヤーピースが合わないので、サードパーティ製を試したら音質が良くなった

SONYのノイズキャンセリングイヤホン・WF-1000XM3を昨年7月に購入以来、お気に入りになって毎日使っています。

購入直前直後のレビューは、こちらをどうぞ。

ただひとつ問題があって、純正のイヤーピースがどうしても自分には合わなかったんです。
そこでサードパーティ製のイヤホンをAmazonで探し、付け替えてみたところ、一気に快適度がアップしました。
こんなことなら、もっと早くに付け替えればよかったです。

そこでこの記事ではイヤーピースの大切さを語るとともに、自分が購入したWF-1000XM3用のものをご紹介します。

SPONSORED

WF-1000XM3の付属イヤーピースが合わないので、サードパーティ製を試したら音質が良くなった

そもそもイヤーピースがなぜ大事かと言えば、特にノイズキャンセリング・イヤホンの場合、耳に隙間があるとキャンセリング性能が低下するからです。

かといって、逆に大きすぎるイヤーピースをつけていると、今度は耳が痛くなってきます。

つまりキャンセリング性能を高めるため、そして装着時の快適度を保つためにも、カナル型イヤホンにジャストフィットのイヤーピースは不可欠なんです。

そのためかWF-1000XM3には、純正のイヤーピースが7種類もついてきます。
7種類あればフィットするものがあるかと思いましたが…、自分の場合はダメでしたね。

純正イヤーピースの紹介

WF-1000XM3には2種類のイヤーピースが付属していて、それぞれサイズが3つと4つ。
合計で7種類のものがあります。
まずは純正のイヤーピースをご紹介します。

ハイブリッドイヤーピースロング

WF-1000XM3イヤーピース

付属イヤーピースの1種類目が、シリコン素材です。
サイズは、SS、S、M、Lの4つ。

少し大きめですが薄いシリコンで作れらているため、耳の形に合わせて形状が柔軟に変わります。
その結果、耳の中の接地面が多くなり、遮音性が高いです。

基本的にはこちらのMサイズをずっと使っていましたが、どうしても左耳に違和感がありました。
フィットしている感覚がなくて、落ちてきそうに思えるんですね。
かといってLにすると大きくて、耳が痛くなってきます。

トリプルコンフォートイヤーピース

WF-1000XM3イヤーピース

付属イヤーピースのもう1種類が、トリプルコンフォートです。
サイズはS、M、Lの3つ。

こちらはハイブリッドイヤーピースより小さめですが、素材に弾力性がありフィット感が高いです。
自分の感覚では、こちらのほうが中低音域に迫力があり、音質が良くなった気がしました。

ただこちらは、自分の耳の形状にはまったく合わなかったです。
どのサイズをつけても、ずり落ちてくるような違和感あり。
結局、半日くらいしか試していません。

Amazonで候補を探した

ということで、我慢してハイブリッドイヤーピースのMサイズを使っていましたが、交換することにしました。
「装着感だけでなく、イヤーピースで音質も良くなるのでは」と思いはじめたんですよね。

AmazonでWF-1000XM3に合ったものを探し、候補をふたつに絞りました。
結論から言うと、候補2の「アユート AZLA SednaEarfit ShortのMSサイズ」に決めました。

候補1 Comply Tsx-200

WF-1000XM3のイヤーピースで探すと高確率で出てくるのが、ComplyのTsx-200です。

伸縮性のある素材で、ギュッと潰してから耳に入れる仕様です。
すると耳のなかで膨らみ、ジャストフィットします。

レビューも高く、さすがにフィット感が高いようですね。

ただネックなのが、耐久性があまり高くない点。
レビューを見る限り、半年くらいで付け替える必要があるみたいです。

価格も1ペアで約1,700円とそれほど安くないですし、コスパ的にあまり良くないかな、とパスしました。

候補2 AZLA SednaEarfit Short

その結果、買ってみたのがAZLA SednaEarfit Shortです。

購入の一番の理由は、S・M・Lのワンペアずつのお試し販売があったこと。
この3ペアのセットで、購入時の価格が1,264円でした。

WF-1000XM3イヤーピース

イヤーピースを買っても、耳に合わなければどうしようもないです。
合うかわからないものを買うよりも、3サイズのお試しセットがあるのはありがたいです。

AZLA SednaEarfit Shortの感想

こちらのイヤホンは、ハードタイプです。
耳に合わせて形状が変わったりしません。
そのためきちんと自分の耳に合ったものを選ぶ必要があります。

お試しの中のMサイズを付けたところ、少し自分には大きかったため、改めてMSサイズを購入しました。
これでジャストフィット。
自分に合ったイヤーピースがようやく見つかりました。

イヤーピースを交換して、音質も良くなった

あと驚いたのが、このイヤーピースに変えた結果、音質がかなり良くなったことです。

それまでも満足していましたが、AZLA SednaEarfitにしたら、低中域の音がしっかり出るようになったんです。
全体の解像感が良くなり、鳴っている楽器のひとつひとつがより明瞭になりました。

「あれ、イヤーピースでこんなに音って変わるんだ」と驚いてしまいましたね。
もっと早く変えれば良かったです。

イヤーピースの交換は、高コスパ

今回、はじめてイヤーピースの交換をしてみました。
フィット感だけでなく、イヤーピースひとつで音質が結構変わるのが発見でした。

それほど高いものではないですし、イヤホンを買ったら、まずはイヤーピースの交換を検討してみてもいいかもしれません。
もちろんそれだけコストは掛かるわけですが、価格に対してのリターンは高いと思いました。

より高音質に聴くために

WF-1000XM3を高音質にする方法を、以下の記事にまとめました。
参考にしてみてください。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。@nishidekoichiro