Amazon Music HDのUltra HDを、SONOSで聴くには

Amazon Music HDとは、ハイレゾ音源を聴けるストリーミングサービスです。
先日から入会して、毎日良い音楽を楽しんでいます。

ところで使っていて疑問に思ったのは、「ワイヤレススピーカーSONOSで、Amazon Music HDを聴くにはどうしたらいいのか」です。
自分で試してみたり調べたりしましたが、結論から書くと、

iOSはAirPlayを使って、24bit/48kHZまで聴くことができます。
アンドロイドはSONOSのアプリで、HD音質(16bit/44.1kHz)まで聴けます。

そこでこの記事では、Amazon Music HDとSONOSの組み合わせについて書いてみます。

SPONSORED

Amazon Music HDのUltra HDを、SONOSで聴くには

SONOSとは、アメリカのSONOS社が販売しているワイヤレススピーカーです。
2019年秋にSONOS One SLを購入し、先日セールをやっていたので2台に増設しました。
ステレオサウンドにして、毎日使っているわけです。

SONOSは各種ストリーミングサービスを網羅している

SONOSのいちばんの特徴は、ストリーミング再生を前提に設計されていることです。
そのため設定もスムーズで、電源を入れてWi-Fi接続すれば、同じWi-Fi上にあるストリーミングサービスを捉えて簡単に聴くことができます。

使い勝手の良い、専用アプリもある

さらにSONOSには、スマホ・PCとも専用アプリを用意しています。

Sonos

Sonos

Sonos, Inc.無料posted withアプリーチ

公式サイト >> SONOS S2アプリ ダウンロード

これがセッティングとミュージックプレイヤーを兼ねていて、しかも各ストリーミングサービスを横断して使えるんです。
つまり、ある曲が聴きたいとアプリ上で検索すれば、加入しているサービスすべてから提案してくれるんですね。
それぞれのサービスから好きな曲を選んで、プレイリストを作ることもできます。
なかなか便利。

その中にAmazon Music HDの表記はないが…

そんなSONOSの専用アプリですが、サポートしているサービスにAmazon Music HDの表記がありません。
Amazon Music Unlimitedはあります。

「Amazon Music HDはサポートしていなのか?」と思いましたが、SONOSの公式ページに以下の記載がありました。

【原文】
What bitrate and format does Amazon Music stream in?
256 kbps AAC & MP3 (up to 16-bit/44.1kHz FLAC with Amazon Music HD)

【日本語訳】
Amazon Musicはどのビットレートとフォーマットでストリーミングしますか?
256 kbps AAC & MP3(Amazon Music HDで最大16ビット/44.1 kHz FLAC)

SONOS公式ページ

Amazon Music HDに加入すれば、SONOSアプリでも16bit/44.1 kHzまで自動的にアップスケーリングしてくれるようです。

HD音源止まりなのが残念ですね。
今後のアップデートに期待したいです。

アップル製品は、AirPlayで聴ける

アップル製品にもSONOSのアプリはありますが、Amazon MusicのアプリからAirPlayを使ってSONOSへ飛ばしたほうが高音質で聴くことができます。

AirPlayとはアップル製品の音楽や映像を、サポートしている端末から無線出力するサービス。
AirPlay経由だと、24bit/48kHZまで出力が可能となります。

アップル製品を持っている場合は、AndroidよりAirPlayを使ったほうが少しだけ幸せになれます。

iPhoneやiPadと、SONOSの組み合わせでUltra HDを聴く方法

AirPlayのやり方を解説します。
iPhoneとiPadの場合、まずはAmazon Music HDを起動して、聴く曲を選択します。
右下のアイコンをタップし、次の画面で「AirPlay」を選択。

Amazon Music HD-SONOS
Amazon Music HD-SONOS

SONOSに割り当てているスピーカー名が表示されますので、それをタップすれば完了です。

Amazon Music HD-SONOS

MacとSONOSの組み合わせで、Ultra HDを聴く方法

MacもAirPlayを使って、SONOSで聴くことができます。
ただし、そのやり方はiPhoneやiPadと比べて、若干面倒です。

MacでAmazon Music HDを起動し、聴きたい楽曲を選択します。
ここで右下のスピーカーマークをクリックしてみますが、SONOSスピーカーが出てこないんです。

Amazon Music HD-SONOS
Amazon Music HD-SONOS

そこでMacの環境設定からサウンドを選択。
するとAirPlay可能なステレオが表示されますので、ここでSONOSに割り当てているスピーカーを選択します。

Amazon Music HD-SONOS

Amazon Music HDの対応可能なスピーカーが、AirPlayになります。

Amazon Music HD-SONOS

MacでSONOSを聴く際の、注意事項

Macの場合は、注意事項がふたつあります。

ひとつは、排他モードが使えないことです。
排他モードとは、音楽以外のパソコンの操作音などをオフにするモードです。
これがAirPlayでは、なぜか選択することができなくなっています。

もうひとつは、音質が24bit/44.1kHZに制限されてしまうことです。
これはiPhoneとiPadの24bit/48kHZより、若干の低音質です。

Amazon Music HD-SONOS

Audio MIDI設定で出力を上げることもできません。

Amazon Music HD-SONOS

MacにもSONOSアプリがありますから、面倒なAirPlayよりSONOSの専用アプリで聴いたほうが良いかもしれません。

まとめ

今回、「 SONOSスピーカーでAmazon Music HDを聴く方法」を色々と調べてみました。

結論として、iPhoneとiPadの場合はAirPlayを使う。
Macとアンドロイドは、SONOSアプリを使うとなりました。

これからハイレゾのストリーミングサービスは増えていくと思います。
SONOSアプリがハイレゾのサポートを始めるのは間違いないところでしょう。
今後に期待です。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。@nishidekoichiro