mineo からOCNモバイルONEへ乗り換え。1年でどのくらい節約できるから計算してみた

つい先日、音声通話用のSIMカードを、mineoからOCN モバイル ONEへ乗り換えました。
それまで3年弱くらいmineoを使ってきましたが、「自分の場合は、OCNモバイルONEのほうがお得では…」とわかり、かえてみたんです。

そこでこの記事では、実際にどのくらい節約になるのか計算してみました。
その結果、年間で6,336円のコストを抑えられることがわかりました。

SPONSORED

mineo からOCNモバイルONEへ乗り換え。1年でどのくらい節約できるから計算してみた

携帯代金は、まったく通話をしなくても月に一定の料金が掛かります。
これをランニングコストと呼びますが、ランニングコストを抑えられれば、努力することなく節約を行えます。

自分の運用方法

まず自分のSIMカードの運用方法を簡単にご紹介します。
基本的にスマホは2台持ちで、1台にFUJI WifiのSIMを、もう1台に音声通話SIMを入れています。

FUJI Wifiを使っている理由は、以下をご参考にしてください。

データ用にFUJI Wifiを使っているため、音声通話SIMは最低限のデータ量で大丈夫です。
そこで格安SIMのマイネオを使っていたわけですが…。

OCNモバイルONEのメリット

では、なぜ音声通話SIMをmineoからOCNモバイルONEへ乗り換えようと思ったか。
OCNモバイルONE音声通話SIMの、自分にとってのメリットをあげてみます。
まとめると以下の4点になります。

1 1GBで月に1000円ちょっとと安い
2 自宅WifiをOCN回線にしているため、割引が適用される
3 NTTのインターネット電話の050 plusを使っており、その基本料も安くできる
4 OCNモバイルONEの新コースは、最低利用期間が存在しない(いつ解約しても違約金0円)

ひとつずつ見ていきます。

1 1GBで月に1000円ちょっとと安い

コスト面から乗り換えを考えたのですから、月額料金が高ければ成立しません。
自分の使うのは音声通話SIMの最低料金のみ。

OCNモバイルONEは、1GBの容量で1,180円(税別)でした。
この料金自体がすでにマイネオより安いのですが、自分の場合はさらに割引があってお得でした。

2 自宅WifiをOCN回線にしているため、割引が適用される

自分は自宅回線にフレッツ光を使っています。
OCNモバイルONEは同じNTTコミュニケーションが運営する会社ですから、フレッツ光とのセット割があります。

OCNモバイルONEの契約と同時にOCN光モバイル割を申請すると、1,180円から980円(税別)に安くなります。
これも自分にとっては嬉しい。

OCN光モバイル割の申込みは、以下のリンクから可能です。
OCNモバイルONEとフレッツ光を利用していても、自動的に割引にはなりませんのでご注意を。
申請すれば、月額200円(税別)安くできます。

https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/common/hikari-mobile.html

3 NTTのインターネット電話050 plusの基本料も安くなる

同じようにNTTコミュニケーションズが運営している、インターネット電話050 Plusの基本料も安くなります。
自分は固定回線への発信は、すべてこの050 Plusを使っています。

OCNモバイルONEの050 plusセット割を申請すると、毎月の基本料300円が150円(税別)と半額になります。
これも毎月のことですから、助かりますね。

050 plusセット割の申請は、以下から行なえます。
OCNモバイルONEと050 plusを使っていて申請していない方は、確認してみてください。

https://www.ntt.com/personal/services/phone/ip/050plus/050_mobileone.html

4 OCNモバイルONEの新コースは、最低利用期間が存在しない(いつ解約しても違約金0円)

最後の利点として、他社への乗り換え料金が発生しないのがあります。

キャリアも格安SIMも、ほとんどが数ヶ月の最低利用期間を設けています。
その期間内に解約すると、違約金が発生してしまうんですね。

これが足かせになって気軽に乗り換えができなくなりますが、OCNモバイルONEの新プランには最低利用期間がありません。
つまりいつ他社へ乗り換えても、違約金なし。
常に他社のお得なものへ変えられるのは、魅力的です。

OCNモバイルONEとマイネオの料金の比較

では実際に、音声通話SIMをマイネオからOCNモバイルONEへ乗り換えた結果、毎月のコストはどのくらい変わったのか計算してみます。
(通話代をのぞいた、月額最安プランのみの比較です。
比較がわかりやすいように、050 Plusセット割もOCNモバイルONEとして計算しました)

【音声通話SIMの月額最安プランの比較】

mineoOCNモバイルONE
月額料金1310円(Aプラン・500MB)1180円(1GB)
OCN光モバイル割-200円
050 Plusセット割-150円
合計1,310円(税別)830円(税別)

月額料金の差額が、税込で528円となりました。
カフェでラテが一杯飲めますね。
年額に換算すると、税込で6,336円です。

乗り換えの手間と初期手数料の数千円を支払えば、年間6,336円が節約できるのです。
なぜもっと早くやらなかったのか、と思ってしまいました。

自分にとってお得な携帯会社を

SIMカードは、携帯をまったく使わなくても基本料が発生します。
音声通話自体はLINEやメッセンジャーで代用できますから、基本料を重視したほうが良いですね。

OCNモバイルONEは自分が使っている環境では、メリットが大きかったです。
皆さんも、自分にとって最適な携帯会社を選んでください。

OCNモバイルONE 公式サイト >> 月額968円(税込)からの格安SIM「OCN モバイル ONE」

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。