MacBook Pro13インチと16インチのどちらを買うべきか。ポイントは、価格・画面サイズ・重量

13インチと16インチ、この2つのラインナップは絶妙です。

ぼくはMacBook Proが好きで、2013年に15インチを買って以来、買い替えながら使い続けています。
現在、13インチ(2020)と16インチ(2019)の2台を使い分けています。

MacBook Proには13インチ16インチとの2サイズがあるわけですが、どちらを選ぶか迷いますね。

そこでこの記事では、13インチと16インチのどちらを選ぶべきか解説します。
ポイントは、価格・画面サイズ・重量の3つです。

SPONSORED

MacBook Pro13インチと16インチのどちらを買うべきか。ポイントは、価格・画面サイズ・重量

MacBook Pro

「価格と画面サイズと重量がポイント」と書くと、「処理能力はどうした」とツッコミが入りそうです。

もちろん処理能力は大切ですが、それより大切なのは「使う人が何をやるのか」ですね。

ポルシェやフェラーリがいくら優れた車だとしても、市内のスーパーマーケットへ行くのが使用用途であれば、コンパクトカーを選んだほうが便利。
スペックだけで計れないのが、パソコンのおもしろいところです。

スペックだけを見れば、明らかに16インチ

もしMacBook Proで長尺の動画編集を毎日やったり、巨大なデータサイズのRAWデータの画像編集を朝晩やるのであれば、16インチを選んだほうが断然良いです。

そもそも13インチと独立GPUも搭載する16インチとでは、GPUに差がありすぎます。
性能だけを見るなら、選択の余地はありません。

MacBook Pro16インチの性能について、以下に詳しく書きました。

そのためこの記事では、そこまで高負荷な作業はしない人へ向けて書くことにしました。
ではどういった人へ向けて書いているか?

この記事の想定読者

この記事は、以下のような人へ向けて書いています。

・毎日、数時間は必ずパソコンを使う
・主な利用用途は、ネットサーフィン、音楽・動画視聴、メール返信、テキスト作成
・たまに一眼レフカメラの画像編集
・たまに2〜5分程度の動画編集
・ゲームはしない

おそらくこのくらいの使い方が、いちばんのボリューム層でしょう。
ちなみに自分もここに入ります。

最重要は、処理能力ではない

ガツガツ画像編集や動画編集をやるわけでない、でも毎日何かしらでMacは使う。
そういったユーザーにとって、CPUやGPUの違いはそこまで大きな要素ではありません(もちろん、高いに越したことはないですが)。

こういった層にとって、速度は重要であっても最重要ではないんです。
最重要なのは、価格・画面サイズ・重量の3点なんですね。

価格の違い

では問題の価格の違いから、比べていきます。

表にしたのが、以下になります。
すべてカスタムなしの、いわゆる吊るしの製品です。
価格は税込表記にしました。

13インチの価格

下位モデル上位モデル
プロセッサ第8世代の1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ第10世代の2.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
グラフィックIntel Iris Plus Graphics 645Intel Iris Plus Graphics
メモリ8GB 2,133MHz LPDDR3メモリ16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
ポートThunderbolt 3ポート x 2Thunderbolt 3ポート x 4
価格148,280円(256GB)
170,280円(512GB)
207,680円(512GB)
229,680円(1TB)

16インチの価格

下位モデル上位モデル
プロセッサ第9世代の2.6GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
グラフィックAMD Radeon Pro 5300M(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)AMD Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
メモリ16GB 2,666MHz DDR4メモリ16GB 2,666MHz DDR4メモリ
ポートThunderbolt 3ポート x 4Thunderbolt 3ポート x 4
価格273,704円(512GB)317,680円(1TB)

月の使用額に約2,500円の差がある

比較しやすいよう最高モデル同士で価格差を見てみると、88,000円の差があります。
倍率にして、1.38倍です。

3年間使用するとして、月割にしてみます。

最高スペックの13インチが229,680円ですから、ひと月に掛かる費用が6,380円。
さらに日割りにすると、約209円です。

一方、最高スペックの16インチは、317,680円です。
3年間使用するとして、ひと月にかかる費用が8,824円。
日割りにすると、約290円です。

雑な計算で恐縮ですが13インチと16インチでは、3年間使用した場合、月の費用に約2,500円の差がありますね。

価格とは、その人の主観的な基準

価格は、モノを買う際に一番最初にチェックする項目です。
それは高いか安いかといった、単純な話ではありません。

例えば100万円は高額ですが自家用車を買う際には、それだけの金額を当たり前のように捻出します。
自動車が必要な人にとって、それだけの価値を置いているからです。

一方、自動車が不必要なひとにとって、自動車に100万円を出すのは見合わないと感じるでしょう。

価格はあくまでも、「そのものに対して、それだけの価値をおいているか」という主観的な基準になります。

購入の価値基準は人それぞれである

つまり16インチは確かに13インチに比べ高額だけど、それだけの価値を見出しているのであれば、その価格は成立するわけです。
逆に言えば、それほどのスペックを必要としない人にとって、「16インチは、自分へ与えられる価値に対して価格が高い」となります。

購入の価値基準は人それぞれであって、それが冒頭で「大切なのは使う人が何をやるのかだ」と書いた理由です。

では13インチと16インチの購入の価値基準は、どのようなものになるのでしょうか。
価格の項では、「それだけの価格差がある」という認識にとどめ、残りの画面サイズと重量を見てみましょう。

画面サイズ

MacBook Pro
16インチのベゼル幅は狭く、よりスタイリッシュな印象がある。

画面サイズは、ソフトウェアではなくハードウェアの問題です。
「 13インチが気に入らないから、16インチにサイズアップする」とはいきません。
それだけに、サイズ選びは慎重にいきたいところです。

16インチは作業するのに適したサイズ

もし作業効率を最重要に考えるなら答えは一つです。
16インチにすべきです。

16インチは、大画面というわけではありません。
据え置きのデスクトップPCに比べれば、小さい部類に入ります。

しかし使ってみて思うのは、16インチは決して小さくはないということです。

何をやるにも、不自由を感じません。
今、この記事を16インチのMacBook Proで書いています。
テキストエディタを開き、その横にグーグルクロームを置いています。

16インチではこのふたつのソフトを並べても、窮屈に感じません。
視界にちょうど収まるサイズなため、大画面より返って没入感が高いくらいです。

つまり効率がよいし集中もできる。
作業するにはとても適した大きさだと思います。

13インチは窮屈

一方、13インチですが、画面サイズは小さいと言わざるを得ません。

横幅もそうなんですが、特に窮屈に感じるのが縦幅です。

普段、ぼくたちはスマホの縦長の画面に慣れています。
ウェブページは構造的に縦長になっていますし、テキストエディタも上から下へ縦に進んでいきます。
13インチの縦幅は、作業をしていてストレスを感じるサイズなんです。

最重要項目が作業効率であれば、13インチより16インチのほうが適した選択と言えます。

重量について

もしMacBook Proを頻繁に外へ持ち出すなら、重量はとても大切な要素になります。
重量の比較を表にしたのが、以下になります。

13インチと16インチの重量比較

13インチ16インチ
1.4kg2.0kg

16インチは、気力を奪われる重さ

正直言って、16インチの2kgはとても重いです。
購入当初に何度か外へ持ち出しましたが、リュックに入れた重みを肩にずっしり感じまじた。
その重さは、エクササイズを兼ねているなら許せるレベルです(冗談抜きで)。

2kgといえば、500ミリのペットボトル4本分の重さ。
未開封500ミリペットボトル4本を、ずっとカバンに入れているようなものなんです。
想像しただけで、ちょっとげんなりしませんか。
一日、リュックに入れて持ち歩いていれば、それだけで気力を奪われます。

13インチは許容範囲内

一方13インチも、それほど軽量とは言えません。
1.4kgは、ラップトップとしては重量のあるほうです。

でも持ち運びに関しては、それほど苦に感じません。
十分に許容範囲内です。

16インチは、ラップトップパソコン(膝上パソコン)に適さない

利用シーンとして、座りながら両膝にMacBook Proを置いての作業があります。

ラップトップパソコンを直訳すると、膝上パソコン。
デスクなしでも作業できることからこの名称がついていますが、16インチは膝上に置くと時間とともに痛みを感じます。
ずっしりと重みがかかり、単純に肉体にダメージがあるんです。

13インチは膝上に置いても、そのような苦痛を感じません。
重さという点では、13インチが圧倒的に使いやすいと言えます。

結論

ここまで、「価格・画面サイズ・重量」の3点から13インチと16インチを比較してきました。
結論を書くと、それぞれのMacBook Proに合っているのは以下のような人です。

それぞれのサイズに合っている人

【13インチに合っている人】
・毎日、外へ持ち歩く
・作業効率をそれほど重視しない
・場所を問わず使いたい

【16インチに合っている人】
・作業は自宅がほとんど
・3年間の使用で、月に8,000円程度以上の価値を創出できる
・なにより作業効率を重視

どちらか1台なら、13インチ上位モデル

しかし、このふたつのケースに当てはまらない人もいるでしょう。

例えば、毎日自宅で長時間使うし、外へも毎日持って出かける。
フリーランスの多くはそういった働き方の人たちです。
作業効率重視の人たちですが、それでも16インチを毎日持ち歩くのはしんどいと思います。

ぼくがどちらか一方だけ選ぶとしたら、13インチの上位モデルにしますね。
性能が落ちるのは承知の上で、16インチを毎日持ち歩くのは無理があるように思うからです。

まとめ

MacBook Proの13インチ16インチは、なかなか絶妙なラインナップです。
使い方によって、明確に役割を分けられます。
以前の13インチと15インチのラインナップでは、それほどメリハリを感じませんでした。
それだけに、自分がMacBook Proで何をやるのか整理して、より適切な選択をしてほしいです。

MacBook Proをこれから買う人にとって、この記事が少しでも参考になれば嬉しく思います。

Macのいちばんお得な買い方の考察

以下の記事で、Macのいちばんお得な買い方についての考察をしています。
参考にしてみてください。

ぼくの作業環境の紹介を、こちらに書いています

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。