Apple Watch Series6の開封レビュー。ファーストインプレッションとSeries4との違い

2年ぶりに新モデルを買いましたが、外観はまったく変わらずです。

Apple Watch Series6を購入しました。
Series4から2年ぶりです。

ソフトウェアについては改めて書きますが、今回は開封のレビューを写真とともに紹介します。

SPONSORED

Apple Watch Series6の開封レビュー。ファーストインプレッションとSeries4との違い

では開封していきます。
いつものプリントのダンボール箱が到着しました。

Apple Watch Series6
Apple Watch Series6

中を開けると、Apple Watch Series6の化粧箱がすっぽり入っています。

Apple Watch Series6

ダンボールから出しました。
化粧箱はSeries4に比べて、高さが1.7mmほど低くなっていました。
USB変換アダプタがなくなっていたので、その分、箱も小さくできたようです。

Apple Watch Series6

折り紙みたいに、Apple Watchとバンドの箱が包まれていました。
内面のプリントがポップで素敵です。

Apple Watch Series6

まずはApple Watchから見ていきます。

Apple Watch Series6

蓋を開けました。

こうして箱を見ると、ベースカラーがすべて白になっています。
Appleの基本カラーはホワイトなのだと理解できます。

Apple Watch Series6

取扱説明書を取ると、その下に充電ケーブルがありました。

Apple Watch Series6

取扱説明書はAppleにしては珍しく、詳しい操作方法が記載されています。
Apple Watchは、健康器具と言って良い製品です。
年配の方のユースを見越して、使い方を書いているのだと思います。

Apple Watch Series6

充電ケーブルです。
USB-Cではないのが、辛いところです。

Apple Watch Series6

肝心のApple Watch本体を取り出しました。
白い厚紙で包まれています。

Apple Watch Series6

表面はこんな感じ。
選んだのは、シルバーアルミニウムケースです。

Apple Watch Series6

裏面です。
Series6には、血中酸素を測定するセンサーが新しく付いています。

Apple Watch Series6

続いてバンドの箱を開けていきます。

Apple Watch Series6

三つ折りになっていました。
広げると取り付け方のイラストと、長さの異なる2種類のバンドを確認できます。

Apple Watch Series6

バンドを取り付けました。
ぼくは手首が細いので、短いバンドを選択。

ちなみに今回から、バックルのないループ状のバンドが登場しています。
そちらにしようかと少し迷いましたが、結構、合わなくて返品交換しているひとを見かけたんですよね。
返品交換は時間がかかるようなので、いつものスポーツバンドにしました。

アップルストアに行けば、自分にピッタリのサイズに測ってもらえるようです。
近くにアップルストアのある人でループ状のバンドを使いたい人は、試着してみるのが確実ですね。

Apple Watch Series6

それまで使っていたSeries4と並べてみました。
色の違いこそあれ、外観はほぼ同じです。

Apple Watch Series6
Apple Watch Series6

裏の皮膚との接触面は、センサーの違いでデザインが異なっています。

まとめ

Apple Watch Series6

以上、Apple Watch Series6の開封レビューでした。
外観上はSeries4と変わりません。
ということは、Series5と比べても変化がないのでしょう。

外観上の目新しさを求める人にとっては、物足りないデバイスかもしれませんね。

一ヶ月使ってみてのレビューです

Apple Watch Series6を一ヶ月使いました。
さらに健康管理デバイスとして優秀になったと感じましたね。

Apple Watchの健康管理機能を下記の記事にまとめました。

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。