Kindle端末の比較。自分の読書量に合わせて、最適な機種を選ぶ

KindleOasis

下位・中堅・最上位と、バランス良く揃っています。

Kindleとは、Amazonの電子書籍を読むための専用端末です。
今は3種類が出ていて、値段も機能も差があります。

ぼくは以前、Kindle Voyageという端末を使っていました。
こちらは廃番になってしまいましたが、すごく使いやすく読書がはかどった記憶があります。

Kindle Voyageは旅行中になくしてしまったため、「そろそろKindleを買い直そうかな」と思っているところ。

そこでこの記事では、Kindleの3機種を比較検討してみます。
購入を考えているひとの、ご参考になれば幸いです。

SPONSORED

Kindle端末の比較。自分の読書量に合わせて、最適な機種を選ぶ

いま出ているKindle端末は、以下の3機種です。

Kindle
Kindle Paperwhite
Kindle Oasis

これらの詳しい違いは後述しますが、ざっくり書くと値段とそれに伴う機能が異なっています。

下位モデルと最上位モデルで、3倍以上の価格差

一番安い端末がKindleで、通常価格が8,980円。
1番高い端末のKindle Oasisは容量や回線の違いなどで値段が変わってきますが、通常価格で29,800〜40,980円します。

つまり下位モデルと最上位モデルで、価格差は3倍あるわけです。
そのちょうど中間に、Kindle Paperwhiteがあります。

そもそもKindleって必要なの?

KindleOasis

Kindleは一般的なタブレットとは違い、できることが限られています。
それは「Amazonがリリースしている、電子書籍を読むこと」です。
一応、PDFも取り込んで読めますが、購入する人の目的は「Kindle書籍の読書」に間違いはないでしょう。

でもKindle書籍って、スマホでもパソコンでもiPadでも読めますよね。
なのにわざわざKindleを買う意味ってあるんでしょうか。

これは買ってみないとわからないんですが、Kindleで本を読むとともかく読書がはかどるんです。

Kindle端末のメリット

ではここから、Kindle端末のメリットを書いていきます。
以下、5点のような感じです。

1 軽くて持ちやすい
2 ほどよい画面サイズ
3 3 ブルーライトを発光しないので、睡眠に影響しない
4 ストアから選んで、すぐにダウンロードできる
5 バッテリーが保つ

ひとつずつ説明します。

1 軽くて持ちやすい

読書するときに、端末の重量はとても大切です。
片手で苦もなく長時間持てて、なおかつ視認性の確保できるのが重要。

その点、Kindleは、それぞれ200グラム以下です。
大型スマホよりちょっと重いくらいですから、ベッドに寝転がりながら楽な姿勢で読書を楽しめます。
これがまず大きいです。

2 ほどよい画面サイズ

軽いのが良ければスマホで読めばという感じですが、Kindleは6インチ〜7インチと画面サイズもほどよいです。
10インチくらいになると、大きくて扱いづらくなります。
視認性と持ちやすさを備えた、バランスの良いサイズ感です。

3 ブルーライトを発光しないので、睡眠に影響しない

Kindleのディスプレイは、スマホやタブレットと違いブルーライトをほとんど発光しません。
そのため寝る前にベッドで読書をしても、睡眠に悪影響を及ぼさないんですね。

もちろん紙の本もブルーライトなど発光しませんが、暗い場所だと読めません。
一方、Kindleは、ディスプレイを照らすフロントライトがついていて、暗い場所でも問題なし。
ライトが直接目に当たらないため、目も疲れにくいです。

4 ストアから選んで、すぐにダウンロードできる

iPadでKindle書籍を読んでいると、ちょっとストレスに感じます。
アプリの仕様上、新しく本を買うには、一旦WEBのAmazonから購入する手間が生じるんです。

KindleはAmazonが発売している端末ですから、もちろん端末内のストアで本を買って、即座にダウンロードが始まります。
これもストレスのかからない大きなポイント。

5 バッテリーが保つ

バッテリーが保つのも、Kindleの特徴です。
ディスプレイにパワーがかからない分、バッテリーの消費が少なくて済むんですね。

公式サイトを見ると、どの端末も一回の充電で数週間利用可能としています。
実際、以前Kindle Voyageを使っていたときには、充電をしていた記憶がそんなにないです。
毎日、相当ヘビーに使っていましたが、電池が保たないマイナスイメージがないですね。

デジタル機器は、バッテリーがなくなると何の役にも立ちません。
バッテリーが保つのは、最大と言っていいくらいのメリットです。

Kindle端末のデメリット

もちろんKindleには、デメリットもあります。

大きなデメリットは、読書しかできないことです。
もうひとつは、ディスプレイがグレースケール(カラーじゃない)なことですね。

ただこれらデメリットは、読書リーダーとしてみるとメリットになります。
ネットを見れないこともディスプレイが白黒なことも、どちらも集中して読書をするには好条件。

つまりともかく読書することに特化した端末が、Kindleというわけです。

3機種のスペックと料金比較

では発売されている3機種のKindleを、価格やスペックで比較してみます。
わかりやすく表組みにしたのが以下になります。

KindleKindle PaperwhiteKindle Oasis
ディスプレイサイズ6インチ6インチ7インチ
容量8GB8GB/32GB8GB/32GB
解像度167ppi300ppi300ppi
バッテリー持続時間数週間数週間6週間
防水機能なしIPX8等級IPX8等級
色調調節ライトなしなしあり
明るさ自動調節なしなしあり
自動画面回転機能なしなしあり
ページ送りボタンなしなしあり
カラーブラック、ホワイトブラック、トワイライトブルー、プラム、セージブラック
接続wifiwifi/wifi+無料4Gwifi/wifi+無料4G
本体サイズ160 mm x 113 mm x 8.7 mm167 mm x 116 mm x 8.18 mm159 mm x 141 mm x 3.4-8.4 mm
重量174グラムwifi:182g/wifi+無料4G:191g188グラム

3機種のオプション別価格と良い点・今ひとつな点

Kindleは容量や接続方法によって、価格が異なってきます。
それぞれの端末のオプション別価格と、良い点・今ひとつな点をご紹介していきます。

Kindle

まずは下位モデルのKindleから。

オプション別料金

広告つき8,980円
広告なし10,980円

広告つきモデルではありますが、10,000円を切るのが魅力的ですね。

良い点

Kindleの良い点は、安いことです。
もう、正直言ってこれだけと言っていいでしょう。

広告付きの最安モデルが8,980円と、非常に手の出しやすい価格です。
「Kindleが自分に合うかわからない」といった方にとって、低価格モデルがあるのはありがたいですね。

今ひとつな点

ただし価格が安い分、端末としての性能は他の2機種に比べて1番低いです。

もっとも気になるのが、解像度の低い点です。
普段iPadなどのキレイな画面に見慣れていると、荒い表示が気になってくるかもしれません。

またフロントライトも他の2機種に比べて暗いですし、「毎日、寝る前に1時間使う」といったヘビーユーザーなら避けたほうが良いでしょう。

Kindle Paperwhite

次に、中堅モデルのKindle Paperwhiteをご紹介します。

オプション別料金

8GB・広告つき・wifi13,980円
8GB・広告なし・wifi15,980円
32GB・広告つき・wifi15,980円
32GB・広告なし・wifi17,980円
32GB・広告なし・4G22,980円

良い点

Kindle Paperwhiteの良い点は、価格と性能のバランスが良いことです。

広告つき8GBの最安モデルで13,980円。
ディスプレイの解像度も高く、防水機能も付いています。
Kindleよりも、かなり幸福度は高いと思います。

ちなみに無料4Gモデルは、32GBの広告なしのみ選択可能です。

今ひとつな点

ほぼ欠点はないように思いますが、上位機種のKindle Oasisに比べると性能面で少し物足りない部分もあります。

フロントライトの数が少なくやや暗いことと、ページ送りの物理ボタンがないことです。
でもこれらは、それほど大きな欠点ではないですね。

Kindle Oasis

最後に上位機種のKindle Oasisをご紹介します。

オプション別料金

8GB・広告つき・wifi29,980円
8GB・広告なし・wifi31,980円
32GB・広告つき・wifi32,980円
32GB・広告なし・wifi34,980円
32GB・広告なし・4G40,980円

良い点

Kindle Oasisの良い点は、性能が最も優れているところです。

下位機種の機能はすべて備えた上、画面が最も明るく色調も変えられます。
防水はもちろん、ページ送りの物理ボタンもついています。

1番の特徴は、片手持ちに特化した形状ですね。
本体の片側に余白があり、しっかりグリップできます。
ストレスの最も少ない読書体験ができそうです。

Oasisも4Gモデルは、32GB広告なしのみになります。

今ひとつな点

Kindle Oasisの唯一と言っていい欠点が、価格が高いことです。

本を読むことに特化した読書専用端末で、最安価格が29,980円です。
あと1万円足せば無印iPadが買えてしまいますから、どれほど高価かイメージできるかと思います。

Kindle Unlimitedには、ぜひ入りたい

Kindle端末を購入したら、月額980円の読み放題サービスKindle Unlimitedにも加入したいところです。
専用端末と読み放題サービスの組み合わせは、快適そのものです。

Kindle Unlimitedについての記事は、こちらに書きました。

まとめ

ここまで、KindleKindle PaperwhiteKindle Oasisの3機種を見てきました。
ひとつ言えるのは、やはり上位機種になるほど幸福感はアップすることです。

ただ上位機種が必要かどうかは、「どのくらい読書するか」によるかなと思います。

毎日、1時間以上本を読むひとであれば、中・上位機種を選択したほうがコスパが高くなりますし、月に一冊程度であればKindleかもしくはスマホやパソコンで読んだほうが良いと思います。

自分の読書量に合わせ、最適な端末を選んで見てください。
この記事がその参考の一つになれば幸いです。

Kindle Oasisを購入しました

この記事に書いたように検討した結果、Kindle Oasisを買いました。
良い端末です。
レビューを以下に書きました。

SPONSORED

Hasselblad 500C/Mで、写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。