Apple Watchは、優秀な健康管理デバイス。Series 6はチャージ短縮でさらに使いやすくなった

世界中のひとの健康寿命を、Apple Watchは延ばすでしょう。

2020年9月18日に発売がスタートした、Apple Watch Series6
一ヶ月使ってみて、改めてApple Watchが優れた健康管理デバイスだと再確認しました。

そこでこの記事では、健康管理デバイスとしてのApple Watchの素晴らしさをレビューします。

SPONSORED

Series 6はチャージ時間が短縮で使いやすくなった

Series6は前モデルに比べ、見た目に変化はありません。
機能的に目新しいものは、血中酸素濃度を測れるようになったくらい。

自分が思ういちばんの刷新ポイントは、チャージ時間が短縮したことです。

これにより睡眠ログも、安心して取れるようになりました。

AppleWatchの欠点は、バッテリーが保たないこと

Apple Watchの1番の欠点は、バッテリーが保たないことです。

一応、Appleの発表では18時間使用可能となっています。
実際に使うとそこまで短い印象はないですが、満充電から一日半ほどで使い果たす感じ。

睡眠中にチャージすれば問題ないですが、Apple Watchで睡眠ログを取りたいニーズもあるはずです。
となると、「いったい、いつ充電すればいいのだ」と不便に思ってしまうのです。

Series6は、目に見えてチャージ時間が短くなった

それまで使っていたSeries4は、日中使ったあとに充電すると、満タンまで1時間くらい掛かりました。
そのため、日中は充電のタイミングが取れなかったんですよね。
結果的に睡眠中に充電することが多くなり、睡眠ログは取れなかったです。

それがSeries6のチャージ時間は、体感でSeries4の半分くらいに減ったように思います。

使い勝手が良くなり、睡眠中も着けたまま眠って、毎日睡眠ログを取るようになりました。
チャージ時間の短縮は小さなアップデートですが、健康管理デバイスにとっては大きい出来事です。

チャージするタイミングはシャワーと入浴時

ほとんどのひとが、毎日シャワーを浴びて髪や体を洗うと思います。
多い人なら、1日2回シャワーする人もいるでしょう。
Series6はそのシャワーのタイミングで充電をすれば、かなりの分量をチャージできます。

さすがに、一回のシャワーで満充電にはならないと思いますが…。
例えば朝に10分シャワーを浴び、夜に20〜30分入浴する。
この2回のタイミングで充電すれば、満充電に近くなるでしょう。

「シャワー・入浴中に、Apple Watchチャージ」を習慣にすれば、睡眠中も安心して使えますね。

Apple Watchは、優秀な健康管理デバイス

ではここからApple Watchが実際、どのくらい健康管理をしてくれるのか書いてみます。
まとめると、以下の8点です。

  1. アクティビティログで、率先して身体を動かすようになる
  2. ワークアウトで運動が続く
  3. 正確な睡眠ログを取れる
  4. 心拍数を測れる
  5. 騒音を感知
  6. 手洗いの時間を測ってくれる
  7. 呼吸リマインダー
  8. 倒れたことを感知して、通報してくれる

1. アクティビティログで、率先して身体を動かすようになる

Apple Watch アクティビティログ

アクティビティログは、Appleの偉大なる発明とも言うべき機能です。

  • ムーブ
  • エクササイズ
  • スタンド

これら3つが、リング状に表示されます。
リングは1日に必要な活動量を表しており、活動するに連れリングが進んでいきます。
つまりリングを最後まで閉じられれば、その日の活動量は合格となるわけです。

特に座りっぱなしのデスクワーカーにとって、1時間ごとに立つことをうながす「スタンド」は、地味だけどありがたい機能です。
「これだけで、健康寿命が延びるのでは」と思います。

アクティビティログは、運動の習慣を作ってくれる

自分はこのアクティビティログのおかげで、ウォーキングの習慣ができました。

これまでも「運動しなきゃな」と思いつつ、面倒で先延ばしにしてたんですよね。
でもランニングやジム通いしなくても、数キロのウォーキングだけでリングは進められます。
リングを閉じたい一心で散歩するようにしたら、いつの間にか毎朝1時間ウォーキングするように。

それほど激しい運動はしないためムーブはいつも閉じきれませんが、それでもApple Watchを着けてから健康的になったと思います。

2. ワークアウトで運動が続く

Apple Watch ワークアウト

リングの「エクササイズ」と連動するのが、ワークアウトです。
種類は以下の18種類。

  • ウォーキング
  • ランニング
  • サイクリング
  • 室内ウォーキング
  • 室内ランニング
  • インドアバイク
  • エリプティカル
  • ローイング
  • ステアステッパー
  • 高強度インターバルトレーニング
  • ハイキング
  • ヨガ
  • 機能的筋力トレーニング
  • ダンス
  • クールダウン
  • コアトレーニング
  • プールスイミング
  • オープンウォータースイミング

聞き慣れない名前は、スポーツジムに置いてある機器名のようです。

iPhoneからエクササイズの進捗を確認できる

ウォーキングやランニングなど運動を始める前にアプリを起動し、「開始」をタップすると計測がスタートします。
トータルのワークアウトが30分を越えると、アクティビティログの「エクササイズ」のリングが閉じる仕組み。

うっかり「開始」ボタンを押し忘れても、運動していることをApple Watchが検知し、「◯◯をしていますか?」と確認してくれます。

エクササイズはiPhoneのフィットネスアプリで、進捗を確認できます。
毎日の運動を自動的に記録してくれて便利です。
たまに見返すと、エクササイズの意欲が継続します。

3. 正確な睡眠ログを取れる

Apple Watchを着けたまま眠ると、睡眠ログを取れます。

ただAppleのヘルスケアアプリでは、睡眠時間しか測れません。
おすすめなのは、サードパーティ製アプリのAutoSleepです。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

Tantsissa¥490posted withアプリーチ

これを着けると以下のことがわかります。

  • 睡眠時間
  • 睡眠効率
  • 良質な睡眠
  • 心拍数の低下
  • 深い睡眠
  • 起きたときの快適さ
  • 睡眠の貯金 / 借金
  • 睡眠 / 起床の一貫的な傾向

毎日、睡眠ログを取ると何が良いか。
よく眠れた日とうまく眠れなかった日を可視化でき、よりよい睡眠の対策を取れるようになります。

AutoSleepについては、以下の記事に詳しく書きました。

4. 心拍数を測れる

Apple Watch 心拍数

心拍数とは、1分間に心臓が拍動する回数です。

睡眠ログに密接に関係していて、通常、眠っているときは心拍数が低くなります。
心拍数の上下で、寝ているかどうかを測っているんですね。

睡眠時無呼吸症候群になると、呼吸を取り込むために心拍数が高くなります。
つまりApple Watchを着けたまま眠ると、心拍数から健康状態がわかり、睡眠時無呼吸症候群と判明すれば対策を打てるというわけです。

エクササイズ中も心拍数が出ますので、持久力の向上とともに運動中の心拍数が低くなっていくのが確認できます。

5. 騒音を感知

Apple Watch ノイズ

車の往来の激しいところや工事中の歩道を横切ると、たまにApple Watchが振動して知らせてくれます。
その内容は、「この騒音レベルに長時間いると、聴覚を損ないますよ」というアラートです。

人間の耳はある程度の騒音を我慢できますが、耳や脳は知らずにダメージを受けています。
ダメージを受けるレベルの騒音を感知して、知らせてくれるのです。

6. 手洗いの時間を測ってくれる

Apple Watch 手洗い

新型コロナの影響で、手洗いが習慣になった人は多いと思います。

手洗いの目的は、除菌です。
きちんと除菌するには20秒の手洗いが必要とされており、Apple Watchはその時間を測ってくれます。

手洗いを途中でやめると、「20秒洗うように」と注意喚起。
20秒手洗いをすると、グッドボタンが表示されます。

20秒は意外と長い時間ですが、カウントダウンされると最後までやりたくなってきますね。
以下の設定で、外出から家に戻ると手洗いアラートが出るようにできます。

【帰宅時の手洗いアラート・オン】
設定 > プライバシー > 位置情報サービス > 手洗い > 「常に」と「正確な位置情報」をオンに

7. 呼吸リマインダー

Apple Watch 呼吸リマインダー

仕事などに集中すると、いつのまにか呼吸が浅くなってきます。
脳に酸素が行き渡らず集中力がなくなってきますし、緊張状態が続くため心に余裕もなくなってきます。

Apple Watchは定期的に、「しばらく深呼吸しましょう」と呼吸を促してくれます。

毎日、忙しくしていると、深呼吸する機会はそれほどないはず。
呼吸に意識を向けられるのもApple Watchの利点です。

8. 倒れたことを感知して、通報してくれる

Apple Watchには、転倒検出機能がついています。
これは文字通り、Apple Watchを着けている人が転倒するとそれを検知し、警告音とともに緊急通報サービスへの連絡をうながしてくれるものです。

場合によっては意識を失い、SOSの通報をできないケースもありますね。
そのためもし1分間なんの動作もなければ、自動的に通報が開始されます。

この機能のおかげで一命をとりとめたひとのニュースが、世界各地から伝えられています。
健康寿命を延ばすだけでなく、命そのものを救ってくれるのがApple Watchというわけです。

まとめ

Series6からバッテリーのチャージ時間が短縮し、より健康管理デバイスとして使いやすくなりました。

たくさん機能を紹介しましたが、ほぼすべてApple Watchが自動でやってくれることばかりです。

例えば手洗いの時間は、ストップウォッチでいくらでも計測できます。
でも手洗いのたびにそんなことをするのは面倒だし、計り忘れもしょっちゅう発生するでしょう。

こういった健康に関するちょっとしたこと(でもリターンの大きいこと)を自動でやってくれるのが、Apple Watchの優れた部分です。

一日中、Apple Watchを着けるのは、特に難しいことではないです。
そしてその見返りは、何者にも変えられないあなたの健康的な生活となります。

Apple Watchが気になっている人は「健康寿命を延ばす、健康管理デバイス」として、購入を検討してみてください。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。