SidecarでiPadをMacのセカンド・ディスプレイに。作業効率を高める使用方法を解説

Sidecarで、iPadがさらに輝きます。

iPadを買ったはいいが、「あんまり出番がないな…」とホコリをかぶっていませんか。
MacとiPhoneがあると、その中間サイズのiPadは意外と使う機会がなくなります。
そんなときはAppleのSidecar機能を使って、iPadをMacのセカンド・ディスプレイとして使うのをおすすめします。
デュアル・ディスプレイとアップルデバイス同士の連携で、作業を効率化できます。

そこでこの記事では、Sidecarを使ったiPadのセカンドディスプレイのメリットと、設定方法を詳しく解説します。

SPONSORED

SidecarでiPadをMacのセカンド・ディスプレイに。作業効率を高める使用方法を解説

この記事では最初に、サイドカーを使うメリットと適したアプリを紹介します。
その後に具体的な設定方法と使い方、注意点を説明します。

3つのメリット

まずSidecarを使うことのメリットから。
まとめると以下の3つです。

  1. ディスプレイが広くなる
  2. 同じマウスとキーボードで操作できる
  3. アップルペンシルを使い、iPadならではの作業を円滑にできる

1. ディスプレイが広くなる

Sidecarを使うと、iPadをMacのディスプレイにつなげられます。
ディスプレイの領域がiPadの大きさ分、単純に大きくなりますので、それだけ作業効率がアップします。

iPad側にカレンダーやリマインダーなどタスク管理アプリを常駐させたり、ブラウザ用の画面に使ったりと、使用用途が広がって便利です。

2. 同じマウスとキーボードで操作できる

Sidecarのポイントは、iPadがセカンド・ディスプレイになる点です。
iPadをただMacのそばに置いているだけでは、操作が別になるため面倒なんですよね。

セカンド・ディスプレイ化してしまえば、Macで使っているキーボードとマウスを使い、そのままiPadを操作できます。
これがかなり快適です。

3. アップルペンシルを使い、iPadならではの作業を円滑にできる

iPadには、専用のデバイスとしてアップルペンシルがあります。
Sidecarを使えば、アップルペンシルで便利な操作が可能になります。

例えばMacでスクリーンショットを撮ると、タイムラグなしにそのままiPadのアップルペンシルで描写が可能です。
iCloudやDropboxで同期させることなく、ほぼリアルタイムで書けてしまいます。

セカンド・ディスプレイに相性のいいアプリ

セカンド・ディスプレイで作業領域が広くなるとは言え、iPad側に何をおいてもいいわけではありません。
やはり、セカンド・ディスプレイと相性のいいアプリは存在します。

自分が思う相性の良いアプリは、以下の6つです。

  1. カレンダー
  2. ウェブブラウザ
  3. PDFなど資料
  4. Evernote
  5. ミュージックアプリ
  6. Adobeソフト

1. カレンダー

Sidecarと相性の良いアプリの筆頭は、Macのカレンダーです。
作業しながら常にカレンダーが視界に入っていると、スケジュール管理の意識が高まりますね。
スケジュール調整も、すぐに対応できます。

2. ウェブブラウザ

ウェブブラウザは、最もよく使うアプリですね。
例えばメインで使うものをMac側に表示し、サブのブラウザをiPad側に置いておく。
iPad側には、SNSなど常にチェックしたいものを常時表示すれば、簡単にマルチタスクが可能になります。

3. PDFなど資料

仕事でテキストを書いていると、資料のPDFを次々に表示することがあります。
PDFが複数になると、必要なものを探すのに手間がかかりますね。
そこでiPad側に最も頻繁に見るものを表示させておけば、探す手間を短縮できます。

4. Evernote

Evernoteのヘビーユーザなら、iPad側に常時表示させると便利です。
何かメモりたいときも、必要な資料を検索するときも、アプリを立ち上げる手間がなくなります。
Evernoteにその日のタスクを書き、常に表示しておくと生産性がアップしそうです。

5. ミュージックアプリ

SpotifyやAmazon Musicなどミュージックアプリを、iPad側へ表示しておいてもいいですね。
好きなミュージシャンを聴きながらアルバムジャケットを出しておけば、さらに心地よい時間を過ごせると思います。

6. Adobeソフト

AdobeソフトはiPad用のソフトが出ていますが、同期の手間がやはり面倒。
iPad側に表示させれば、アップルペンシルで細かい作業がすぐにできます。

Sidecarの設定条件

ではここから、Sidecarの設定について説明していきます。
Sidecarは、MacとiPadがあればすぐにできるわけではありません。
実現するためには、いくつかの条件があります。

対応機種

公式ページに、MacとiPadそれぞれのSidecar対応機種が書いてあります。
ここ2年くらいに購入したデバイスであれば、問題なく使えそうです。

【Mac 対応機種】

  • MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
  • iMac (2017 年以降に発売されたモデル、および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015))
  • iMac Pro
  • Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
  • Mac Pro (2019 年に発売されたモデル)

【iPad 対応機種】

  • iPad Pro (全モデル)
  • iPad (第6世代) 以降
  • iPad mini (第5世代)
  • iPad Air (第3世代)

対応OS

またOSも条件があります。

MacOS → macOS Catalina以上
iPad → iPadOS 13以上

最新版にアップデートしておけば、問題ありません。

同じApple IDでiCloudにサインインする

これは当然といえば当然ですが、MacとiPadは同じApple IDでiCloudにログインする必要があります。
これが条件として入らなければ、カフェやオフィスなど自分以外のひとのiPadがセカンド・ディスプレイ化してしまいますね。

無線通信の条件

Sidecarは、MacとiPadをコードでつなげずとも使用できます。
ただそのためにも条件が4つあります。

  • 両方のデバイスの距離が10メートル以内
  • ブルートゥース・Wi-Fi・Handoffを有効に
  • iPadでモバイルデータ通信を共有しないでおく
  • Macでインターネット接続を共有しないでおく

通常の設定のままであれば、特に問題ないでしょう。

デバイス同士のUSB-C接続も可能

MacとiPadをワイヤレスでつなげても、まったく遅延なくセカンド・ディスプレイとして使えます。
ただiPadの充電は減っていきますから、心配ならMacとUSB-C接続すると良いでしょう。
有線接続で反応がより良くなるのと同時に、MacからiPadへ給電されるため、iPad側のバッテリーの心配がなくなります。

Sidecarの設定方法

ではここから、Sidecarの設定方法を解説します。
といっても、拍子抜けするほど簡単です。

前述の設定条件を満たした上で、MacのメニューバーのAirPlayアイコンをクリック。
出現する以下の項目のどちらかをクリックすると、Sidecarが開始します。

  • 内蔵Retinaディスプレイをミラーリング
  • 個別のディスプレイを使用
Sidecar

AirPlayのアイコンが見当たらない場合は、下記を行なってください。

システム環境設定 > ディスプレイ > 「使用可能な場合はメニューバーにミラーリングオプションを表示」のチェックを入れる

Sidecar

ミラーリングか個別ディスプレイかを選ぶ

ミラーリングを選ぶと、Macに表示されているディスプレイとまったく同じものがiPadに表示されます。
一方、個別ディスプレイを選ぶと、Macのデュアル・ディスプレイとしてiPadが使えるようになります。

ミラーリングはAdobeソフトなどで、iPadをペンタブレット化するときに重宝しそうです。
ほとんどのケースは、個別ディスプレイとして使用することになるかなと思います。

ディスプレイの配置を調整する

Sidecarを開始したら、2つのディスプレイの配置を決めておきましょう。
マウス操作でディスプレイ間を移動する際、使いやすい配置にしておかないと作業効率が下がります。
やり方は、以下になります。

システム環境設定 > ディスプレイ > 配置

小さい方がiPad、大きいほうがMacのディスプレイなので、操作しやすい位置にどちらかを移動する。

Sidecar

基本的にはMacとiPadの実際の配置位置と同じにしておくと、混乱なく使用できるでしょう。

Sidecarの使い方

ではここからは、Sidecarの以下の使い方を解説します。

  • iPadへの画面表示のやり方
  • サイドバーとタッチバー

iPadへの画面表示のやり方

Macに表示している画面をiPad側へ移すには、2つ方法があります。

一つは単純に画面をiPadへドラッグする方法です。

もうひとつは、ウインドウの緑色の拡大ボタンを利用する方法。
緑色のボタンの上にポインタを置くと、表示するリストの一番下に「iPadに移動」があります。

Sidecar

これをクリックすると、iPad側へアプリの画面が移動します。
移動した際は、iPadの画面いっぱいにディスプレイサイズが調整されます。

ドラッグでもボタンでも、やりやすい方を選んでください。

サイドバーとタッチバー

iPadには、操作領域としてサイドバーとタッチバーが新たに表示されます。
この2つの解説をします。

サイドバー

Sidecarをスタートすると、iPadの画面左側にサイドバーが出現します。
キーボードを使うことなく、主要なキーをタッチで操作できます。

内容は上から順番に、以下のようになっています。

Sidecar
  1. フルスクリーン時に、メニューバーを表示する。
  2. ドックを表示。
  3. コマンドキー
  4. オプションキー
  5. コントロールキー
  6. シフトキー
  7. ひとつアクションを戻す
  8. キーボードを表示
  9. Sidecarの解除

通常の使い方をしていれば、それほど必要なものではないでしょう。
アドビソフトでペンタブレットのように使う場合は、キーボードに手を置き換えなくて良いので便利かもしれません。

タッチバー

MacBook Proのタッチバーを、Sidecarを使っているiPadでも表示できます。
マウスなどポインタでの操作は不可で、アップルペンシルもしくは指でのタッチのみ可能です。

サイドバーとタッチバーは、非表示にできる

iPadに表示するサイドバーとタッチバーは、あまり使いやすいと言えません。
表示する分、iPadのディスプレイの領域を使うので、非表示にしたほうが良いように思います。

非表示のやり方は、以下になります。

システム環境設定 > Sidecar > 「サイドバーを表示・Touch Bar を表示」のチェックを外す

Sidecar

Sidecar利用時の注意事項

Sidecarは便利な機能ですが、2つ使用上の注意点があります。

  1. iPadは指でのタッチ操作ができなくなる
  2. そのままでは、iPadアプリを使えない

1. iPadは指でのタッチ操作ができなくなる

iPadにカレンダーやウェブブラウザを表示させていると、つい指でタッチしてしまいます。
しかしSidecarは、あくまでもiPadをセカンド・ディスプレイにする機能です。
そのためiPadのタッチ操作は、Sidecarの使用中は無効になります。

ただ、以下のジェスチャは使用可能です。

  • スクロール:2 本指でスワイプ
  • コピー:3 本指でピンチイン
  • カット:3 本指で 2 回ピンチイン
  • ペースト:3 本指でピンチアウト
  • 取り消す:3 本指で左にスワイプか、3 本指でダブルタップ
  • やり直す:3 本指で右にスワイプ

2. そのままでは、iPadアプリを使えない

くどいようですが、Sidecarを使うことでiPadはMacのセカンド・ディスプレイになります。
そのためiPadにインストールされているアプリを使うには、iPadのメイン画面へ戻る必要があります。

戻り方はiPadの通常の操作通り、ディスプレイ下から一本指で中央へスワイプします。
するとアプリ一覧画面へ行くので、そこで使いたいアプリを選ぶか、もう一度下から上へスワイプして、iPadのホーム画面を表示させます。
Sidecarに戻りたいときは、ドッグの一番右に表示しているSidecarのアイコンをタップします。

まとめ

ここまで、Sidecarについて説明してきました。
iPadはとても便利なデバイスですが、MacとiPhoneを持っていると出番がなくなるケースがあります。
そんなときはMacのセカンド・ディスプレイとして使える、Sidecarを試してみてください。

単純にMacの作業領域が増えますし、Appleの行き届いたデバイス間の連携は使っていて心地よいです。
セカンド・ディスプレイとしてMacの横にiPadを常駐させると、iPadが再び輝き出すと思います。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。