Ulysses・Bear・iA Writer、この3つで最も執筆がはかどるMac用テキストエディタは?

いちばん優秀なエディタは、どれ?

Macでシンプルなテキストエディタと言えば、以下の3つが思い浮かびます。

これまでUlyssesをメインに使ってきましたが、「実際にいちばん使いやすいのはどれなのだろう」と疑問に思いました。
そこでこれら3つのエディタを、詳しく比較してみることにしました。

結論から書くと、執筆を仕事にしているなら、Ulyssesがやはりいいかなと思いました。

SPONSORED

Ulysses・Bear・iA Writer、この3つで最も執筆がはかどるテキストエディターは?

この記事では、Ulysses・Bear・iA Writerを、

  • 価格
  • 執筆環境
  • 執筆の快適さ
  • 執筆後のフロー

の4項目に分けてそれぞれの機能を比較し、順位をつけています。
最終的に1位の最も多いエディタはどれか、調べてみます。

価格

まず、価格から見ていきましょう。
3つのエディタは、サブスクリプション型と買い切り型に分けられます。

【サブスクリプション型】

  • Ulysses 月間プラン 650円、年間プラン 5,400円
  • Bear  月間プラン 150円、年間プラン 1,500円

【買い切り型】

  • iA Writer ¥3,680(Mac、iPhone、iPadと個別に販売)

唯一、買い切り型のiA Writerがもっとも安くつく

料金は、iA Writerが群を抜いてコスパが高いです。
一度、支払ってしまえば、追加料金なしでずっと使うことができます。

対してサブスクリプション型は、使用する限り払い続けなければいけません。

ただサブスク型も悪い面ばかりでなく、サポートが手厚かったり、アップデートが頻繁にあり、より使いやすくなるメリットもあります。

【価格の順位】

1 iA Writer
2 Bear
3 Ulysses

執筆環境

続いて、執筆環境を見ていきます。
項目は、以下の4つです。

  1. フォントの種類は豊富か
  2. フォントの大きさの調整はできるか
  3. 行の幅(一行の文字数)の調整はできるか
  4. 行間の調整はできるか

1. フォントの種類は豊富か

フォントの数は、Ulyssesが圧倒的に多いです。
Macに入っているフォントを、すべて使うことができます。

一方、Bearは、英語フォントの選択肢が7つ。
日本語は、システムフォントの明朝体とゴシック体の2種類のみです。

最も数が少ないのが、iA Writerです。
英語フォントが3種類だけ。
日本語は、システムフォントのゴシック1種類のみとなっています。

BearやiA Writerの表示フォントで満足できれば良いですが、他のものを使いたければUlyssesを選ぶほかありません。

【フォントの順位】

1 Ulysses
2 Bear
3 iA Writer

2. フォントの大きさの調整はできるか

フォントの大きさは、3つすべてのエディタで可能です。
Ulyssesは29段階、Bearは13段階、iA Writerは14段階に調整できます。

差はあるものの表示フォントの適したサイズは、それほど個人差がないと思います。
調節できる大きさが少ないとしても、支障はまったくないでしょう。

【フォントの大きさの順位】

1 Ulysses
2 iA Writer
3 Bear

3. 行の幅(一行の文字数)の調整はできるか

一行の文字数を変更することで、テキスト表示エリアの幅の調節ができます。

これは明確に差が出ました。
Ulyssesは、ディスプレイサイズ分だけ調節が可能です。
Bearもそれなりに細かく変えられます。
iA Writerは、調節できる行の文字数が3段階のみ。これは不便に感じます。

【行の幅の順位】

1 Ulysses
2 Bear
3 iA Writer

4. 行間の調整はできるか

快適な執筆の大きな要素が、行間の調整です。
適度に行間を変えられないと、目が疲れてしまいます。

UlyssesとBearは、細かく調整が可能です。
これはエディタとして当然のことと思いきや、iA Writerは行間の調整が不可でした。
かなり不親切な印象です。

【行間の調整の順位】

1 Ulysses
1 Bear
3 iA Writer

執筆の快適さ

続いて、執筆時の快適さを見ていきます。
こちらの項目は、5つあります。

  1. マークダウン記法できるか
  2. 選べるテーマの種類
  3. 文字数の確認方法は簡単か
  4. アウトラインを表示できるか
  5. タイプライターモードは使えるか

1. マークダウン記法できるか

マークダウン記法とは、見出しや強調、リストなどを、ショートカットで簡単に設定できる書き方です。
エディタによって、できるものとできないものがあります。

今回、紹介した3つのエディタは、どれもマークダウン記法を使用できます。

【マークダウン記法の順位】

1 Ulysses
1 Bear
1 iA Writer

2. 選べるテーマの種類

テーマとは、背景や見出し、本文の色の組み合わせを指します。

執筆するときの気分に大きく関係するので、テーマは多ければ多いほど選択の幅が広がって良いです。

この項目はUlyssesが、圧倒的に多いです。
デフォルトで用意されているのが、5種類。
これら5種類の見出しや本文の色を、細かく設定できます。
さらに有志の方が作ったオリジナルテーマが、Ulyssesのサイトに無限にあります。
「必ず気に入るテーマが見つかる」と断言できるほどの量です。

Bearは、デフォルトのテーマが20種類です。
無課金で使う場合にも、3種類のテーマが選べます。
最も少ないのが、iA Writerです。ライトかダークの二種類しか選べません。

【テーマの種類の順位】

1 Ulysses
2 Bear
3 iA Writer

3. 文字数の確認方法は簡単か

特に紙媒体のライターの場合、文字数の調整は必須事項です。
ブロガーでも、文字数を確認する機会があると思います。

もちろん今回、紹介した3種類とも、文字数の確認が可能です。
ただUlyssesは「 ⌘+7 or ⌘+4」とキーボードショートカットが用意されているのに対し、BearとiA Writerはマウス操作が必要です。

キーボードから手を離さないと確認できないのは、執筆において大きなロスです。
Ulyssesの使いやすさが際立ちますね。

【文字数の確認方法の順位】

1 Ulysses
3 Bear
3 iA Writer

4. アウトラインを表示できるか

文章を書きながら小見出しをつけていくと、小見出しの表示で全体のアウトラインを確認できます。
このアウトラインの表示はエディタにとって必須事項、と思っていましたが…。

可能なのは、Ulyssesだけ。
BearとiA Writerでは、アウトラインの表示ができません。
これは厳しい。

【アウトラインの表示の順位】

1 Ulysses
3 Bear
3 iA Writer

5. タイプライターモードは使えるか

エディタで長文を打っていると、カーソルが一番下まで行って見づらくなってきます。
それを回避するため文章を打ち続けても、常にカーソルを自分の好きな一定の場所におけるのが、タイプライターモードです。

この機能は、UlyssesとiA Writerのみがついていました。
タイプライターモードなしでの執筆は個人的に厳しいので、この時点でBearはないですね。

【タイプライターモードの順位】

1 Ulysses
1 iA Writer
3 Bear

執筆後のフロー

文章の執筆は、エディタに書いて終わりではありません。
しかるべき形式に書き出したり、書いたものを保存する必要があります。

最後に、執筆が終わったあとのフローについて見ていきます。
項目は、以下の2つです。

  1. 書き出し
  2. 文書の管理

1. 書き出し

書き出しで一般的に使う形式は、PDFとDOCX(Microsoft Word)かなと思います。
この2つは、3つのエディタともサポートしています。

どのエディタも、書き出しに関しては支障ないかなと思います。

【書き出し可能な形式】

  • Ulysses(5種類) テキスト、HTML、ePub、PDF、DOCX
  • Bear(6種類) MD(マークダウン)、PDF、HTML、DOCX、JPG、RTF
  • iA Writer(5種類) Markdown、HTML、PDF、Microsoft Word、プロジェクトアーカイブ

【書き出しの順位】

1 Bear
3 Ulysses
3 iA Writer

2. 文書の管理

最後に、文書の管理の仕方についてです。
3つともタグをつけることで、簡単に管理ができるようになっています。

Ulyssesはさらに、グループで階層化できます。
タグよりも階層化して保存できたほうが、視覚的にどこに何があるかわかりやすいです。
文書の管理もUlyssesが頭一つ抜けています。

【文書の管理の順位】

1 Ulysses
3 Bear
3 iA Writer

順位の集計

ここまで12項目を見てきて、それぞれで順位付けをしてきました。
表にしてわかりやすく並べてみます。

UlyssesBeariA Writer
価格321
フォントの種類123
フォントの大きさ調整123
行の幅の調整123
行間の調整113
マークダウン記法できるか111
テーマの種類123
文字数の確認方法133
アウトラインの表示133
タイプライターモード131
書き出し313
文書の管理133
1位の数1033

1位の数は、圧倒的にUlyssesが多い

1位の数を比較すると、Ulyssesが10に対し、BearとiA Writerが3。
圧倒的大差でUlyssesの1位の数が多いですね。

項目別に比べると、想像以上に性能差がありました。

まとめ

こうして比較すると、性能的にUlyssesがダントツです。

ぼくは3つとも使ったことがありますが、性能の以外でも、単純に使っていて最も心地よいのがUlyssesです。
ただ執筆がはかどる代わり、サブスクリプションで費用が最も掛かります。

結論としては、費用を押さえシンプルかつそこそこ使えるエディタが良いなら、買い切りモデルのiA Writer。
毎日文章をたくさん書くし、文筆が収入源になっているなら性能的に行き届いたUlyssesが良いかなと思います。

以上となります。
この記事が、エディタ選びの参考になれば幸いです。

Ulyssesの紹介記事

Ulyssesは、こちらの記事で詳しく解説しています。
参考にしてみてください。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。