M1チップ搭載のMacBook AirとMacBook Proは、何が違うのか。スペックで比較する

2020年11月11日、Macの独自開発チップ・M1が発表されました。
それにともない、M1チップ搭載の以下3モデルが2020年11月17日より販売開始。

  • MacBook Air 13インチ
  • MacBook Pro 13インチ
  • Mac mini

Appleの公式サイトを見てみると、MacBook AirとMacBook Proでは、それほど違いがないように思えます。

そこでこの記事では、M1チップ搭載のMacBook AirとMacBook Proをスペック面から比較します。
購入の参考にしてみてください。

SPONSORED

M1チップとは

M1チップ
Apple公式サイトより

本題に入る前に、M1チップについておさらいします。

Appleはこれまで、CPU・GPUのチップをインテルから仕入れていました。
他社製チップのため、チップのサイズに合わせボディ設計をする必要があったんです。

ただAppleは「iPhone・iPod touch・iPad・Apple Watch・Air Pods 」には、自分たちで製造したチップを使用しています。
自分たちでチップを作ることで、

  • 省電力化
  • 小型化
  • OSに最適化した処理

などを実現できていたんですね。
その技術をMacへ応用するべく開発されたのが、今回のM1チップというわけです。

Macの性能が飛躍的にアップしていく

M1チップの使用により、モバイルで利点のあった以下のことがMacにも適用されるはずです。

  • 省電力化
  • 小型化
  • OSに最適化した処理

またこれまでiOSのみで走っていたアプリが、Mac上でもそのまま使えるようになります。
性能アップだけでなく、iPhoneとMacの融合がさらに加速していきそうです。

M1チップ搭載のMacBook Air・MacBook Proの違い

ではここから、MacBook AirとMacBook Proのスペックの違いを見ていきます。
異なっている部分を抜き出して表にしたものが、以下になります。

ProAir
シルバー・スペースグレイ・ゴールドシルバー・スペースグレイ
価格(税込)115,280円〜148,280円〜
バッテリー最大18時間(49.9Whリチウムポリマーバッテリー内蔵)最大20時間(58.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵)
キーボードTouch IDのみTouch ID + Touch Bar
輝度400ニト500ニト
サイズ0.41〜1.61×30.41×21.24cm1.56×30.41×21.24cm
重量1.29kg1.4kg
スピーカーステレオスピーカーハイダイナミックレンジステレオスピーカー
マイク指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質の3マイクアレイ
電源アダプタ30W USB-C61W USB-C

1. 形状

MacBook AirとMacBook Proは、形状が異なっています。
これはインテルチップのころと同じです。

Airは手前に行くに連れ、ボディの厚みが薄くなっていきます。
最薄で0.41cm。
これはProの厚さの1/3以下です。

それにともない、重量もAirの方が軽いです。
その差は、0.11kg。

持ち運びに関しては、多少Airのほうが取り回しが良いです。

2. バッテリー

大きさの差に比例して、バッテリーサイズに違いがあります。
Proのほうが、8.3Wh大きいです。
その分、最大稼働時間が、2時間Airよりも長いです。

また電源アダプタのワット数もProはAirの倍以上あります。
多少重くても出先でより安心して使えるのは、Proと言えそうです。

3. ディスプレイ

ディスプレイの明るさに、多少の違いがあります。
Airが400ニトに対して、Proは500ニトです。

違いはあるにせよ屋内で使うなら、そこまで大きなものではないと思います。
Macのディスプレイは一般のものに比べて明るいので、Airの400ニトで何の問題もないでしょう。

4. Touch Barのあるなし

以前のモデルから引き続き、ProについているTouch BarがAirにはついていないです。
「Touch Barがないと仕事にならない」といった話は聞いたことがないので、これも大きな問題ではないと思います。

5. スピーカー・マイク

スピーカーとマイクに多少の差があります。
AirよりProのほうが、どちらともリッチです。

MacBookで頻繁にビデオ会議などをする場合は、Proのほうが良い環境を作れそうです。

冷却装置の差が、性能に影響を及ぼすかも

こうしてスペックだけを抜き出すと、M1チップ搭載のAirとProではほぼ差がないです。
バッテリーが大きい分、Proのほうが稼働時間が長いのが大きな特徴でしょうか。

ただスペック面以外に大きなポイントがひとつあります。
それは冷却装置の差です。

Airはファンレス

パソコンは処理を行なうとチップに電流が通り、その摩擦熱で発熱します。
チップは100度近くまで上昇しますので、通常はファンを回し風を送り冷却します。

M1チップ搭載のMacBook Proはもちろんファンが内蔵されているのですが、MacBook Airはファンのないファンレス構造になっています。

ではどうやって熱を下げるかと言えば、「アルミニウム製の放熱板が拡散する」としています。
熱伝導の良いアルミに熱を分散させ、チップの温度を上げないようにするようです。

高い負荷では、Proのほうがより安心

分散して熱を下げる構造は興味深いですが、ファンなしで十分に冷却できるのか疑問です。
高い負荷の掛かる作業では、クロック周波数を下げる(つまり意図的に性能を落とす)場合が出てきそうです。

動画作成やRAWデータの現像など高負荷の作業をメインに行なうのであれば、やはりMacBook Proのほうが安心して使えそうですね。

MacBook Airのグレードの比較

M1チップ搭載のMacBook Airの登場で、従来のインテルチップモデルは廃盤となりました。
今春に2020年モデルがでたばかりなのに、移り変わりが激しいです。

現在、MacBook Airには、M1チップの2種類のグレードが用意されています。
その2つの異なる点は、以下の表になります。

下位モデル上位モデル
価格(税込)115,280円142,780円
GPU7コア8コア
SSDストレージ256GB512GB
※ストレージはカスタムで増設可能

異なる点

ストレージが異なるほか、GPUに1コア差があります。
もちろんコア数が多いほうが処理能力は高いですが、1コアの差はどのくらい影響を及ぼすのか。

グラフィックに関する負荷の高いことを頻繁にするのであれば、8コアのほうがより安心なのは間違いないです。
テキストを書いたりネットを見るくらいであれば、体感するほどの差はなさそうです。

MacBook Proのグレードの比較

M1チップ搭載のMacBook Proも、2種類のグレードが用意されています。
異なる点を抜き出したのが、以下の表です。

下位モデル上位モデル
価格(税込)148,280円170,280円
SSDストレージ256GB512GB
※ストレージはカスタムで増設可能

異なる点

グレードの違いは、ストレージのみです。
価格差も256GBの増設分のみ、高くなっています。

春にはMacBook Pro16インチが出る

おそらく春には、M1搭載のMacBook Pro16インチが登場すると思います。
普段、負荷の高い処理をしているなら、M1搭載16インチの登場まで待ってもいいかもしれません。

インテルチップの16インチの性能はすでに高い評価を得ていますが、M1搭載モデルは省電力や処理能力でそれを超えることは間違いないです。

以下の記事は、現行のMacBook Pro16インチのレビューです。
これを上回ると思うと、ワクワクしてきます。

まとめ

Apple独自チップ搭載Macが、いよいよ登場です。
MacBook AirとMacBook Proは、同じチップを使ってほとんど差がないように思えます。

性能差が出そうなのは、冷却ファンのあるなしです。
MacBook Airは冷却ファンがないので、マルチタスクや動画作成、画像処理、ゲームなどで少し不安があります。
より安心なのは、やはりMacBook Proですね。

またMacBook Airの下位モデルは、GPUの数が7コアとなっています。
こちらもAirを選ぶ際には、ポイントとなりそうです。

以上、M1チップ搭載のMacBook AirとMacBook Proの比較でした。
参考になれば幸いです。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。