iPhone12Pro Maxレビュー。大きくてゴツいが、高級ジュエリーのような外観

iPhone12シリーズが発売されました。
これまでの丸みを帯びている形状から、角張ったものへ変わっています。

自分もその形状にひかれ、一番大きなiPhone12Pro Maxを購入しました。
色はシルバー、ストレージ128GBです。
そこでこの記事では、iPhone12Pro Maxのレビューをまとめたいと思います。

最初に手にした印象を書くと、「大きくてゴツすぎる」と思いましたね…。
外観の仕上げも貴金属のような感じで、過剰に思えました。

ただ使っているうちに、徐々に手に馴染んでくる。
そこはやはり、Apple製品のすごさです。

SPONSORED

iPhone12Pro Maxレビュー。大きくてゴツいが、高級ジュエリーのような外観

ではここから、それぞれの特徴を見ていきます。
項目は、以下になります。

  1. 外観
  2. 携帯性
  3. 操作感
  4. カメラ性能
  5. コスパ
  6. 改善してほしかった点

1. 外観

ディスプレイ

iPhone12Pro Max

iPhone12Pro Maxのディスプレイサイズは、6.68インチです。
画面の大きいiPhone12シリーズを使いたければ、Pro Max以外に選択肢はありません。

Androidの大型スマホが6.5〜6.8インチくらいで出揃っていますから、いまや見慣れているサイズ感ではあります。

視認性は抜群です。
表示領域が広いのはもちろん、隅々まで高精細な画面は、いつまでも見ていたくなります。

大きなノッチは健在ですが、使っている分には気になりません。
Appleは、一度決めたデザインや機能をすぐには変えないんですよね。
ノッチがなくなるのは、もうしばらく先になりそうです。

エッジ

iPhone12Pro Max
iPhone12Pro Max

今回のもっとも大きな変化は、エッジが角張ったことです。

2019年末にAppleのデザイン最高責任者ジョナサン・アイブが退社しました。
アイブがいなくなったことで、主要プロダクトのiPhoneのデザインに新陳代謝が起こったのだと思います。
市場の反応を見ると、おおむねポジティブに受け入れられています。

ただ実物を見ると、「これは好き嫌いがわかれる」と思いました。
画面が大きいのもあると思いますが、結構ゴツい印象です。

厚さ7.4mmは、大型サイズの他のスマホより薄いです。
それが手にしたときは、厚く感じるんですよね。
エッジのがっしりとした作りが、「このスマホは厚みがある」と錯覚させているのかもしれません。

素材は「医療に使われるレベルのステンレススチール」となっています。
ものすごくピカピカしていて、「これが高級感を演出している」と言われれば、まあ間違いではないんですが…。
MacBook Proなどのシンプルでシックなデザインとは、ちょっと路線が違う感じがします。

背面

iPhone12Pro Max

エッジのピカピカに対抗するように、背面はマットな仕上げです。
ただのつや消しではなく、Appleの表現をかりると「テクスチャードマットガラスの背面」となっています。
「いかにも高級」といった見た目とサラサラした手触りです。

エッジと背面の仕上げを見る限り、iPhone12Pro系のデザインは「ラグジュアリー」へ向かっていることがわかります。

自分は今回のiPhoneのデザインに、なにかしらちぐはぐな印象を持ったのですが…。
iPhoneは、あくまでもデジタルデバイスです。
ちぐはぐに感じるのは、デジタルデバイスに「高級ジュエリー」のような雰囲気をまとっているからだと思いました。

デジタルデバイスと高級ジュエリーは、それを必要としているニーズが根本的に異なっています。
なので、「高級感を出したいのはわかるけど、なんか調和していないな」と思ったんですね。

iPhone12Pro Max

外観デザインは、ケースを付ければ気にならない

外観について色々とケチをつけましたが、結局ケースを付けるならディスプレイとカメラ以外は見えなくなります。
つまりほとんどの人にとっては、それほど気にならない点ではありますね。

ぼくは後日、純正のシリコンケースを購入しました。

2. 携帯性

大画面スマホを使うのであれば、携帯性に期待してはいけません。
つまりiPhone12Pro Maxを携帯電話として見るなら、携帯性はよくありません。

ズボンのポケットに入れても、存在感がかなりあります。

ちなみに手元にあるiPhone XSと比べてみました。
大きさにかなり差がありますね。

iPhone12Pro Max

重さ

iPhone12Pro Maxは、先代の11Pro Maxと同じ226グラムです。
箱から取り出したとき、予想以上に重く感じましたね。

片手操作をしていると、手が疲れてきます。
かといってデスクの上などに置いて操作すると、カメラの出っ張りでガタガタする。
なかなか扱いの難しいスマホです。

3. 操作感

iPhone12Pro Max

ディスプレイの操作は、不満がまったくないです。
大画面スマホは、何をやるにもストレスが少ないです。

またiPhoneは、タッチ操作の良さが他のスマホに比べて抜きん出ています。
新しいiPhoneが出るたびに、その操作性に磨きを掛けている印象です。

ただしテキストを打つときなど、片手操作は諦めたほうが良いです。
無理して片手操作をやると、バランスを崩し落とすリスクが増大します。

4. カメラ性能

今回の4機種においてiPhone12Pro Maxの一番の特徴は、カメラ性能が優れていることです。

詳しくは以下の記事に書きました。

iPhone12・miniに比べ、ProシリーズはLiDARスキャナがついて暗い場所でのAF性能がアップしています。
またiPhone12Pro Maxは、センサーサイズが4シリーズ中で最大です。
手ブレ補正もレンズではなく、ボディ側で行ないます。

ということで、iPhone12Pro Maxのナイトモードのテスト撮影をしてみました。
比較画像として、手元にあったiPhone XSを掲載します。
(広角レンズのみでの比較です)

iPhone12Pro Max
iPhone12Pro Max。奥の建物はより明るく、手前の暗い場所も明るく補正されている。
iPhone XS
iPhone XS。建物の雰囲気は良いが、手前の暗い場所は視認できない。
iPhone12Pro Max
iPhone12Pro Max。かなり暗い場所だったが、ナイトモードで不自然でない程度に明るくなっている。
iPhone XS
iPhone XS。見たままの光景に近い。これはこれで良い気がする。
iPhone12Pro Max
iPhone12Pro Max。一番良い雰囲気の写真。室内の明るさと屋外の薄暗さのバランスが自然に表現されている。
iPhoneXS
iPhone XS。全体的に薄暗く、メリハリのない写真になった。

条件によってはiPhone XSでも良い感じがしますが、全体ではiPhone12Pro Maxのほうが良い結果がでますね。
iPhone XSは、わずか2年前の機種です。
この2機種の結果を見ると、スマホはまだまだ進化の余地があるとわかります。

5. コスパ

iPhone12Pro Maxの価格は、スマホとしてみればかなり高額です。
価格の一覧は、下記を見てみてください。

128GB256GB512GB
129,580円141,680円165,880円

最低ストレージの128GBで、税込129,580円です。
その価格は、MacBook Airの下位モデルより高いんですよね。

ただiPhone12Pro Maxの128GB(税込129,580円)は、そこまで高額な印象がありません。
最新のプロセッサ、よく写るレンズ、凄まじくキレイなディスプレイ、ジュエリーのような外観、5G対応、これらを考慮すると、まあ妥当というか、かなり頑張った感すらあります。

読書や映画鑑賞、テキスト作成、写真、動画、ネットなど、スマホであらゆることをするのであれば、購入しても後悔しないように思います。
アップル製品はリセールバリューが高いことも、嬉しいポイントです。

6. 改善してほしかった点

残念な点を上げるとすれば、リフレッシュレートが60kHzなことです。

リフレッシュレートとは、1秒間に何度画面が書き換わったかを測る目安です。
iPhone12Pro Maxは60kNz。
これは初代iPhoneから変わっていません。

Androidのハイエンド機は、今年あたりから90kHz以上が主流となっています。
自分も120kHzのAndroidを使っていますが、スクロールが明らかに滑らかです。
できればiPhone12Pro Maxも120kHzにしてほしかったですね。

ただ書き換えが倍になるとそれだけパワーを消費し、バッテリーの持ちが悪くなります。
iPhoneの設計思想は、バッテリー持ちを最優先しているように思えます。
120kHzへのアップグレードには、慎重になるのが必然なのでしょう。

楽天モバイルで運用します

iPhone12Pro Maxを使うにあたって、楽天モバイルに新規加入することにしました。

楽天モバイルのプランは、データ使い放題の月額2,980円の1つのみです。
執筆時現在、下記のキャンペーンを行っています。

  • 先着300万人、1年間使用料が無料
  • 事務手数料も無料
  • 解約はいつでもOK(違約金なし)
  • 2020年12月8日8:59までの申込みで、楽天ポイントを8,000ポイントがもらえる

とまあ、とんでもなくお得なキャンペーンです。
楽天モバイルの使ってみた感想も、また記事にする予定です。

まとめ

外観に関しては、「デジタルデバイスにラグジュアリー感を出すのは、いかがなものか」とネガティブに記載しました。
ただここがアップル製品の不思議なところで…、使いはじめて3日くらい経つと「やっぱり悪くないかも」と気に入ってくるんですよね。
機能的にも申し分ないので、大切に使っていきたいと思います。

ただ大きさや重さ、角張ったエッジは、合わない人がいそうです。
購入を検討しているならば、ショップで実物を確かめたほうが良いと思います。

以上となります。
この記事が、iPhone12Pro Maxの購入を検討している人の参考になれば幸いです。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。