iPhone12Pro MaxのApple純正シリコンケースをレビュー

先日、iPhone12Pro Maxを購入しました。
レビューはこちら。

かなり大きくて、ゴツい形状です。
快適に使うには、ケースをつけたほうが良いでしょう。

ということで、アップルの純正シリコンケースを購入しました。
この記事では、シリコンケース(ホワイト)のレビューをご紹介します。

SPONSORED

iPhone12Pro MaxのApple純正シリコンケースをレビュー

iPhone12Pro系は、本体カラーが4種類あります。
ただアップル純正のレザーケースやシリコンケースをつけると、ディスプレイをのぞいてほとんどが見えなくなるんですよね。

ケースをつけてiPhoneの色を認識できるのは、唯一カメラ部分だけです。
つまりケースの色は、カメラ周りの色との組み合わせで決めることになります。

ぼくの選んだiPhone12Pro Maxは、シルバーです。
最初はレザーケースから選ぼうと思ったんですが、カメラ周りの白と合う色が今ひとつなかったです。
そのため、用意されている色が8種類と豊富なシリコンケースから、ホワイトを選ぶことにしました。

開封していきます

ではここから、写真をまじえて開封レビューをします。

iPhone12Pro Maxシリコンケース
iPhone12Pro Maxシリコンケース
iPhone12Pro Maxシリコンケース

手触りはサラサラして良い感じです。
それでいて多少の弾力でグリップ力が生まれ、大きなiPhone12Pro Maxでもしっかり 握れます。

iPhone12Pro Maxシリコンケース
底部は、ライトニングケーブル差込口とスピーカー部が切り抜かれている。
iPhone12Pro Maxシリコンケース
電源部分とカメラ周り。
iPhone12Pro Maxシリコンケース
音量ボタンの上は、マナーモード切り替え部分が切り抜かれている。

内側にマイクロファイバーの裏地を敷いてあります。
iPhoneを傷つけないと同時に、ある程度の衝撃を吸収します。

iPhone12Pro Maxシリコンケース

裏地に丸く跡がついています。

今回のiPhoneと純正ケースには、「MagSafe」と呼ばれる磁石が内蔵されています。
この丸い跡は、「マグネットが入っていますよ」というアピールです。

マグネットをつけることで、ケースとiPhoneの接着力を高めています。
また専用のワイヤレス充電器にも磁石がついており、iPhoneと充電器を正しく接着できます。

装着しました

装着しました。
当然ながら、ピッタリとフィットします。

ディスプレイから1ミリほどケースが高くなるので、誤って落としたときにも最悪の事態はまぬがれそうです。

カメラ部分は1ミリほど盛り上がっている

裏面のカメラ周りは、1ミリほどケースが盛り上がっています。
デスクに置いてもレンズは直接あたりません。
デスクに置いたときなどのガタつきもかなり軽減します。

シリコンケースの重量

今回購入したiPhone12Pro Maxのシリコンケースの重量は、33.8グラムでした。
結構、重いですね。

iPhone12Pro Maxが226グラムです。
ケースを着けた状態の重量が、259.8グラムになります。

通常サイズの缶コーヒーと同じくらいの重さです。
ケースをつけて片手持ちしていると、手がダルくなってきます。
これはもう大型スマホの定めだと思って、諦めるしかないです。

欠点は、上へのスワイプが引っかかること

このケースの欠点をあげるなら、ディスプレイの下(Lightning差し込み口近く)も覆われている点です。

ホーム画面へ戻るときには、下から上へディスプレイをスワイプします。
このときディスプレイ下部がケースで覆われているため、指が引っかかるんです。
「すごくストレス」というわけではありませんが、そこそこ気になります。

欠点らしいものは、それくらいです。
完成度の高い製品だと思います。

高額なのは、アップルのブランド料

シリコンケースのお値段は、6,050円です。
スマホケースとして見れば、高額な部類に入ります。

おそらく原価自体は、それほど掛かっていないでしょう。
原価に比べ価格が上乗せされているのは、単純にアップルのブランド料ですね。

アップルは創業からの数十年かけて、製品を少しずつ洗練してきました。
アップルのどの製品にもその思想が受け継がれているので、アップルのデザインに共感する人は、手にしたときや見たとき「かっこいい」と感じるんです。

ただシンプルであればよいというわけではない。
そこには、アップルが長い時間かけて培ってきた哲学があるわけです。

つまりアップル製品にお金を出す人は、シリコンの固まりを買っているわけではないんですね。
アップルの製品に対する哲学を含めて、この値段に納得しています。
シリコンケースとしてみれば高額ではありますが、アップルファンの自分としては満足のいく製品でした。

まとめ

以上、アップル純正のiPhone用シリコンケースのレビューでした。
アップルらしく手触りが良く、質感も高いです。
所有感を満たされる製品でした。

この記事が、シリコンケースを検討している人の参考になれば幸いです。

SPONSORED

写真家だった伯父の中判フィルムカメラ、HASSELBLAD 500C/Mで写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。