Sonosの増強を検討。One SL+Sub Gen3か、Five2台かで悩む

新型コロナで環境が変わり、家にいる時間が長くなりました。
そのため、音楽環境をよくしたいと考えているところです。

今はSonosというアメリカメーカーのスピーカーを使っています。
使用機種は、いちばん安いOne SLを2台。

これを増強しようと思っていますが、候補が二つあって超絶に悩み中です。
そこで自分の考えを整理するため、ブログに書くことにしました。

SPONSORED

Sonosとは

そもそも、Sonosを知らない人が多いかと思います。
Sonosは2002年に創業したアメリカの企業です。
スマートスピーカーと、アンプやウーファーなどスピーカーの関連商品を開発・販売しています。

Sonosスピーカーの特徴は、2つあります。

  1. Wi-Fiにつなげて、すべてスマホから操作できる
  2. スピーカーを増強していける

特徴1. Wi-Fiにつなげて、すべてスマホから操作できる

Sonosのスピーカーは、Wi-Fiにつなげられます。
スマホやタブレットと同じネットワークにあることで、どの端末からも操作が可能です。

SpotifyやAmazon Musicなどを網羅した専用アプリがあり、各サービスを横断して曲の再生ができます。

ブルートゥース・スピーカーは端末ごとにつなぎ直す手間がありますが、Sonosは常にWi-Fi上でつながっています。
ブルートゥース・スピーカーに比べ、操作が格段に快適なんです。

特徴2. スピーカーを増強していける

Sonosのスピーカーは、増やしてもすべてネットワーク上で同期させることが可能です。

例えばSonos Oneを2台買えば、ステレオスピーカーとして使えます。
そこにウーファーのSub を加えると低音が強化されますし、サウンドバーのArcを増強すれば、Sonos Oneはサラウンドとして機能します。

自分の環境に合わせ、スピーカーシステムを自由に構築できる。
これがとても魅力的です。

現状の音楽環境

ここから自分の環境をご紹介します。
最初にSonosを購入したのは、2019年秋。
選んだのは、いちばん安価なOne SLでした。

そのときのレビューはこちらです。

小さいながらも便利で音が良いことに感心し、2020年春にOne SLをもう一台購入してステレオにしました。
ステレオにしたときのレビューがこちらです。

これだけで満足だったんですが、つい先日、ステレオの配置を見直しましたんですよね。

ステレオの配置で音質が数段アップ

以前までは、まあ割と適当に左右に置いているだけでした。
それをソファを中心に左右対称にし、向きをポジションの方向にして、高さを耳の位置に来るよう揃えました。

下の図のような感じです。

ステレオ配置

こうしてスピーカーの位置をきちんと決めると、これまでの適当な置き方から数段音が良くなりました。
部屋全体に響きつつ、スピーカー側の壁から音が一体となって耳に届く感じ。

それに気を良くして、「もっと良い音にしたい!」と思った次第です。

Sonosの今年の新製品、Five とSub Gen3

現在のOne SL2台からどんなふうに増強しようか、と考えたところ、今年Sonosが発売したふたつの製品にたどり着きました。
ひとつがFiveで、もうひとつがSub Gen3です。

どちらもアメリカでは2020年春に発売開始、日本は同じ年の秋から発売されています。

  1. Five
  2. Sub Gen3

1. Five

Fiveは、One・One SLの上位機のワイヤレススピーカーです。

もともとラインナップにあったPlay:5をリニューアルし、メモリを増強してパフォーマンスを向上しています。

3つずつのツイーターとウーファーを内蔵しており、迫力とクリアさを兼ね備えた音を再現するとしています。
このスピーカーもOne・One SLと同様、2台購入すればステレオ再生が可能です。

2. Sub Gen3

Sub Gen3はスピーカーではなく、ワイヤレスのサブウーファーです。
Sonosのどのスピーカーとも連動させることができ、低音域をサポートします。

このサブウーファーとスピーカーとをペアリングすると、自動的にスピーカーは中高音域を担当するようになります。
つまり単純に低音が強化されるだけでなく、スピーカーとウーファーとが連動し、全体の音質の底上げをするのです。

Sonosの増強を検討。One SL+Sub Gen3か、Five2台かで悩む

ここから、ようやく記事タイトルの回収です。
これら新製品と現在設置しているOne SLとを、どのように合わせるかですごく悩んでいるんですね。

設置の候補は、以下の二つです。

  1. 現在のシステムにSub Gen3を追加する
  2. One SL×2をFive×2に置き換える

候補1. 現在のシステムにSub Gen3を追加する

ひとつ目は、今のOne SL×2台にSub Gen3を加えるというもの。
そうすると低音域はSub Gen3が担当し、中高音域はOne SLの2台が担当することになります。

このシステムの魅力は、「Subを入れると、どのように音が変わるか知りたい」なんですよね。

One SLを一台増やしてステレオにしたとき、結構感動しました。
そのときの感情をまた味わえるかなと。
ただOne SL自体が小さくて非力なスピーカーなので、期待外れに終わる可能性もあります。

候補2. One SL×2をFive×2に置き換える

ふたつ目は、今のOne SL×2を上位機のFive×2に置き換えてしまうというもの。

上位機への買い替えなので、音質アップは確実です。
またビジュアルも、One SLよりFiveのほうが高級感があります。
部屋の印象が一気に変わりそうです。

ただ良い製品へ変えるだけなので、おもしろみのなさがあります。

まとめ

こうして書きながら考えてみましたが、自分の中ではまだ決めかねています。
候補1も2も、どちらも捨てがたい。

今は家で仕事する機会が多くなったので、環境整備は重要だと思っています。
音楽環境のレベルアップは、仕事をする上で立派な投資です。

…ともっともらしい言い訳を自分にしつつ、もう少し悩んでみます。
結果はまた、ブログにてご報告します。

Five2台に決めました

SPONSORED

文章を書いて、写真を撮っています。 このブログでは好きなガジェットや、使いやすいウェブサービスのことを書いています。詳しくはこちら