小さい財布(abrAsus)を5年間使用。ミニマリストが快適さをレビュー

公開日 2021-03-14 最終更新日 2021-04-02

今から5年前。
2016年4月に、ふと思い立って小さい財布を使い始めました。
購入したのは、abrAsus(アブラサス)というブランドの『小さい財布』です。

正直言って、それほど期待はしていませんでした。
価格が1万円ちょっとなので、半分くらいはネタのつもりで買ったんですね。

ところが実際に使ってみると、その快適さにびっくり。
以来5年間、ずっと同じ商品を使い続けています。

そこでこの記事では、小さな財布を持つメリットと、実際にぼくが使っているabrAsusの製品を紹介します。

SPONSORED

小さい財布(abrAsus)を5年間使用。ミニマリストが快適さをレビュー

まずは小さな財布を持つことのメリットをまとめてみます。
以下の4点があります。

  1. ポケットに入れてもかさばらない
  2. 所持するカードを厳選するようになる
  3. レシートなどをためずに、こまめに整理するようになる
  4. キャッシュレスを率先して使うようになる

1. ポケットに入れてもかさばらない

『小さい財布』というだけあって、ぼくの使っている製品は本当にコンパクトです。
小さいながらも、カード5枚・硬貨20枚・紙幣10枚くらいは余裕で入ります。

これだけ入れて、厚みは2センチほど。
縦横のサイズが9センチ×6センチなので、ポケットに入れてもほとんど存在感がありません。
小さな財布は、荷物の小さくなるのがいちばんのメリットでしょう。

2. 所持するカードを厳選するようになる

使用している『小さい財布』は、収納できるカード枚数が5枚まで。
自分の場合、運転免許証を必ず入れますから、その他に入れられるのは4枚です。

4枚となると、「これは本当に必要」「出先で必ず使う」という重要なカードを厳選して持つことになります。
この次にいつ使うかわからないポイントカードなどは、自然と持たなくなるんですね。
その結果、カードの整理が進み、財布の中身がキレイになります。

3. レシートなどをためずに、こまめに整理するようになる

外へ出て買い物をすると、知らないうちに財布がパンパンになってきます。
レシートやクーポン、メンバーズカードなど、買い物をするたびに紙ものが増えていくんですね。

でも『小さい財布』は、収納力がそれほどありません。
そのためレシートやクーポンをもらったら、家に帰ってすぐ整理するのが習慣になります。
結果的に、財布の中はいつもスッキリ。
必要なものしか入っていない状態をキープできます。

4.キャッシュレスを率先して使うようになる

小さな財布を持つと、「持ち歩くものをできるだけ少なくしたい」という欲求が生まれてきます。
特に現金は、かさばるし会計に手間取る、ポイントもつかない。
いいことが何もないです。

財布を小さくしてミニマルな意識が高まると、キャッシュレスへの意識も同時に高まります。
その結果、ポイント還元や支出管理のしやすさなど、メリットを得られます。

abrAsusw『小さい財布』の感想

ぼくはたくさんの財布を使い比べたわけではありません。
でも、最初に買った『小さい財布』が当たりでした。

価格も手頃で、購入から5年経っても支障なく使えています。
収納力も想定以上にあり、不都合に思ったことは一度もありません。

ではここからは、写真を交えてabrAsusw『小さい財布』をレビューします。

写真を交えてレビュー

小さい財布abrAsus
縦横のサイズが9センチ×6センチの小さなサイズ
小さい財布abrAsus
ボタンを外して、広げた状態
小さい財布abrAsus
小銭入れの裏側に紙幣が入る
小さい財布abrAsus
小銭は20枚くらいなら余裕で入る
小さい財布abrAsus
カードは5枚ほど収納可能。指で押して取り出せるように、左角がむき出しになっている
小さい財布abrAsus
紙幣・小銭・カードを入れた状態。手のひらに収まるサイズ

まとめ

身の回りの持ち物を少なくすると、「自分にとって本当に必要なものだけ」を持つようになります。
それがミニマリストの真髄。

普段持ち歩く財布こそ、ミニマルにしましょう。
生活が、よりシンプルに快適に変化していくと思います。

SPONSORED