1GBなど音声通話付きSIMカードの最安料金。おすすめ8社をランキングで比較

公開日 2021-03-20 最終更新日 2021-04-08

eSIM普及にともない、通話用と通信用のSIMを使い分けるケースが多くなってきました。
そこでこの記事では、音声通話付きSIMカードの最安会社をリサーチしました。

結論から書くと、現状では楽天モバイルがダントツに安いです。
ただ楽天は自社の回線がまだまだ不安定。
他社も新プランや独自のキャンペーンで対抗しているので、自分の使い方に合った最適なSIMカードを選んでいきましょう。

SPONSORED

1GBなど音声通話付きSIMカードの最安料金。おすすめ8社をランキングで比較

早速、8社の音声付きSIMの最安プランをランキング形式で紹介します。
ランキングはキャンペーン価格を含まない、通常の最安料金を元にしました。

順位会社名月額料金容量
1楽天モバイル0円1GBまで
2IIJmio858円2GB
3BIGLOBEモバイル1,078円1GB
4HISモバイル1,089円100MBまで
5OCNモバイルONE1,298円1GB
5mineo1,298円1GB
7UQmobile1,628円3GB
8Ymobile2,178円3GB
2021年4月1日更新
価格は全て税込

契約・解約時の諸費用

SIMカードは、契約時と解約時にも諸費用が発生します。
諸費用とは、以下の四つ。

  1. 契約事務手数料
  2. SIMカード準備料
  3. MNP転出手数料
  4. 解約時の違約金(手数料)

これらについて、別ページにまとめました。
月額料金が安くても、これらが高ければお得感は薄れます。
契約の際は諸費用についても、しっかり確認するようにしましょう。

諸費用のまとめは、以下のページからどうぞ。

各会社の解説とキャンペーン

ではここから各会社の解説と、実施中のキャンペーンを紹介します。
キャンペーンは、2021年3月20日更新のものです。
詳しくは、各会社のウェブサイトを確認してみてください。

1. 楽天モバイル

楽天モバイルは、電波の不安があるものの料金は最安です。
使った分だけ段階的にアップする価格設定で、1GBまでなら月額0円で使用できます(一人1回線のみ)。

また2021年4月7日までの新規登録で、データ無制限の一年間の使用料が無料になるキャンペーンを実施中(このキャンペーン終了後は、3カ月間無料サービスを行っています)。
さらに新規加入で楽天ポイントが5,000ポイント、スマホ本体の同時購入で最大20,000ポイントが進呈されます。

活動範囲が楽天モバイルエリア内なら、新規登録しておいて損はない…というか得しかないプランです。

楽天モバイルの詳しいレビューは、以下も参考にしてください。

2. IIJmio

IIJmioは、2021年4月1日から新プランがスタート。
2GB・858円と、手頃な音声通話付きSIMが登場しました。

2021年3月31日までは、契約事務手数料が1円になるキャンペーンを実施しています。
4/1以降は、旧プランから新プランへの移行も可能とのことです。

3. BIGLOBEモバイル‎

BIGLOBEモバイル‎は、新規申し込みで初月無料+一年間は月額770円(1GB)のキャンペーンを実施中です。
しょっちゅうSIMカードの会社を変えるひとは、BIGLOBEモバイル‎を試してみてもよいかもしれません。
MNP転出手数料も、2021年4月1日より無料となります。

またYouTubeやSpotifyなど無制限で使える、エンタメフリー・オプションがあります。
こちらも新料金プランとして、月額308円と値下げしています。

4. HIS mobile

HISモバイルの音声通話付きSIMは、楽天モバイルと同じく、使用容量が上がるにつれ段階的にアップします。
100MBまでであれば、1,089円で使用が可能です。

5. OCNモバイルONE

mineoと同じく、OCNモバイルONEも1GB・1,298円と比較した中では高めの音声通話付き最安プランです。
ただOCNの光を使っているなら、月額が1,078円と少し割引になります。
OCNモバイルONEとOCN光とを両方使っているなら、必ず割引申請をしましょう。

OCNモバイルONEについては、以下の記事も参考にしてみてください。

5. mineo

格安携帯のなかでも名の知れているmineo ですが、音声通話付きSIMの最安料金は1GB・1,298円と高めです。
契約の際の諸費用もがっつり掛かるので、最安音声通話を探しているなら対象から外れそうです。

7. UQmobile

音声通話だけでなくデータもそこそこ使うなら、UQmobileも対象に入ります。
月額1,628円と高めながら、容量は3GBまで使用可能。
使い切らなかった分は、翌月へ繰り越されます(最高3GBまで)。

8. Ymobile

Ymobileは、3GBながら月額2,178円と高めの値段設定です。
ただ2回線目からは家族割が適用され、990円で使用が可能です。

例えば家族4人で使うなら、一人あたりの使用料は1,287円(3GB)とかなりお得になります。
複数枚数の音声通話付きSIMが必要な場合、検討してみても良いと思います。

まとめ

冒頭にも書きましたが、音声通話付きSIMの最安はダントツで楽天モバイルです。
1GBまで0円で、諸費用も全て無料。
価格において、他社は対抗のしようがありません。

ただ楽天モバイルはまだまだ電波に不安があります。
自分の住んでいる地域や使い方、各社のキャンペーンなどを見ながら、最適プランを選んでみてください。

あなたに適したギガ数は?

SIMカードの必要なギガ数は、ライフスタイル次第です。

ギガ数を決める際には価格だけでなく、自分の生活スタイルの把握が大切です。
以下の記事で、「 1GB・3GB・10GB・20GB」4種類の容量の使用目安を書きました。

SPONSORED