3〜5GBの音声通話付きSIMカードの最安料金。おすすめ7社をランキングで比較

公開日 2021-03-25 最終更新日 2021-04-07

SIMカードのうち、3〜5GBは需要の高い容量です。
契約数の高いプランだけに、各社も力を入れています。

そこでこの記事では、音声通話付きSIMの3〜5GBの最安料金を調査しました。
事業者のなかには、キャンペーンや家族割で表示価格より安くしているものもあります。
キャンペーンなど特別料金についても、会社ごとに記載しました。

SPONSORED

3〜5GBの音声通話付きSIMカードの最安料金。おすすめ7社をランキングで比較

ではここから、7社の音声付きSIM3〜5GBの最安プランを、ランキング形式で紹介します。
ランキングはキャンペーン価格を含まない、通常の最安料金を元にしています。

順位会社名月額料金容量
1IIJmio1,078円4GB
1楽天モバイル1,078円3GBまで
3BIGLOBEモバイル1,320円3GB
4mineo1,518円5GB
5OCNモバイルONE1,628円3GB
5UQmobile1,628円3GB
7Ymobile2,178円3GB
2021年4月1日更新。価格は税込

契約・解約時の諸費用

SIMカードは月額料金だけでなく、契約時と解約時にも諸費用が発生します。
諸費用とは、以下の四つです。

  1. 契約事務手数料
  2. SIMカード準備料
  3. MNP転出手数料
  4. 解約時の違約金(手数料)

これら諸費用について、別ページにまとめてあります。
月額料金が安くても、これらが高ければお得感は薄れます。
契約の際は諸費用についても、しっかり確認するようにしましょう。

諸費用のまとめは、以下のページからどうぞ。

各会社の解説とキャンペーン

ではここから各会社の解説と、実施中のキャンペーンを紹介します。
キャンペーンは、2021年3月25日更新のものです。
詳しくは、各会社のウェブサイトを確認してみてください。

1. IIJmio

IIJmioは2021年4月1日からの新プランで、4GB・月額1,078円とお得なプランを出しています。
余った容量は、翌月に繰り越せます。
ほかにも、家族同士のデータシェアも可能です(2021年6月〜予定)。

1. 楽天モバイル

楽天モバイルは2021年4月1日から、段階ごとに料金がステップアップするプランを採用しました。
1GBまでは0円、3GBまでは1,078円となります。

3GBを越えると、価格が倍以上の「20GBまで2,178円」とアップします。
3GBまでに抑えたい場合は、スマホで消費容量をこまめにチェックするようにしましょう。

諸費用が0円の楽天モバイル

また楽天モバイルは、月額料金以外の諸費用がすべて0円です。
楽天ポイントの恩恵もあるので、通信範囲内かつ楽天経済圏のひとは、よい選択になります。

楽天モバイルについては、以下の記事に使ってみた感想を書きました。

3. BIGLOBEモバイル

3位は、BIGLOBEモバイル‎です。

3GBで月額1,320円とIIJmioに比べ割高ですが、現在お得なキャンペーンを行っています。
内容は、契約した初月の月額料が無料。
さらに以降一年間の月額料が、税込770円に。
音声通話付きSIMのみの場合は、初期費用も無料になります。

一年間くらいの利用を想定するなら、かなりお得なプランです。

4. mineo

mineoは、他社より多めの5GBのプランを用意しています。
価格の順位こそ4位ですが、5GBで1,518円は楽天より1GBあたりの単価が安いです。

2021年5月31日まで申し込みのキャンペーンで、3カ月間の月額料が1,188円割引の330円になります。
mineoに登録するなら、2021年5月31日までがお得です。

5. OCNモバイルONE

OCNモバイルONEも、3GBで月額1,628円です。

大きな特徴は、格安SIMながらdocomo回線の品質が良いことです。
回線の良好なSIMカードを求めているなら、OCNモバイルONEで間違いないです。

自宅のWi-FiでOCN光を利用している場合は、OCN光モバイル割が適用され、3GB・月額料金1,408円になります。

OCNモバイルONEについては、こちらの記事に詳しく書いています。

5. UQmobile

同じくUQmobileも、3GBで月額1,628円です。

特徴として、auの安定した回線の使用があげられます。
他にも余ったデータを翌月へ繰越できるほか、専用アプリで「節約モード」に切り替えることで、FacebookやTwitterなどSNSの軽めのデータ消費がゼロになります。

7. Ymobile

Ymobileは、最も料金の高い3GBで月額2,178円です。
ただこれは、1回線のみの場合。

Ymobileの大きな特徴は、2回線目からは1,188円ずつの割引になることにあります。
2回線つかうなら、1回線あたり1,584円に。
3回線つかうなら、1回線当たり1,386円に。
こんな感じで、回線数を増やすほどお得になっていきます。

家族などで複数回線を使う人には、選択に入るプランとなります。

まとめ

3〜5GBは、値段の幅が1,078〜2,178円と大きいです。

ただ価格だけでなくキャンペーンや家族割など、差別化されています。
特徴を確認し、自分にとってベストなSIMプランを選んでください。

あなたに適したギガ数は?

それぞれのライフスタイルによって、SIMカードの必要なギガ数は変わってきます。
自宅のWi-Fi環境で一日のほとんどを過ごすなら、1GB〜3GBで足りるでしょう。
プライベートだけでなく仕事でもよくスマホを使うなら、10GB以上は必要かもしれません。

ギガ数を決める際には価格だけでなく、自分の生活スタイルの把握が大切です。
以下の記事で、「 1GB・3GB・10GB・20GB」4種類の容量の使用目安を書きました。
参考にしてみてください。

SPONSORED