エスプレッソの苦い思い出

コーヒー豆のストックが一粒も残っていない。一日でもコーヒーを抜くことは生活上あり得ないので、取りあえず近くのスターバックスで買ってくることにした。 色々な種類がある中、ローストがミディアムなものを選んでレジへいく。来たついでにコーヒーを飲んでいこうと思い、エスプレッソをダブルで注文した。ほどなくしてカウンターから淹れたてのエスプレッソを差し出された。 すると店員さんから「お水は要りますか?」と聞か…...