「かえうち」で、iPad+Magic Keyboardの親指シフトができるようになった

先日、iPad Pro11インチを購入しました。せっかくなのでこのタブレットを使い、ガリガリと原稿を書こうと思っています。 ここでひとつ問題が。ぼくは文字入力に親指シフト配列を使っているんですね。 親指シフトとは? 親指シフトというのは、富士通が開発した独自のキー配列です。ほぼホームポジションのまま文字が打てて、打鍵数もローマ字入力の2/3ほど。ローマ字入力に比べ速く打てるという利点があります。 …...

親指シフト習得までのお話

キーボードの入力方法には「ローマ字打ち」と「かな打ち」の二種類がある。このうち、ほとんどの人が使っているのはローマ字打ちだと思われる。自分もある日まではローマ字打ちで入力していた。 しかしローマ字打ちよりも速く打てる打鍵方法があることを知り、スイッチすることにした。親指シフトがそれである。 親指シフトとは、富士通が考案したキー配列による打鍵法のことである。常に両親指はシフトキーに置いたままにして、…...

「かなキー」と「英数キー」が反応しなくなった

以前に書いたように、仕事で使うキーボードはPFUのHappy Hacking Keyboard Professional(PD-KB420B)を使っている。 これは本当に書いていて気持ちのいいキーボードで、完全に依存しきっているのであるが、先日、急にスペースキーの左右に位置する「かなキー」と「英数キー」が反応しなくなった。かなと英数の切り替えだけに使うのであればとりあえずはやり過ごせるところ、自分…...

2014年のできごと

いよいよ年も押し迫ってきました。今年一年、個人的に色々なことがありました。特に大きかった出来事は以下の3つです。 1 親指シフトを覚えた 2 引っ越しをした 3 一眼動画をはじめた 2と3は特に説明は不要でしょう。親指シフトについては初めてその名称を聞いた人も多いかと思います。 親指シフトとはキーボードの打鍵方法の一つです。ワードプロセッサーの開発が盛んだった1979年に、富士通が独自開発した打鍵…...