ホテル予約で、香港の物価上昇を肌に感じる

こんにちは。noteの記事を今日の夕方、投稿しました。今回は旅先での楽しみ方について。 年初から投稿を始めて、13回目の記事となりました。年内で50回を目標にしています。よろしかったらご覧ください。 さて、本題です。昨日の夜に香港へ入りました。香港の2日目の夜を迎えています。 香港は今回で2回目です。以前は3年前の2月に訪問しました。その時に比べて、急激に物価が上がったように思います。円相場はそれ…...

今週の日曜から台湾・香港へ行ってきます

今週の日曜日から、今年初の海外へ行ってきます。行き先は台湾と香港です。どちらも二度目の訪問になります。 ギリギリになるまでホテルを取っていませんでした。理由は単純に面倒だったからでして、さすがにもう取らないとまずいなと思い、昨日の夕方に重い腰を上げました。 台湾に4泊、香港に3泊する予定です。台湾は台北・台中・台南・高雄の4都市すべて回ろうと思っていて、とりあえず台北だけホテルを押さえました。その…...

香港一人旅 3-5 帰国

香港の旅行記の26回目です。今回で最終回です。 * * 食事を終えるとお土産物を買うためいくつかのお店を行ったり来たりした。香港ドルの残金は70ドルばかり。すべて使い切りたかったが、20数ドルは手元に残ってしまった。残った紙幣とコインを上着のポケットに押し込む。 そこから空港内の電車に乗って、日本行きの便がある出発ロビーへと向った。香港国際空港はアジアのハブとして利用されているだけあり、出発口はお…...

香港一人旅 3-4 最後の食事

香港の旅行記の25回目です。 * * 2番ターミナルから搭乗口で受付を済ませて2階のレストラン街へと上がった。時刻は10時半。少し早いが昼食をとって、香港での最後の食事としようと思った。香港ドルの残金は、電車賃の100ドルがなくなり残り数十ドルとなっている。足りる気もするが不安になりながら食事をするのは嫌なので、最後に100ドルのキャッシングをすることにした。 ここで初日の空港での食事からずっと、…...

香港一人旅 3-3 ザ・スタンダード

香港の旅行記の24回目です。 * * その後、街中に入りIFCモールと呼ばれるぴかぴかのショッピングモールへ入っていった。そのモールの地下に香港駅があるのだった。駅のホームでは数名のおばさんが新聞を配っていた。“Free?”と尋ねると“Yes”とうなずきながら手渡してくれた。 新聞名は“The Standard”となっていた。かの有名なタイガーバームの創始者によって1949年に発行が開始されたよう…...

香港一人旅 3-2 両替所

香港の旅行記の23回目です。 * * 今日、日本に帰るのだが、ポケットにはデポジットで戻ってきた500ドルがプラスされて合計で800ドル以上ある。こんなに日本に持って帰ってもしょうがないのでどこかで日本円に両替する必要がある。空港にももちろん両替所はあるのだが、交換率が悪いらしくできれば街中でやってしまいたい。 そう思っていたところ、ホテルから香港駅に行く途中の大通りに両替所を発見した。日本のパチ…...

香港一人旅 3-1 チェックアウト

香港の旅行記の22回目です。 * * またもや朝の6時にぱちりと目が覚めた。シャワーを浴び身支度を整えて、昨日と同じようにブログの更新をはじめる。その後、いくつか届いていたメールの処理など仕事を片付けた。帰りの飛行機は、午後12時35分の予定である。時刻を見ると9時を回ったところだった。余裕を持ってそろそろホテルをチェックアウトしようと思った。 バックパックに荷物を詰め込むと、デポジットを預ける際…...

香港一人旅 2-10 九記牛腩

香港の旅行記の21回目です。 * * 沾仔記から歩くこと約5分。目的地である九記牛腩に到着した。ネットの情報通り、この日も10メートルほどの行列ができていた。並列して歩いていたカップルが「すごい人だねー。やめとこうよ」と日本語で話し合って踵を返していった。日本語を耳にして思わず話しかけたくなってしまったが、「日本人ですか?」「そうです」の後の会話が続かなさそうなのでやめておく。 列の一番後ろについ…...

香港一人旅 2-9 沾仔記

香港の旅行記の20回目です。 * * iPhoneでマップを見ながら中環を向かっていくと、道中にアップルストアを発見した。まあアップルストアは世界のどこに行っても同じ品揃えに同じオペレーションだろうと、外観の写真を撮るだけでスルーする。 ちなみに写真の左に写っている赤いマークは駅があることを意味している。このマークを頼りにして歩くことが多かった。 中環の坂道を上っていき、程なくして目的地である沾仔…...

香港一人旅 2-8 スターフェリー

香港の旅行記の19回目です。 * * 陽がゆっくりと落ちていき、ついにとっぷりと暗くなった。空の色が闇に変わるに対比して、対岸のネオンが輝いていく。 九龍から眺める香港の夜景はさすがに素晴らしいものだった。周りにいる観光客もみな見入っている。夜景を写真に収めながら移動していき、フェリー乗り場を探した。右手に歩いていくとそれらしい入り口を発見。我々のような観光客にまじり、仕事帰りらしいサラリーマンや…...