FUJI WiFi契約後「iPhoneテザリング不可」を知り不信感

公開日 2021-10-03 最終更新日 2021-10-20

先日、iPhone13 Pro Maxを購入しました。
スマホには、SIMカードが必要です。
そこでデータ通信は、FUJI WiFiを選択することにしました。

以前、Galaxy Note10 PlusでFUJI WiFiを使っていて、特に問題を感じませんでした。
しかし2021年10月1日からの契約で申し込んだところ、ユーザに対し不親切な印象を抱いています。
この記事では契約の際に感じた、FUJI WiFiの個人的な印象を書いてみます。

SPONSORED

FUJI WiFiで契約したプラン

FUJI WiFiとは、格安SIM会社のひとつです。
音声通話なしのデータ専用SIMと、レンタルルーターの契約ができます。

SoftBank・docomo・auの3社から電波を借りており、契約時に好きなキャリアを選択可能です。
ただしキャリアによって、月に使えるギガ数が異なっています。

SoftBank回線・20GBのデータSIMを契約

今回、ぼくはiPhone13 Pro Max用に、SoftBank回線のデータ専用SIMカードを申し込みました。
契約したギガ数は、月間20GB。
個人的にはスマホ単体で月10GBも使いませんが、出先でテザリングする機会があります。
大きいデータを扱うヘッジとして、20GBまでの契約にしたのです。

ちなみにFUJI WiFiの20GBのデータSIMプランは、SoftBank回線以外の選択肢はありません。

保証金を支払って月額料が安くなるデポコミコースを選択

FUJI WiFiのSIMカードの契約には、通常コースとデポコミコースがあります。
デポコミコースとは5,500円を保証金として預け、通常より月額料金が550円安くなるコースです。
1年以上使用すれば保証金5,500円は返却されますが、1年以内に契約解除すれば返ってきません。
FUJI WiFiのサービスの質が不明であれば、1年間縛りのあるデポコミコースの選択はギャンブルになります。

ただし冒頭に書いた通り、ぼくは以前、FUJI WiFiのSoftBank回線50GBを使っていました。
そのときは、特に問題なく使用できていたんですよね。
そのため何の疑いもなく、デポコミコースを選択しました。

FUJI WiFi契約後「iPhoneテザリング不可」を知り不信感

10月1日の午後、届いたSIMカードを開封しました。
FUJI WiFiのレビューを書くつもりだったので、写真にも撮っています。

FUJI WiFi
SIMカードの入ったFUJI WiFiのケース

SIMカード挿入後、同封のマニュアルを読んでみました。
iOSで使用するには公式サイトのマイページから、APN構成プロファイルのダウンロードが必要とのこと。

FUJI WiFiのマニュアル

その説明どおりに、iPhoneのSafariから公式サイトのマイページに入りました。
APN構成プロファイルは、「マイページ内の各種ダウンロードから入手できる」とマニュアルには書いてあります。

各種ダウンロードのページを開くと、ダウンロード可能なのは領収書だけ。
どこを見ても、APN構成プロファイルは見当たりません。

FUJI WiFi
各種ダウンロード画面には、APN構成プロファイルが見当たらない

場所が移ったのかとマイページ内をくまなく探し、さらにGoogleやTwitterで情報収集しました。
しかしAPN構成プロファイルは、「マイページの各種ダウンロードから入手」との情報しか見当たりません。

プロファイルがないと、iPhoneでは設定できません。
仕方ないので問い合わせフォームから「指定している場所にプロファイルが見当たらない。どこからダウンロードすればよいのか」とメッセージを送りました。

メッセージを送ったのが、10月1日の夜9時。
この日はこれ以上、進められないので、FUJI WiFiの設定は諦めました。

「iPhoneからのテザリング不可」についての記載なし

翌日の10月2日土曜日。
朝、メールを確認しても、問い合わせの返信はありませんでした。
土曜日だから致し方ないといえ、契約は10月1日から始まっています。
プロファイルがないと使えないのに、ちょっといただけません。

電話サポートは平日のみのため、今できるのは返信を待つことだけです。
この日もマイページの各種ダウンロードにAPN構成プロファイルが現れないか確認しましたが、ダウンロードボタンは出現せず。

SoftBank回線ではiPhoneでテザリングできない事実を知る

継続してFUJI WiFiの情報を調べてみると、驚くべき事実を知りました。
FUJI WiFiのSoftBank回線のSIMカードでは、iPhoneからのテザリングが利用できないのです。
この情報は、Twitterから入手しました。
ぼくは今回、iPhone13 Pro Maxでテザリングしようと思い契約したので、できないのは非常に困ります。

料金プランページにこのことが書いてあるなら、自分の確認ミスです。
もう一度、FUJI WiFiの料金プランのページを確かめましたが、そんな文言は一言も書いてありません。

料金画面には、テザリングについての注意書きがまったくない

さらに調べると、「よくある質問」にテザリングに関する記載を見つけました。
ここには確かに、「SoftBank回線のSIMカードでは、iPhoneからテザリングできない」と書いてあります。

FUJI WiFiのお知らせページ >> よくあるご質問:テザリングはできますか?

料金プランに記載していないのはあまりに不親切

「よくある質問を確認しないからだ」「情弱だ」そう思われるかもしれません。
しかしこんな重要なことを料金プランのページに書かないのは、不親切と感じました。

50GB、100GBなど大容量のデータSIMは、SoftBank回線のみ選択可能です。
大きい容量を選択する人は、多くがテザリングでの使用を前提としているでしょう。
なのに料金プランのページに、「SoftBank回線では、iPhoneでテザリングできない」の記載がまったくない。
これは、ユーザに対して誠実と言えるのか。
言うまでもなくiPhoneは、日本でいちばん利用者の多いスマホなのです。

docomo・au回線にかえたいが、デポジットやプラン変更料など料金はどうなるのか

一方、docomoとau回線は、iPhoneからのテザリングが可能とのこと。
であればそのどちらかに変更したいですが、ぼくは今回、SoftBank回線をデポコミコースで契約しています。
SoftBank回線からdocomoもしくはau回線へ変更した場合、以下の疑問点があります。

  • 新たに初期費用が掛かるのか
  • プラン変更手数料は掛かるのか
  • SoftBank回線のデポジット(5,500円)は、そのままdocomo・au回線で適用されるのか

もちろん自己都合で変更するなら、FUJI WiFiの規約どおり支払うのが当然です。
しかし「SoftBank回線ではiPhoneでテザリングできない」は、FUJI WiFiのアナウンス不足だと思っています。
少なくともSoftBank回線で支払うデポジットは、docomo・au回線へのプラン変更でも適用してもらいたいところ。

これら疑問点について、FUJI WiFiに問い合わせ中です。
結果がわかったら、この記事の追記か別エントリーを作りお知らせする予定です。
(返答が来たため、別エントリーを作成しました。
この記事の最後に、リンクを紹介しています)

料金画面に「iPhoneでテザリングできない」を記載しない理由は?

前提として、「SoftBank回線のSIMカードで、iPhoneからテザリングできない」この事実は仕方ない話です。
なぜならSoftBank側が、一方的にそういった措置を行っているからです。
FUJI WiFiに、落ち度はありません。
ぼくが問題視しているのは、「なぜFUJI WiFiの料金プランページにそのことを明記しないのか?」です。

故意に料金プランページに載せていないのではないか?

繰り返しになりますが、「SoftBank回線のSIMカードで、iPhoneからテザリングしたい」そう考えてFUJI WiFiを契約する人は、多くいるでしょう。
テザリングできないことを知らず契約した場合、SIMカードを挿入して初めて、その事実を知るかもしれません。

それを不服に思い、契約解除やdocomo回線などへの契約変更を申し出たとします。
その結果、初期費用やデポジットが返却されなかったり、プラン変更料が掛かったりするなら、ユーザにとって不利益しかありません。
「ユーザが不利益をこうむることで、自分たちの短期的な利益を取りに来ているのではないか」そう勘ぐられて仕方ないように思います。

不信感でいっぱい

そうこうしているうちに10月2日も夜になりましたが、プロファイルダウンロードについての問い合わせの返答は来ませんでした。
10月1日から契約のはずが、10月2日の夜の時点で使えません。

そして本記事の執筆時点の10月3日夜になっても、やはりプロファイルの問い合わせメールに返事は来ていません。
マイページの各種ダウンロードを見ても、プロファイルのダウンロードボタンは出現しておらず。

冒頭に書いたように、以前ぼくはFUJI WiFiを使っていました。
そのときはテザリング可能なスマホを使っていて、悪い印象は持ちませんでした。
ところが今回は、以下の点で不信感が出ています。

  • 契約開始日から丸3日過ぎても、APN構成プロファイルがダウンロードできない
  • ダウンロードできないことの問い合わせの返信が、丸2日以上、経っても来ない
  • 料金プランページに「SoftBank回線では、iPhoneからテザリングできない」と記載していない

ユーザと良好な関係を築きたい意思を感じない

1と2に関しては、トラブルが重なって対応が後手に回っているのかなと思います。
(後日、受け取った返信に、「土日祝は、問い合わせに対する返信をしていない」と書いてありました)

いちばん大きな問題は、3ですね。
料金プランに、「SoftBank回線では、iPhoneからテザリングできない」を記載していない事実からは、「ユーザの不利益にならないようにしよう」といった誠実さが見られません。

まとめ

そう言えばFUJI WiFiは、2021年3月に以下のようなお知らせを出していました。

FUJI WiFiのお知らせページ >> 2021年5月ソフトバンク回線の一部の利用者におけるサービス停止の可能性について

その内容は、「SoftBank側からデータ通信料の値上げを告げられ、抗議している」といったもの。
交渉により、当面値上げしないことが決まったそうです。

iPhoneでテザリングできないのも、同じSoftBank回線です。
どうやらSoftBankがFUJI WiFiに対し、塩対応しているようです。
また2021年9月下旬には、「一部ユーザの月額料を多く取る」といった大きなトラブルも発生しています。
運営自体が、うまくいっていないのでしょうか。

FUJI WiFiのお知らせページ >> 【お詫び】10月度ご利用料金の決済につきまして

顧客からのクレームは、そのサービスのビッグファンを作る機会でもあります。
ぼくからの問い合わせの回答では、FUJI WiFiの誠実な対応を期待したいですね。

関連記事

FUJI WiFiから、問い合わせに対する返答が来ました。
その内容を見て、契約して5日で解約を決めました。
以下の記事に、FUJI WiFiからの返答内容などを書いています。

SPONSORED