車の運転は無駄とリスクの塊。できればやりたくない

公開日 2018-05-13 最終更新日 2021-04-06

地方に住んでいるので、マイカーというのは今のところ必要です。
昨日は福井、今日は富山で撮影でした。
この移動にも車を使用しました。

でも正直言って、車の運転というのは時間が失われる行為の筆頭のように思っています。
昨日と今日で隣県へ往復してきました。
それだけで4時間を消費しました。

運転中はたいしたことができません。
オーディオブックを聞いて耳読するくらいです。
視線は前方に、手はハンドルに取られているため、生産的な活動が一切できないんですね。

車移動が必要な場合は、それだけで時間が無為になくなっていきます。
これはなかなか辛いです。

SPONSORED

車の運転は無駄とリスクの塊。できればやりたくない

もう一つ問題なのは、事故のリスクです。
車の運転は、日常生活で最も死との距離が近い行為だと思います。
死なないまでも、事故を起こせば自分の体が簡単に損傷します。

事故をして自分の体が大丈夫でも、車の修理や保険の手続きなど、一気に時間とお金を失ってしまいますね。
車の運転はリスクの塊みたいな行動です。

自動運転は近い将来、必ず実現するでしょう。
車を運転するというのは、物好きが趣味レベルでやることになるかもしれません。
でもそれはまだまだ先の話でしょうね。

安全運転のためには質の高い睡眠を

睡眠不足で車を運転するのは、酔っぱらい運転と同じくらい危険です。
質の高い睡眠を取る方法を、以下の記事にまとめました。

SPONSORED